広告企画♪ 2016年3月8日
 

テレビのような顔ハメ 改良版

うっかり1枚目に出オチの写真を選んでしまった
うっかり1枚目に出オチの写真を選んでしまった
以前作ったテレビのような顔ハメ 、あれには映り込むという欠点があった。
それを簡単に解決する方法を見つけたのでご説明したい。

(これは3月13日に開催されるハイタッチマラソンをお知らせするために書いた記事である。途中でどうやってハイタッチマラソンの話につなげるかもご注目ください!)
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

アクリルなので反射してしまう

これまでのテレビのような顔ハメはアクリル板であった。そのため、角度や照明によっては光が反射してしまうのだ。
失敗例)撮影者の手が写り込んでいる
失敗例)撮影者の手が写り込んでいる
反射しないように持つのが意外に難しい。イベントに持って行くときはこっそりと背景に窓や光源がないところに設置したりしていたのだ。

それを解決したのがこのタイプである。

スティックタイプ
スティックタイプ
実際に使ってみると、このようになる。
ほらね。
ほらね。
海外のニュースはテロップの下に地の色を敷くので透明でなくてよかったのだ。
棒状なので撮影もらくらく
棒状なので撮影もらくらく
アクリル板は重量があるので片手で持つのがちょっと辛かったのだが、新バージョンは軽量なので撮影もらくらくである。なぜなら段ボール製だからだ。
プリントアウトした紙をアマゾンのダンボールに貼った
プリントアウトした紙をアマゾンのダンボールに貼った
前のよりもしょぼくなってると感じるかもしれないが、真のイノベーションというのはこういうことである。
一方ロシアは鉛筆を使った、とオチしか憶えてないがそのたぐいの話である。

スポーツバージョンも作った

そして今回の新作は陸上競技バージョンである。運動が苦手な僕でもこれを使えば金メダリストみたいな写真が撮れるはずだ。
100mの世界記録を出したというテロップ
100mの世界記録を出したというテロップ
これで僕もウサインボルトである。どうだろうか。ウサインくるか!
ものすごい近所感
ものすごい近所感
いろいろだめである。なんといっても公園だし、Tシャツがエクセルなのもまずかったか(マイクロソフトで買ってきたんだけど)。

やっぱり陸上競技場で撮らないと金メダリストのようにはならないようだ。
そしてデイリーポータルZが陸上競技場を借りるイベントが3月13日にあるのである。
!
この顔ハメ棒を持っていくので、思う存分に金メダリスト気分を味わってほしい。

ちゃんとした競技場でふざけるチャンス

このほか、ハイタッチマラソン会場では、金メダリストが観客席に走って行くときの国旗、もみじまんじゅう、指にはめる小さい手を持っていくことになっている。
つまり、盛り上げるためになにやっていいのか分からなくなっている状態である。
ぜひ現場でいっしょに混乱しましょう!
ボルトの真似が雲竜型になっている
ボルトの真似が雲竜型になっている
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
テレビのような顔ハメ
「テレビのような顔ハメ」がPhotoshopに採用
テレビのような顔ハメがいよいよお手元に! 〜顔ハメ写真募集中!
シャイニングの顔ハメをつくる

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ