ちしきの金曜日 2016年2月5日
 

歴代高さ日本一のダムを追う

1963年からの長期政権を敷く黒部ダム
1963年からの長期政権を敷く黒部ダム
高さ日本一のダムと言えば黒部ダム、というのは割と有名だと思う。

黒部ダムは高さ186mで、1963年に完成して以来、日本一の座を欲しいままにしている。いまのところ、これ以上大きなダムの建設予定はないから、今後も王座に君臨し続けるだろう。

では黒部ダムが完成する前に高さ日本一だったダムはどこだろう。そしてその前は?

そんな歴代の日本一高いダムを調べました。
萩原雅紀 萩原雅紀(はぎわらまさき)
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

日本史で言うと徳川幕府

黒部ダムは戦後の高度経済成長期、国の発展に電力インフラが追いつかず、頻繁に停電をするような時代の救世主として誕生した発電専用のダムだ。

ダムが造られる前の黒部峡谷は人跡未踏の地で、そんな場所に関西電力が社運をかけて建設したドキュメントは小説や映画としても描かれ、日本一のダムという事実とともに広く知られている。

スペックが最強のうえにドラマにも事欠かない。さらに会社の観光開発もあって、年間100万人以上が訪れる名実ともに日本のトップに君臨するダムだ。高スペックなダムにはますます人が集まり、そうでないダムはアピールする機会もない。ダム界も格差社会なのだ。
ダム好きの目から見てもやっぱり別格の存在感だと思う
ダム好きの目から見てもやっぱり別格の存在感だと思う
そんな黒部ダムは1963年に完成。それから50年以上経った今でも、日本には黒部ダムを凌ぐ高さのダムは計画されていない。今後、人口が減っていく中でダムの需要が増えることは考えづらいから、少なくともあと100年以上は日本一の座にあり続けるだろう。徳川幕府並みの長期政権が約束されている。

今後、黒部ダム以上のダムが計画されるとすれば、人口が減って今よりさらに大都市への集中が起きた上で、現在活躍しているダムたちが寿命を迎え、さらに気候が熱帯化して極端な大雨や渇水が起こるようになった未来、だろうか。黒部ダムを超えるダムは見たいけど、そんな時代に生きるのは大変そうだ。

前政権も一時代を築いたダム

さて、では1963年6月に黒部ダムが完成するまで高さ日本一だったダムはどこか。

これは調べるまでもなく分かった。日本のダムの高さ順を見てみると、186mの黒部ダムの次が176mの高瀬ダム(1979年完成)、その次が161mの徳山ダム(2008年)、そして158mの奈良俣ダム(1991年)と続く。これらはすべて黒部ダム以降に完成したダムだけど、その次に並ぶのが157mの奥只見ダム(1960年)なのだ。つまり1960年から1963年5月までの3年間は奥只見ダムが日本一高いダムだったことになる。
重力式コンクリートダムという形式では現在でも高さ日本一
重力式コンクリートダムという形式では現在でも高さ日本一
奥只見ダムも発電専用。やはり戦後の復興にともなって不足する首都圏の電力をまかなう目的で、国営企業の電源開発が建設した。

ダム建設というと映画「黒部の太陽」に代表されるように黒部ダムのドラマが知名度では抜きん出ているけれど、奥只見ダムも全長22kmのうち18kmがトンネルという工事用道路を造らなければならないほど、山奥での難工事だった。ちなみに小説「ホワイトアウト」のモデルになったのはこのダムである(映画では黒部ダムの外観が使われた)。
3年間とはいえ一時代を築いた人が持つ凄みがある
3年間とはいえ一時代を築いた人が持つ凄みがある
実際に本物を目の前にすると、およそ6億立方メートルもの水をせき止めている堤体は緊張感がみなぎっていて、時代のせいか装飾的要素もほとんどなく、ほとんど直線で構成された端正な立ち姿に惚れ惚れしてしまう。


 つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ