フェティッシュの火曜日 2016年2月9日
 

宅配ピザのチラシで作ろうピザトースト

チラシをみながら再現した宅配ピザ風ピザトーストがうまかったのです。
チラシをみながら再現した宅配ピザ風ピザトーストがうまかったのです。
昔から宅配ピザの注文に憧れている。ポストに入っているチラシを眺めては、あれとこれの組み合わせがコスパ最強!とか検討はするのだが、わざわざ私のために食べ物を運んでもらう出前という行為が恐れ多くて未だ未経験。

なので食べる機会は誰かが注文した時のみ。人生でまだ4回くらいだろうか。本当はもっと食べたい。いろいろ食べてみたいのだ。そこで宅配ピザのチラシに準じてドカドカとパンに乗せれば、あの味に近いものが自宅で好きなだけ試せるのではないだろうかと考えた。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「居酒屋フォーマットで本場のタイ料理が食べられる店」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

宅配ピザのトッピングをリストアップしてみよう

基本的にデリバリーでしか食べない幻の食事、それが宅配ピザ(持ち帰りがあるのは知ってますけど)。行きつけのイタリアンレストラン(サイゼリヤ)で食べるピザとは方向性の違う、具だくさんなアメリカンスタイルが私のイメージ。

それに対してピザトーストは、トマトソース、チーズ、サラミ、ピーマンという最低限の要素でミニマム化されており、子供の頃からほとんど進化していない姿が愛らしい。
ピザトーストらしいピザトーストといえばこういうやつだよね。
ピザトーストらしいピザトーストといえばこういうやつだよね。
片やフルメイクにパーティードレス、片やナチュラルメイクに普段着。どちらもインスタグラムの定番だ。

この相反する2つを組み合わせて、宅配ピザ風ピザトースト作りに挑むべく、まずはトッピングのリストアップ作業を開始した。

これらを全部用意すれば、どんなピザも食パンという筺体の上で再現できるはずなのだ。
チラシだと情報量が足りないのでネットを活用。ピザーラとドミノピザのサイトから全商品をチェックしてトッピングを抽出。
チラシだと情報量が足りないのでネットを活用。ピザーラとドミノピザのサイトから全商品をチェックしてトッピングを抽出。

数ある宅配ピザ屋から、我が家も古くから出前範囲内のピザーラとドミノピザをチェックして、チマチマとエクセルに入力していく。

ソースの種類ってこんなにあるのかよ。肉は3種類くらいじゃダメなのか。スプリンクルとかカニルイユソースとか知らないよ。独り言が止まらないぜ。
入力はとても面倒臭いのだが、こういうチマチマした作業はけっこう好きだ。
入力はとても面倒臭いのだが、こういうチマチマした作業はけっこう好きだ。
張り切って2つのチェーンからリストアップしたが、どっちか片方でよかった。いや片方でも揃えるには十分多い。一人じゃ食べ切れないので人を呼ぼう。

スーパーで食材を仕入れる

ピザパーティーならぬピザトーストパーティには10人も集まってくれたので、一人千円として予算は一万円もある。

それでもリストアップしたトッピングを全部揃えるのは無理そうなので、きっと使うであろうものを予測して、売り場で値引きシールの有無を考慮しながら買い物カゴに入れていく。

顧客の需要を予測する仕入れ担当の気分である。
種類でいうと半分程度だが、レシピ出現率で言えば8割以上カバーできたはず。
種類でいうと半分程度だが、レシピ出現率で言えば8割以上カバーできたはず。
スーパーで買ってきたものと参加者が持参したものを合わせて、会場となった友人宅のテーブルに並べてみる。調味料類は台所から拝借。

これから作るものがピザトーストだけとは思えない食材の豊富さだ。大人の自由がここにある。
これだけあれば何でもできそうだが、ピザトーストしか作っちゃダメ。
これだけあれば何でもできそうだが、ピザトーストしか作っちゃダメ。
ベースとなるパンは、たくさん種類を食べたいだろうということで薄めの8枚切りをメインに、サンドイッチ用やマフィンも用意。
ベースとなるパンは、たくさん種類を食べたいだろうということで薄めの8枚切りをメインに、サンドイッチ用やマフィンも用意。
ところで参加者から、「今日の趣旨と詳しいルールを教えろ」とか、「勝敗はどうやって決めるんだ」とか聞かれたけれど、その辺は深く考えていないので、各自好きにやっていただきたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓