インターネットの牡蠣まつり 2016年2月2日
 

 「美味しんぼ」のように美味しい料理で人は和解できるのか?

このふたりは仲直りできるんでしょうか?
このふたりは仲直りできるんでしょうか?
ドラえもんが秘密道具でトラブルを解決するように、ハットリくんが忍法でトラブルを解決するように、グルメ漫画では美味しい料理を食べることによって、様々なトラブルを解決していくのがお約束の展開。

……しかし、あんなこと本当にできるんでしょうか?

ということで、実際に仲が悪いふたりに美味しい料理を食べさせてみて、グルメ漫画のように仲直りできるのか実験してみました。

(この記事はとくべつ企画「インターネットの牡蠣まつり」シリーズのうちの1本です。)
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。 犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。

前の記事:「90年代のホームページ素材集で「桃太郎」を」
人気記事:「40歳だけどマクドナルドで誕生会をやってみた」

> 個人サイト Web人生


「美味しんぼ」とか「食キング」みたいに、美味しい料理を食べることによって、仲違いしているふたりは和解できるのか検証して欲しい。今回は「牡蠣」特集なんで、牡蠣を食べて!

編集部から、こんなムチャ振りな指令を受けたんですが、そんなに都合よく仲違いしている知り合いなんて……あ、いるわ!

今回は、ボクの元・上司であるこのふたりが和解できるかどうか検証してみたいと思います。

登場人物

平野悠
平野悠
ロックの老舗ライブハウス・新宿ロフトや、世界初(たぶん)のトークライブハウス・ロフトプラスワンを作ったおじさん。

この人に関しては他にも色々とヤバイエピソードがいっぱいあるんですが、ココにはとても書けないから各自ググろう。
横山シンスケ
横山シンスケ

デイリーポータルZでもわりとお馴染み、ニフティの運営するトークライブハウス・東京カルチャーカルチャーの店長。

もともとはロフトプラスワンの店長を長年つとめていたが、何だかんだあって辞めて、東京カルチャーカルチャーを作った。要は平野さんの元・部下。

平野さんとは、ロフトを辞めたことによって結構気まずい関係になっている。

どれくらい気まずいかというと、「平野さんと食事をしましょう」とLINEを送ったら……。
!
いったん、こんな返事が返ってきたくらい。
北村ヂン
北村ヂン
オレ。

もともとロフトプラスワンで働いていたので、横山さん&平野さんの部下だったというポジション。今はほぼ無職。
しかしよく、メチャクチャだと思った店で働こうと思いましたね。
その頃のオレ、お先真っ暗だったんだよね。前に働いていた仕事は辞めちゃって、肉体労働のバイトして何とか生活しているような時期で……。だから「オレがやりたいのはコレだ!」って思ったんじゃないかな。
横山が「タダでもいいから働かせてくれ」っていきなり来てさ、ホントに給料も出ないのにイベントをブッキングしはじめてビックリしたよ。

お笑い芸人とか、エロ関係者とか、そういう連中にトークさせるっていう発想はオレにはなかったから、横山がいなかったら、今のエンタメ路線のトークイベントっていうのはなかったかもなぁ〜。
でも、オレのイベント好きじゃなかったでしょ? オレがどんなイベントでもすぐに「○○ナイト」ってつけちゃうから怒ってたじゃないですか。
それはさ〜、ウチは政治家のイベントとか、高尚なイベントもやってるんだから。もうちょっとマシなイベント名をつけてくれよって思うじゃんよ〜。
「○○ナイト」くらいの方が、イメージが膨らんで便利なんですよ!

某・ガールズバンドのメンバーを呼んでイベントやる時に「○○(バンド名)ナイト」ってタイトルをつけてたら、悠さんに変えろっていわれて……。仕方ないから「女がなぜロックをするのかを語る」みたいなタイトルにムリヤリ変えたら、出演者さんにメチャクチャ怒られましたもん!
そりゃ怒られますよ!
カッカッカッカッ!(爆笑)
正直、「本当にどう転ぶか分からないぞ!?」と思っていた今回の食事会。

結果的には牡蠣も美味しくて、場も和み(部分的に険悪な空気も流れてたけど)、ホッコリするエピソードも飛び出したりもして、十分「和解した」といえる結果になったんじゃないでしょうか?

やっぱりグルメ漫画に描かれているように「美味しい物を食べると和解できる」というのは事実だった!? ……ただ単に酒の力という気もするけど。
ゴシップ話の破壊力には、料理も酒も勝てませんよねぇ〜
ゴシップ話の破壊力には、料理も酒も勝てませんよねぇ〜

一応、和解する理屈も考えてたんですが……

グルメ漫画で、別れそうになっている夫婦にハマグリを食べさせて「ハマグリの貝殻はペアになっている殻以外とはぴったりと合わないんですよ」みたいなことをいって和解させる……みたいな感じにできないかと思い、実は「牡蠣を食べることによって和解できる」理屈も調べておいたんですよ。

その結果、牡蠣は昔から精力がつく食べ物とされていたので、不仲になっている夫婦も一緒に牡蠣を食べたらたちまち仲直りして……みたいな話が出てきました。一瞬「おっ、使える!」と思ったんですが、コレ、ただ単にエロ方面での仲直りってことですよね。おじさんふたりの和解には使えない!

もし、仲悪くなった夫婦がいたら、牡蠣を食べさせるといいかもしれませんよ!?
  さっきまで和やかに話してたのに、最後の握手では仲悪い風の顔を作るふたり。むしろ、仲良いでしょ!?
さっきまで和やかに話してたのに、最後の握手では仲悪い風の顔を作るふたり。むしろ、仲良いでしょ!?
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 
 
関連記事
ヤンキー、年賀状になって実家に届く
ひどい料理画像も「美味しんぼ」っぽくすれば美味しそうになる
山岡士郎の家を探せ!
あの漫画がタイトルに忠実すぎたらどうなるか

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓