特集「でかいもの」 2016年3月2日
 

でかい信号機を何とかそのままお届けしたい

でかさ、伝われ。
でかさ、伝われ。
ずっと昔、故郷群馬をドライブしていたときのこと。妙にでかい信号機があったような覚えがある。

あれは幻だったのだろうか。あのでかさ。どう考えてもあれはでかかった。

なので確認してきました。信号機がでかいかどうか確かめに、電車とバスを乗り継いで。

(この記事はとくべつ企画「でかいもの」シリーズのうちの1本です。)
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

大きいことは確かである

「ああ、私は今からとある交差点を目的地として、出かけるんだなあ」と思いながら家を後にする。

京王線、湘南新宿ラインを乗り継ぎ、終点高崎にて水上行きに乗り換える。渋川駅で下車。朝7時に家を出て、11時ごろに到着。

駅からは伊香保温泉行きのバスに乗る。
オシャレ駅。
オシャレ駅。
温泉に行くと思われる楽しげな人たちと共にのっそりと乗り込む。
温泉に行くと思われる楽しげな人たちと共にのっそりと乗り込む。
以前は親の車で出かけた場所だが、同じ県内の実家からも少々遠く、今回は公共交通機関を乗り継いでいくのだ(ペーパードライバーでもあるので)。

そうなるとなかなか微妙に遠い場所である。渋川駅からは徒歩も検討したが、1時間14分と出た。バスが通っててよかった。

途中の過ぎる信号機にどうしても目がいく。うん、普通あれくらいの大きさだよな。
こんな感じですわね。
こんな感じですわね。
乗り込んでから15分、バスは伊香保方面に向かって急坂をどんどん登っていく(これ伏線)。

やがて、目的地が近づいてきた。お、この辺だな・・・あっ・・・あれは!
なんか、でかい!(上の写真と距離は違えど、なんとなくおわかりになりますでしょうか?)
なんか、でかい!(上の写真と距離は違えど、なんとなくおわかりになりますでしょうか?)
見慣れた大きさのものでない、はっきりとわかるでかさだ。そして、でかいものを遠目に捕捉したときの感覚。夢で、ゴジラが遠くを闊歩しているのを見たときと同じ、畏怖のようなものを感じる。

よかった、でかかった。
しかし、これ写真で伝わるだろうか・・・?

目的地、「明保野交差点」を少し過ぎたあたりのバス停で降りて、交差点まで坂を下る。するとだ。
思わず声が出た。何このパノラマ!
思わず声が出た。何このパノラマ!
関東平野の末端が眼下に開け、その向こうに赤城山が壁のように連なる。信号機よりこの風景に最初、目を奪われてしまったじゃないか。

そして、さすがにかなりの坂なので、道端には転々とこんなものが。
滑り止めの砂。雪も降るからだな。
滑り止めの砂。雪も降るからだな。
さあ、ここからはとくと、このでかい信号機を観察しようじゃないか。
うーん、でかいね。
うーん、でかいね。
でか・・・いかな・・・。
でか・・・いかな・・・。
でかいんじゃないかしらねー?
でかいんじゃないかしらねー?
やっぱりでかいか。
やっぱりでかいか。
はっきり言って、だんだんわからなくなってきた。角度によってはそんなに大きく見えないし、近づいたからといって大きさがより感じられるわけでもない。いっそある程度離れたほうが大きく見える。

三脚を持ってきていたが、群馬の空っ風がこの日はけっこう強く吹き、倒れそうなので使うのをやめた。さあ、どうやってこの大きさを伝えよう??
自撮りしたところで比較にならないんだなこれが(でもこの写真だと信号機が単独でもでかく見える気はするが)。
自撮りしたところで比較にならないんだなこれが(でもこの写真だと信号機が単独でもでかく見える気はするが)。
幸い、歩いて行ける距離にもうひとつ信号機があったので、比較のため行ってみる。
この辺でこの近さはまさにラッキーか。
この辺でこの近さはまさにラッキーか。
うん、普通の信号機でよかった。
うん、普通の信号機でよかった。
下から見上げたところを比較(左が普通サイズ、右がでかいサイズ)。しかし・・・
下から見上げたところを比較(左が普通サイズ、右がでかいサイズ)。しかし・・・
上の写真で比較してみたものの、だいいち高さが一定かわからないじゃないか。

次はこのような手に出た。足か。
信号機のふもとから、大股で10歩。
信号機のふもとから、大股で10歩。
着いた地点から撮影。これは、でかいほう。
着いた地点から撮影。これは、でかいほう。
信号機のふもとから、大股で10歩。
信号機のふもとから、大股で10歩。
着いた地点から、撮影。これは、普通なほう。これらをだ。
着いた地点から、撮影。これは、普通なほう。これらをだ。
こうやって並べる。左、明らかに大きいよね(歩行者用の信号機の高さを揃えてみた)。
こうやって並べる。左、明らかに大きいよね(歩行者用の信号機の高さを揃えてみた)。
いまいち納得がいかない。その場で私が見てきたあのでかさ感を、どうしても皆さんにお裾分けしたいのだ。

すみませんがもう1回お付き合いください。
まずはでかいほう。このサイズにトリミングすると、いいかもな。
まずはでかいほう。このサイズにトリミングすると、いいかもな。
そして普通のほう。
そして普通のほう。
上2枚の写真を、歩行者用信号機の大きさを基準に重ねると・・・。
上2枚の写真を、歩行者用信号機の大きさを基準に重ねると・・・。
1.5倍くらい違う!(同じ向きの写真を用意できずすいません)
1.5倍くらい違う!(同じ向きの写真を用意できずすいません)
おわかりいただけただろうか・・・。

群馬の知り合いによれば、ここは上記のように見晴らしのいい場所にある信号機なので、視認性を高めるために大きくしてあるのでは、と言っていた。確かに、つい雄大なパノラマのほうに目が行ってしまう。

検索すると、こういったでかい信号機、何も群馬だけでなく、全国各地に点在するようだ。
やはり現場で確認してもらうのが一番だろう(元も子もない発言)。
近くの物産館で水沢うどんを食べて帰った。美味しくてまたビックリした。
近くの物産館で水沢うどんを食べて帰った。美味しくてまたビックリした。

【告知】

久々に、消しゴムはんこワークショップをいたします。今度は伊勢丹!

3/20(日)午前11時〜12時半

詳しくはこちらまで!
http://isetan.mistore.jp/bunka_shinjuku/index.html

上記ページの「講座のお申し込みはこちら」より、「乙幡啓子」で検索してお申し込みください。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
夜、信号が点滅に切り替わる瞬間を見届けたい
@nifty:信号の時刻表をつくる
押しボタン信号に裏コマンドがある
ものの固定方法を見る

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓