はっけんの水曜日 2016年3月16日
 

ホームでパブ飲みできる駅に、なんとコタツが出ていた

下は暖かくて、上は寒いの、なーんだ。
下は暖かくて、上は寒いの、なーんだ。
四国のとあるローカル鉄道のとある駅ナカで、グラスでギネスビールやおつまみがいただける夢のような場所があることはすでにお話したんじゃが、この冬にはそこに、とうとう「コタツ」が出おったそうな。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

コタツ情報を追いかけて

「コタツが出た!」「コタツを見た!」というUMAみたいな目撃情報は、つい5ヶ月前に当サイトで私が取材した、高松琴平電気鉄道(「ことでん」)・高松築港駅でのことである。駅ナカにしゃれた屋台があって、旨いビールを何とグラスで飲めて、ビールに合うおつまみもいただける。悔しいくらい素敵なところだった。

その記事がこちら:
ホームでパブ飲みできる駅に、ついに行ってきた

駅ナカ(というよりホーム横っちょだ)で旨いビールを飲めることだけでも口福眼福に尽きるのに、その上、コタツだって?えぇ??(うらやましいと、人は怒号に近いものを発するのだ)

これは行きたい。コタツがしまわれる前に!
というわけでサンライズ瀬戸に飛び乗り、瀬戸内海で朝日を拝みながら高松へ入る。
というわけでサンライズ瀬戸に飛び乗り、瀬戸内海で朝日を拝みながら高松へ入る。
ところでなぜいきなり寝台列車サンライズに乗ったかというと、この日(2月19日)の前後は当方の都合がギリギリで、寝台列車で往復せねばコタツに滑り込めないと判断したためだ。

もっと言えば、そのパブ「Beer Pub Station」の店主・小林さんに「いつまでコタツ、出してますか?」と尋ねたところ「2月中は確実。希望の日にちがあればその日まで延長します」とのこと。コタツしまう日がここ東京からリモート操作可ですと!しかしこれは恐縮、とあわててアポイントを取ったのだ。

東京から遥か香川のコタツへ、まさに滑り込む旅になったのである。
夕刻のパブオープンまで時間がたっぷりあるので、ことでんで仏生山温泉行ってきますイェーイ。
夕刻のパブオープンまで時間がたっぷりあるので、ことでんで仏生山温泉行ってきますイェーイ。
ちなみにオープン前のパブの様子はこうである。駅ナカに、何事かと思うような設備が。しかも前回よりいろいろ増えている。
秋までは左半分だけでも「いったい何が始まるんです?」状態だったが、右半分のいかにもアレっぽいものが異様な静けさを醸し出している。
秋までは左半分だけでも「いったい何が始まるんです?」状態だったが、右半分のいかにもアレっぽいものが異様な静けさを醸し出している。

コタツパブ、オープン

温泉を堪能し、夕闇迫る高松築港駅に戻ると、パブも開店。すでに2名、コタツにあたってお待ちである。

さあ、下の写真をご覧ください。広角で撮られた全体図はこれからほぼ出てこないので、この違和感をさあ、あなたの脳裏に。
パブ屋台部分はしゃれた腰高なチェアやテーブル。右に目をやれば、見まごうことなき、コタツだ。
パブ屋台部分はしゃれた腰高なチェアやテーブル。右に目をやれば、見まごうことなき、コタツだ。
このお2人には、昨年もお世話になりました。駅の近所でアイリッシュパブ「THE CRAIC」を営み、こちらのパブ店主でもある小林さん(左)と、ことでんの真鍋社長(右)であります。
このお2人には、昨年もお世話になりました。駅の近所でアイリッシュパブ「THE CRAIC」を営み、こちらのパブ店主でもある小林さん(左)と、ことでんの真鍋社長(右)であります。
さあパブらしい夜になろうとしております。この写真だけでも、わくわくしますわね。
さあパブらしい夜になろうとしております。この写真だけでも、わくわくしますわね。
視界の端にコタツを捉えてはいるが、すぐに入ってはこの行程がもったいない気がする。じっくり外枠から攻めていきたい(何をだ)。まずはスタンドで、軽く飲ませていただく。
ここでも椅子に根が生えそうになるが、コタツのことも気になってしょうがない私。
ここでも椅子に根が生えそうになるが、コタツのことも気になってしょうがない私。
さすがことでん。社長は最近まで、コタツがホームに出現したことを知らなかったそうだ。小林店主の独断である。先取の気質に富みすぎてないか、ことでん。しびれます。

さてそのコタツに、社長ともども初めて入らせていただきます。このために、トウキョウからやってきました。
スタンドで飲んでいた常連さん、途中から加わったホテル支配人さんらと。まさにパブ(パブリック)、しかも in コタツ。
スタンドで飲んでいた常連さん、途中から加わったホテル支配人さんらと。まさにパブ(パブリック)、しかも in コタツ。
前回来たときも土地の方と交流したものだが、今回はその交流ぶりもコタツで一段とパワーアップしている。なんてったって同じコタツに足を入れて飲んでいるのである。親近感の加速度が違う気がする。

違う角度から言えば、「何だこの状況は」ではある。

そういえばこのコタツ、ちゃんと暖かい!通電してある!
熱が逃げないよう、また汚れ防止にとビニール掛けが。
熱が逃げないよう、また汚れ防止にとビニール掛けが。
なぜコタツを出しちゃったかと言えば、四国といえども冬はやはり寒く、まず「おでんをパブで出したい」と小林さんは考えたそうだ。そして「おでんといえばコタツ」という真っ直ぐな思考により、ここに駅ナカコタツパブというものが誕生したのだ。

ちなみにこのコタツ、小林さんが家で1人コタツを楽しもうと、しれっと買ったものだそうだが、スペースを食うので奥さんからコタツ排除令が出され、よってここに持ってきた、とのこと。本当はそれが主な理由なんじゃないか。
「通りかかるお客さんからの視線が冷ややかなのが、またいいですね」とは、社長にあるまじき発言。
「通りかかるお客さんからの視線が冷ややかなのが、またいいですね」とは、社長にあるまじき発言。
その後「お客さんだけでなく、ことでん社員からの視線も冷ややかなんじゃないか」と皆に突っ込まれていた。その真面目に働く社員さんを遠目に見つつ飲む。
その後「お客さんだけでなく、ことでん社員からの視線も冷ややかなんじゃないか」と皆に突っ込まれていた。その真面目に働く社員さんを遠目に見つつ飲む。
冷ややか、というより。駅の中でコタツに入って酒を飲む人たちを見て、普通どんな顔をすればいいというのだろうか。

自分が通勤客とかだったら、これを見てうらやましいと思う反面、コタツは一層ジョインしづらそうである。でも聞くと、相席でも入る人はけっこう入ってくるそうだ。そしてコタツ利用者の年齢層は結構高め、だとか。あー、私確かにコタツにすっかりなじんでますわ。

そういえば実家はともかく、自分の家にコタツって、最近ない感覚ですね…と皆で改めて思う。小林さんがたまに自分用に買ってみたくなった気持ちもわかる。

やがて、冷ややかというより意外と寒い香川の夜に、上半身と下半身の温度差は徐々に開きつつあった。さあ、ここで温かいものをお腹に入れようじゃないか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓