ひらめきの月曜日 2016年3月7日
 

ラーメンの麺に入っている「かんすい」ってなに?

かんすいってなんですか?

まずかんすいとは一体なにかという直球の質問に答えていただいたところ、「麺に独特の食感や喉越し、色味を与える添加物」とのこと。

「梘水」と書くくらいだから本来は液体を指すのだが、粉末状のものも多く使われているため、濃縮水溶液を水梘(みずかん)、粉末を梘粉(かんぷん)と呼ぶらしい。ぜひ覚えておきたい製麺専門用語である。
甲類焼酎ではなくて梘中麺工業の水梘、雪白梘水。初代が「いいと思うからマネするんだろ!正しいかんすいが広まっていいじゃねえか」との理由で商標登録していないため、類似品が多々あるので要注意。
甲類焼酎ではなくて梘中麺工業の水梘、雪白梘水。初代が「いいと思うからマネするんだろ!正しいかんすいが広まっていいじゃねえか」との理由で商標登録していないため、類似品が多々あるので要注意。
梘中麺工業の社長である古俣清子さんと、一子相伝のめんつゆも気になる編集部の古賀さん。
梘中麺工業の社長である古俣清子さんと、一子相伝のめんつゆも気になる編集部の古賀さん。

かんすいはなにからできているの?

かんすいの原材料は、炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、リン酸二ナトリウムなどの食品添加物として認められているアルカリ性物質で、これが小麦粉のタンパク質(グルテン)に作用して中華麺らしい腰を生むようだ。

なぜ独特の腰が生まれるのかライターの加藤さん(理科の先生)に聞いたところ、アルカリ成分がグルテンの架橋反応を促進するのではとの答えだった。正直まったくわからないが、アルカリのパーマ1液が髪をクルクルにするみたいなことだろうか。私は天パーだが。

うどんで使う食塩(塩化ナトリウム)は中性なので、小麦粉に対する作用の仕方が違い、中華麺とは性質の違うもっちりとした麺になるのだろう。うどんも好きです。
国内で精製された原材料にこだわっているそうです。これらを企業秘密の製法でブレンドしてオリジナルのかんすいを製造する。
国内で精製された原材料にこだわっているそうです。これらを企業秘密の製法でブレンドしてオリジナルのかんすいを製造する。
また麺がうっすら黄色くなるのは、小麦粉に含まれるフラボンという物質がアルカリと反応して黄色くなるかららしい。

ただかんすいだけでそこまで強く色が出る訳ではないので、鮮やかに黄色い麺(札幌ラーメンとか)は卵やクチナシなどの色素が入っている場合が多い。この記事で最初に出てくる中華麺にもクチナシの色素が使われていた。
かんすいは少量だと手に入りにくいので、趣味で中華麺を作る人は代わりに重曹(炭酸水素ナトリウム)をよく使う。
かんすいは少量だと手に入りにくいので、趣味で中華麺を作る人は代わりに重曹(炭酸水素ナトリウム)をよく使う。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ