特集「でかいもの」 2016年3月4日
 

タブレットがでかい

ちょっとカフェへ
ちょっとカフェへ
iPad ProというでかいiPadを人に自慢された。
たしかにいいものだった。大きいので絵も描きやすそうだ。

いや、僕も確かでかいタブレット端末を持っていたぞ。
3年前に買ったやつだ。買ったけどあまり持ち歩いていなかった。
せっかくだからあれをもっと使おう。

(この記事はとくべつ企画「でかいもの」シリーズのうちの1本です。)
林雄司 林雄司(はやしゆうじ)
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

21.5インチタブレット

僕が持っているのはフロンティア神代という会社が売っていた巨大なアンドロイド端末である。モニターのサイズは21.5インチ。幅50センチ、高さ35センチという堂々としたサイズである。
もう売ってない商品なので思う存分紹介できる。
もう売ってない商品なので思う存分紹介できる。
iPad Proの13.9インチなんてこのタブレットから比べたらiPad miniである。
重量も5キロ。これだけ大きくて重いのに35,000円だった。100gあたり700円。牛肉よりは高いがマグロよりは安い。お買い得だろう。
裏に外部メディアを挿すスロットがある
裏に外部メディアを挿すスロットがある
こんだけでかいのにマイクロSDカードというかわいさ
こんだけでかいのにマイクロSDカードというかわいさ
8インチフロッピーぐらい入れよ、と思うが(入ったら入ったで使いみちがないが)これまた少食の巨漢のようで萌えポイントである。
タブレットなのにLANケーブルが挿せるのもかっこいい
タブレットなのにLANケーブルが挿せるのもかっこいい
もうかっこいいとしか言いようがない仕様である。このでかいアンドロイドを実際に使ってみてその魅力を紹介したい。

搬入みたいになる

大きくてかばんに入らないので裸で持ち歩くことになる(僕が裸ということではなく、端末を直接持つということです)。
搬入
搬入
中古ショップで箱のないモニターを買ってきた人のようだが、カフェに入ろうとしているところである。
渋谷のカフェにタブレット持ってはいろうとしているおしゃれ感が一切ない。
レジでお金を払うのもたいへん
レジでお金を払うのもたいへん
お金を払うとき、タブレットを片手で持つことができずに難儀した。カウンターに置くとカウンターを占領してしまうからだ。あとから見るとタイラーメンの店のロゴのようである。
人間は期せずしてカフェでティーヌンの真似することもあるのだ。神の大きな意志を感じる。
電源がないと使えない
電源がないと使えない
バッテリー内臓ではないのでAC電源がないと使えない。タリーズなど電源を貸してくれるカフェ専用のマシーンである。
発電機を持ち歩くという手もあるが店内に排気ガスが充満するためおすすめできない。
指差し確認をしているようだがWifiの設定中である。
指差し確認をしているようだがWifiの設定中である。
ようやく使える準備が整った
ようやく使える準備が整った
セットアップ完了である。大きさはそれほど気にならない。むしろ自分の世界に没頭できる。ラーメン屋の一蘭のようだ。

なんでこのひとモニターをながめているんだろう、キーボード忘れたのかな、いやそういう問題か?といろいろ考えさせられる写真である。

でかいだけでおもしろい

普通のパソコンのようにモニター内に複数のウインドウを出すことはできない。シングルタスク&常に全画面である。

電卓だって大画面だ。
21.5インチの電卓
21.5インチの電卓
数字を入力するだけなのに腕を派手にうごかさないといけない。昔の電話の交換台のようでなんだかすごいものを操作しているような感覚になる。もしくはYMOだ。電卓もでかいとおもしろいのだ。
!
ただこのおもしろさにも弱点がある。パスワードを入れると腕の動きでまるわかりなのだ。
でかいキーボードはセキュリティ的に難ありである
でかいキーボードはセキュリティ的に難ありである
そしてこのアンドロイド、モニターがでかいのだがなぜか解像度が低いのでデイリーのトップページが巨大である。
しかも29日のイカ特集の日だ
しかも29日のイカ特集の日だ。でかいモニターにいつも以上にでかいイカの文字
カフェで仕事しているふりして遊んでいるときがあるが、このサイズだと遊んでいるのがバレバレである。

でかいモニターは酔う

でかいタブレットを使っていて発見したことがある。21.5インチモニターでストリートビューを見ていると酔うのだ。
画面をタッチすると、そこに向かって「ぐいん!」と視点が進む
画面をタッチすると、そこに向かって「ぐいん!」と視点が進む
パソコンでもこれぐらいのモニターを使っているのだが、タッチスクリーンだとやけに没入感がある。視点が急発進すると身体が後ろに動いてしまう。バスが急発進したときみたいになる。
しばらく見ていると…
しばらく見ていると…
おえー(酔った)
おえー(酔った)
なんでだろう。3Dのアバター(映画)を見たら始まって5分で気持ち悪くなった僕のガラスの三半規管のせいだろうか。
ちなみにこの日も夜まで気持ち悪かった。

タブレットよ、もっと大きくなれ

この端末は残念ながら発売終了になってしまった。これよりも大きいタブレットは出ているがどれも業務用で手軽に買える値段ではない。
もっと大きくてバッテリー駆動の大型タブレットの登場を期待したい。
テレビ電話をすると相手が本物以上の大きさで現れる
テレビ電話をすると相手が本物以上の大きさで現れる

 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
オペラグラスでモニターを見るとスゴイ!
手作り3Dヘッドマウントディスプレイ
ポテトチップス専用スタンド
USBポートにフックをつけたら超便利

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ