フェティッシュの火曜日 2016年3月8日
 

コンビニの焼き鳥が熱い

ホットスナックにある焼き鳥がおいしい!
ホットスナックにある焼き鳥がおいしい!
コンビニで買ってしまうものに焼き鳥がある。レジの横に置いてある「ホットスナック」の中にあるのだが、少しお腹がすいたときに食べるとちょうどいい。普段は、地元のコンビニでしか買わないが、コンビニよって色々と置いてあるものが違うかもしれない。調べてみた。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。

「スリーエフ」の山賊焼き

スリーエフは高校生のときからずっと行っているコンビニであり、自分の体の4割がスリーエフの食べ物たちで構成されていると言っても過言ではない。そのぐらい行っているのだ、部活帰りにスリーエフのフライドチキンか竜田揚げ串を食べて、運動で消費されたカロリーを取り戻したものである。
高校生時代からの育ての親と言ってもいいだろう。
高校生時代からの育ての親と言ってもいいだろう。
大人になり、色々なコンビニに行くようになったときに気づいたことは「スリーエフは焼き鳥が多い気がする」ということである。なんとなくではあるが、他のコンビニにはない焼き鳥の種類を見かけることが多い。しかし、もしかしたら、お腹が減ったときに見えるまぼろしかもしれない。きちんと見てみよう。
これがホットスナック。レジの横にあるので見てしまう。そして、買ってしまう。
これがホットスナック。レジの横にあるので見てしまう。そして、買ってしまう。
よく見ると色々とある。あっ、唐揚げ棒が1本しかない!買わなきゃ!!
よく見ると色々とある。あっ、唐揚げ棒が1本しかない!買わなきゃ!!
見たところ、鶏つくね棒、豚タン串、チキン山椒焼きの3本が焼き鳥として売られている。店員さんに聞いたところ、時期によっては種類が増えたりするらしい。確かに昔はもうちょっとあった気がする。そして、上にあるポークステーキもグッとくるものがある。(買うのを耐えたのはえらいと思う。)
後日、別のスリーエフに行ってみたがここにはかわ、ももがある。どうやら店舗によっても違うようだ
後日、別のスリーエフに行ってみたがここにはかわ、ももがある。どうやら店舗によっても違うようだ
焼き鳥を4本持ったときに訪れるという食いしん坊さんが公園にやってきた。
焼き鳥を4本持ったときに訪れるという食いしん坊さんが公園にやってきた。
近くの公園で焼き鳥を食べてみることにした。試しに焼き鳥と唐揚げ棒を持ったところ、幸せが訪れてしまった。隠しきれない笑み。
入っている袋もかわいい。
入っている袋もかわいい。
鶏つくね 鶏つくね
豚タン 豚タン
鶏の山賊焼き 鶏の山賊焼き
驚いたことは、よくある焼き鳥屋に比べて、豚タン、山賊焼きなどあまり見ないメニューがあることだ。中々の冒険をしている。
味については「コンビニに売っているのだから、味なんてたいしたことないんでしょ」と思われる方もいるかもしれない。そんな人にこそ是非、食べてほしい。
駄菓子のようなチープさと肉のクオリティの高さが混ざり合って、笑顔になる。
特に山椒焼きは鶏を食べる実感がわいて、食べるとにやにやしてしまう。
特に山椒焼きは鶏を食べる実感がわいて、食べるとにやにやしてしまう。
鶏の一枚肉を使っているので、食べ応え十分。コショウがピリリと効いており、おかずにもおつまみにもよい。
肉肉しさを感じられる一品。
肉肉しさを感じられる一品。
スリーエフのキャッチコピーは「星より明るくスリーエフ」である。パッと出てこない。
スリーエフのキャッチコピーは「星より明るくスリーエフ」である。パッと出てこない。

つくねで勝負「ファミリーマート」

ファミリーマートの出店の勢いがすごい。ファミリーマートの向かい側にファミリーマートがあったときには、気分によっては入り分けていたことがある。そのぐらいどの町にもあるのがファミリーマートだ。

ファミリーマートと言えば、ファミチキという骨なしのフライドチキンが有名である。最近、高級志向でプレミアムチキンもあるが、なんやかんやでレジに並ぶと「ファミチキください」と言ってしまうから不思議だ。
「複数のお店に行くから後で撮ろう」と思っていたら忘れてさきほど撮ってきた。
「複数のお店に行くから後で撮ろう」と思っていたら忘れてさきほど撮ってきた。
英字新聞みたいな包装。まさかこの中に焼き鳥が入っているとは思うまい。
英字新聞みたいな包装。まさかこの中に焼き鳥が入っているとは思うまい。
複数の店舗を確認したがつくねしか置いていなかった。
複数の店舗を確認したがつくねしか置いていなかった。
ファミリーマートにはつくねしか置いていない。しかし、スリーエフのつくねと比べると1個の大きさがあり、軟骨のコリコリとした食感で食べている満足感がある。
大きいのでつくねというより、鶏の一口ハンバーグ軟骨入りみたいな印象。
大きいのでつくねというより、鶏の一口ハンバーグ軟骨入りみたいな印象。
この印象だけ聞くと悪い意味に聞こえるかもしれないが、ハンバーグは幸せと平和とごちそうの象徴である。なので良い。
パインアメは気が付くと1袋食べてしまう。
パインアメは気が付くと1袋食べてしまう。

基本をそろえた「ローソン」

ローソンは唐揚げくんのイメージがあるが、焼き鳥はあるのだろうか。
ローソン。町のホットステーションでは、店内の人たちは、どこか落ち着いた笑顔をしていた。
ローソン。町のホットステーションでは、店内の人たちは、どこか落ち着いた笑顔をしていた。
力を入れている感がすごい。
力を入れている感がすごい。
ここの店舗ではローソンでは目立つようにポップな紹介をしている。なんだろう、ビレッジヴァンガードを思いだした。書体の感じが似てる。ちょっと居酒屋の感じもある。

皮タレ、ももタレ、もも塩と焼き鳥でも一般的なものがそろえられている。飛び道具として、「ビッグチキンてりやき串」があった。お店によっては、ねぎ塩つくね棒というのもある。
タレとてりやきで攻めてみた。
タレとてりやきで攻めてみた。
串の持ち手部分には部位が書いてあるのがとても親切。
串の持ち手部分には部位が書いてあるのがとても親切。
コンビニの焼き鳥の良いところは、肉が大きいことだ。ローソンの焼き鳥も肉が大きく、食べ応えがある。そして、香ばしく、甘じょっぱいタレがビールにも、ごはんに合う。
てりやきもプリッとした鶏と甘辛いてりやきに少しピリッとした辛さを感じる。しかもビッグチキンなので、串が長い。
てりやきもプリッとした鶏と甘辛いてりやきに少しピリッとした辛さを感じる。しかもビッグチキンなので、串が長い。
ビッグチキンの串にからあげくんを刺すと、1回ずつ、つまようじで刺さなくて済むので、食べるのが楽。からあげライフハック。
ビッグチキンの串にからあげくんを刺すと、1回ずつ、つまようじで刺さなくて済むので、食べるのが楽。からあげライフハック。
下記がローソンのレーダーチャートである。
ニンテンドーパワーというソフトの書き換えサービスがあったのだが、2002年に終了したらしい。
ニンテンドーパワーというソフトの書き換えサービスがあったのだが、2002年に終了したらしい。

変わった串の「ポプラ」

もしかしたら、肉の画像ばかりで、胃もたれしている人がいるかもしれない。ここで肉以外の串を紹介しよう。

都内であまり見かけることがないコンビニ「ポプラ」にその串はあった。
地方に行くと見かけることが多いが、都内でも79店舗あるらしい(wikipediaより)
地方に行くと見かけることが多いが、都内でも79店舗あるらしい(wikipediaより)
中国地方を中心に展開しているポプラ。「ポピュラーなお店を目指そう」と思いからつけられたそのコンビニには、焼き鳥以外の串がある。
焼き鳥はないが、左下のポーク串、右上の紅しょうが串が気になる。
焼き鳥はないが、左下のポーク串、右上の紅しょうが串が気になる。
ホットスナックのコーナーに行くと、他のコンビニにはない、「ポーク串」と「紅しょうが串」という変わった串ものがあった。これは買わざるをおえない。
これがポーク串。ケチャップとマスタードで食べるアメリカンドック方式。
これがポーク串。ケチャップとマスタードで食べるアメリカンドック方式。
紅しょうが串。さつま揚げのような練り物の中に紅しょうががたっぷり。
紅しょうが串。さつま揚げのような練り物の中に紅しょうががたっぷり。
ビールのつまみにもいいが、そばやうどんに載せて食べたい。
ビールのつまみにもいいが、そばやうどんに載せて食べたい。
ポプラには焼き鳥はなかったが、変わった串ものはあった。これからも変化球を投げるコンビニであってほしいものである。
話の流れとは関係ないが、途中で見つけたいい看板を紹介。全員、上を向いている。そういう世界。ちなみに魚なのはたい焼き屋だから。
話の流れとは関係ないが、途中で見つけたいい看板を紹介。全員、上を向いている。そういう世界。ちなみに魚なのはたい焼き屋だから。
ポプラは珍しくて、見つけると嬉しくなって、用もないのに入ってしまう。
ポプラは珍しくて、見つけると嬉しくなって、用もないのに入ってしまう。

種類豊富「サークルKサンクス」

サークルKサンクスとなったが、あまり「今日、サークルKサンクスに行かない?」とは聞かない。
サークルKサンクスとなったが、あまり「今日、サークルKサンクスに行かない?」とは聞かない。
この充実っぷり。食べたい部位が全部あるのでは?
この充実っぷり。食べたい部位が全部あるのでは?
こんなに種類があるなんてビックリした。タレだけで6種類ある。ももやつくねはもちろん。かわやぼんじり、ハラミ、そして、意外とメジャーではあるが、他の店舗にはない、ねぎまもある。
また、店内にはほのかに焼き鳥の匂いがしている気がする。これは食べたくなるな。

6種類全部を購入したかったが、ももがなく、塩のハラミを食べたかったので計6本。しかし、そのようなお客はあまりいないのか、奥の方で洗い物をしている店員が眺めてきていたので、(焼き鳥が好きだ!)というオーラを常に出していた。伝わってほしい。
これがサークルKの焼き鳥。夜にこれを見ながらビール飲みたい。
これがサークルKの焼き鳥。夜にこれを見ながらビール飲みたい。
焼き鳥を6本持って写真を撮ったら、電車が来た人。
焼き鳥を6本持って写真を撮ったら、電車が来た人。
座れるところがなかったので、柱の影で撮影したら、食い逃げしている人みたいになった。
座れるところがなかったので、柱の影で撮影したら、食い逃げしている人みたいになった。
ちゃんと座って食べたら、おいしいかった。
ちゃんと座って食べたら、おいしいかった。
多分、お酒やごはんなどを一緒に食べることを想定しているからだろうか。味が濃いめである。
そして、しょうゆの味がしっかりと感じられる。クオリティーも高いし、1本が大きめなのに130円くらいで買える。いい時代である。
種類も多く、比較的見かけることが多い。トレイも借りられやすい。(気がする)
種類も多く、比較的見かけることが多い。トレイも借りられやすい。(気がする)
ちなみに、ミニストップ、セブンイレブンには焼き鳥が置いていなかった。紹介したコンビニでも店舗によって違ったりするので近くのコンビニで確認してほしい。そして、もし、あったら是非、買ってほしい。

コンビニでビールを買って、一緒に焼き鳥を買って家で飲めば、仕事の疲れなんて飛んでしまうだろう。

スマホが壊れ、紛失する

焼き鳥の話をしており、急にスマホの話をして困惑している方も多いと思う。しかし、誰よりも困惑しているのは、私なのだ。
焼き鳥を食べまくった私は、地元のスーパー銭湯に行くことにした。「どんな風に書こうかな」、「点数だけでは分かりにくいから、レーダーチャートを入れてみようかな」と考えながら、風呂とサウナに3時間近く入り、休憩室でほっこりと休んでいた。

着信はないかを確認するためにスマホを見たところ、電源が入らない。おやおやと。どうした、スマホよと。お前は先日、電波が一切入らなくなり、修理に出したばっかりではないかと。
どんなに念じても電源が入ることはなかった。

しょうがない。明日、修理に出してみるかとポケットに入れて、休憩室にあるマンガを読みに行った。
数分後、Twitterでもチェックしようと思い、ポケットの中に手を入れたところ、スマホがない。

それはもう、一生懸命探した。風呂に入る前より疲れるほど探したがない。店員さんに聞いても、忘れ物で届いていないという。そうか、なくしたのか。
スマホショップは閉まっている。
スマホショップは閉まっている。
涙目になりながら、電車に乗る。
涙目になりながら、電車に乗る。
「優先席付近では電源はお切りください」大丈夫です。私、先ほどなくして、持っていませんから…。
「優先席付近では電源はお切りください」大丈夫です。私、先ほどなくして、持っていませんから…。
昼間は「焼き鳥っておいしいな」と思って楽しかったのに…。
昼間は「焼き鳥っておいしいな」と思って楽しかったのに…。
目に生気を失った帰り道。
目に生気を失った帰り道。
次の日、スマホショップに行った。なくしたスマホの代金が全然支払い終わってないのに、新しく買うことになった。すごい残っている。
次の日、スマホショップに行った。なくしたスマホの代金が全然支払い終わってないのに、新しく買うことになった。すごい残っている。
今できる、精一杯のおちゃらけ。
今できる、精一杯のおちゃらけ。
編集部の安藤さんにスマホをなくしたことを記事に入れてもいいか、相談したところ、
深いことを言ってきた。
深いことを言ってきた。

スマホを失くしても焼き鳥はおいしい。

コンビニによって、焼き鳥の種類に違いがあり、食べ比べてみると、味も違う。個性を出すために商品開発の人たちが頑張っているんだなと感じた。
トイレにバナナが置いてあった。きっと、ゴリラが手を洗う時に置いていったのだと思う。
トイレにバナナが置いてあった。きっと、ゴリラが手を洗う時に置いていったのだと思う。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
「ほぐさないで食べて」とお願いされる焼き鳥屋
自動で焼き鳥を串刺しにしてくれる機械
コンビニ別売ドレッシング徹底検証
コンビニフードにマスタードをつけよう

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓