フェティッシュの火曜日 2016年2月16日
 

タイに惚れこんだ男の立ち飲みタイ料理屋、ひょうたん

近所にできてほしい店をまた見つけました。
近所にできてほしい店をまた見つけました。
先日、東京都北区十条にあるタイ人が経営する居酒屋フォーマットのタイ料理屋「イサーン」を紹介したが(こちらの記事)、練馬区の練馬と江古田には「ひょうたん」という日本人が経営する立ち飲みタイ料理屋があるそうだ。

タイ料理×立ち飲み=ひょうたん。これまた謎が多い方程式だなと、ひょっこり西武池袋線へと乗りこんだ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 標本製麺

「ひょうたん」という名のタイ料理屋へ

まだ明るい時間に江古田駅へと到着。目指すは漢字で「福道」と書いてひょうたんと読むタイ料理の立ち飲み屋。その名の由来は理解した範囲で後ほど紹介する。

ひょうたんは一号店の練馬店と二号店の江古田店があり、今回やってきたのはオーナーがこの日に出勤していた江古田店。こちらは昨年夏にオープンしたばかりとのこと。
江古田駅で練馬らしい区報をゲット。
江古田駅で練馬らしい区報をゲット。
お店を案内してくれるのは、江古田に20年以上住んでいたことがあり、現在も練馬区在住だというライターの安田理央さん。

練馬店を行きつけにしており、江古田店は今日で2回目。ひょうたんは「タイ料理屋」としてではなく、「居心地の良い飲み屋」として利用しているそうだ。
「昔はコンパっていう形態の店がたくさんあったんだよ。残っているのはここだけかなー」と、風俗史に詳しい安田さんの解説を聞きながら店へと向かう。
「昔はコンパっていう形態の店がたくさんあったんだよ。残っているのはここだけかなー」と、風俗史に詳しい安田さんの解説を聞きながら店へと向かう。
安田さんと会うのはまだ二回目。共通の知り合いの話などで距離感を詰めながらしばらく進むと、日本の文化にはない派手さを放っている店があった。

ここが「福道」と書いて「ひょうたん」と読む、立ち食いスタイルのタイ料理屋のようだ。
居抜き物件感満載!
居抜き物件感満載!
ひょうたんのとっくりから生ビールが出てきたらどうしよう。
ひょうたんのとっくりから生ビールが出てきたらどうしよう。

見慣れた間取りに見慣れぬ内装

異国への扉をくぐる気分で入店すると、そこは確かに日本の立ち飲み屋フォーマットで営業するタイ料理屋だった。

見慣れた間取りなんだけれど全然違う、同じ団地に住む留学生の家みたいな違和感。キンミヤのボトルなど隠しきれない日本っぽさに安らぎを覚える。
壁がピンク!写真を白黒にしたら普通の立ち飲み屋に見えるかもね。
壁がピンク!写真を白黒にしたら普通の立ち飲み屋に見えるかもね。
カウンターに並ぶ大皿料理が、里芋の煮物やポテトサラダじゃないんですよ。
カウンターに並ぶ大皿料理が、里芋の煮物やポテトサラダじゃないんですよ。
でもずらっとキープされているのはキンミヤ焼酎だったりする。
でもずらっとキープされているのはキンミヤ焼酎だったりする。
これでキンミヤ焼酎を割って飲みたい。
これでキンミヤ焼酎を割って飲みたい。
タイにもエイヒレってあるのか!
タイにもエイヒレってあるのか!
味が予想できない海外のスナック菓子で飲めるっていいよね。
味が予想できない海外のスナック菓子で飲めるっていいよね。
日本とタイが国際結婚したみたいな立ち飲み屋である。なんだか聞きたいこと、突っ込みたいことだらけ。

さっそくパクチーが好きそうなオーナーに話を伺ってみた。
タイに惚れこんだオーナーの岡沼さん。ベストがかっこいいですね。
タイに惚れこんだオーナーの岡沼さん。ベストがかっこいいですね。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ