広告企画♪ 2016年2月12日
 

間違えてNASAに行く

NISA!
NISA!
NISAは少額投資非課税制度のことである。

今回はマネックス証券がNISAのことをわかりやすく説明してほしいということだったので、勉強するために現地まで行ってきました。

でも行先をちょっと間違えました。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

現地からNISAについてお伝えします

NISAは少額投資非課税制度のことである。

聞いたことはあるけどよく知らない、僕を含めほとんどの人がそんな感じではないだろうか。そこで今回、NISAについて勉強するために現地までやってきた。

現地での写真をまじえて説明したいと思う。


NISAのポイントその1
毎年120万円までの
新規投資分が非課税
NISAの特徴は年間120万円まで、新規の投資が非課税になること。
ところでNASAのスペースシャトルは135回のミッションを果たし、そのうちの120回目(STS120)は「ディスカバリー」という機体がこなしました。
ところでNASAのスペースシャトルは135回のミッションを果たし、そのうちの120回目(STS120)は「ディスカバリー」という機体がこなしました。
これが120回目のミッションをこなしたディスカバリー。
これが120回目のミッションをこなしたディスカバリー。


NISAのポイントその2
非課税の期間は
5年間
120万円までの投資に税金がかからない期間は5年間。つまり毎年120万円ずつ5年間買い続ければ最大600万円が非課税になるということ。
国際宇宙ステーションの運用は建設当初は2016年までの約5年間を予定していました(その後延長が決定)。"
国際宇宙ステーションの運用は建設当初は2016年までの約5年間を予定していました(その後延長が決定)。


NISAのポイントその3
NISAの制度は
10年間継続
NISAの制度が始まったのが2014年。これが2023年までの10年間続く。
アポロ10号は月の周回軌道で観測モジュールを初めてテストした回です。
アポロ10号は月の周回軌道で観測モジュールを初めてテストした回です。


どうだろう、言葉ではわかりにくい株の話も、現地の写真があるとぐっとわかりやすくなっただろう。行ってよかったと思う、NISA。
NISA!
NISA!
新しく株をはじめるなら
NI…SA?
NI…SA?
あれ?
まちがえた!ここNASAだ!
まちがえた!ここNASAだ!
しまった!

NISAだと思ってやってきたら、NASAだった!という茶番でした。


ほぼこれがしたかっただけの記事です。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ