はっけんの水曜日 2016年3月16日
 

埼玉、栃木、群馬の三県境が観光地化している?

「柳生の三県境」が確定したというので見に行った
「柳生の三県境」が確定したというので見に行った
県境の端っこがすきだ。

端っこを見に行って、この県境の端っこから県が広がっているのだと想像して恍惚とする。申し訳ないけれど、これも県境の面白さの一つと言っていい。

そんな端っこが、三つ集まった場所。それが「三県境」だ。

三つの県の端っこが交わる「三県境」は日本に48箇所存在しているといわれているが、そのどれもが高い山の上か、川や海の上で容易には近づけず、ふざけて遊びにいけるような場所にあるものではない。
西村まさゆき 西村まさゆき(にしむらまさゆき)
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

にわかに活気づく「三県境」

しかしながら、我々のような一般人が気軽に訪れることができる唯一の三県境が、埼玉、栃木、群馬の交わってるところに存在している。

県境マニアの間では一般に「柳生の三県境」と呼ばれている場所だ。
先日、この三県境をわざわざ訪れる人が増えたことを受け、栃木県、群馬県、埼玉県の行政が協力して測量調査を行い、境界をはっきりさせ、観光に役立てようと考えている。というニュースが話題になった。

新聞の報道によると、群馬県板倉町は「集客の拠点として観光客の周遊を促したい」とか、埼玉県加須市は「道の駅きたかわべとつないだ観光資源としての活用を検討」そして、栃木県栃木市は「茨城も含め4県を短距離でまたぐ県道9号と合わせたパワースポットとして売り出したい」考えらしい。
パワースポット?
パワースポット?
県境の観光地化というのはまだわかるとしても、言うに事欠いてパワースポットって、栃木市は三県境をセーブポイントかなにかと勘違いしている可能性がある。

何はともあれ、県境がにわかに盛り上がっていると聞くと、居ても立ってもいられない。

ただ、実はこの三県境、デイリーポータルZではすでになんどか取り上げている。前回は元編集部の工藤さんが訪れて2009年に記事にしている。→「田んぼの中の三県境

そんなわけなので、今回は工藤さんにも来ていただき、7年前と何が変わったのか見てもらいながら三県境を確認しに行きたい。
前回、三県境を取材した工藤さんと一緒に行く
前回、三県境を取材した工藤さんと一緒に行く
東京から1時間ほどかけて東武鉄道柳生駅にやってきた。

この柳生駅は埼玉県加須市に位置し、ここから北に向かってしばらくあるけば三県境である。

工藤さんの以前の記事を見ると、駅前に不思議な名前のタクシーがあったはずなのだが……。
「うおり」タクシー。
「うおり」タクシー。
タクシーの看板はなくなっていた。
タクシーの看板はなくなっていた。
無くなっている。
「うおり」っていう奇妙な名前のタクシー。なくなってますね。当時、魚屋っぽい名前だなって思ったんですけど。「魚利」みたいな。
うめき声みたいですよね。個人タクシーだったのかな。なくなってるのはなんか寂しいですね……。
タクシーが無くなった代わりに、コミュニティバスのバス停ができていた。7年の歳月を感じ入ってしまう。

ドロボーの看板は生き残っていた

三県境への道すがら見つけたこの看板。
なにもないから目立つ
なにもないから目立つ
このあたり、農地の中に民家が点在するのみで、本当になにもない。

したがって、こういうちょっと味わいのある看板があるとそれだけで非常に目立つ。この防犯の看板も前回、工藤さんは写真にとって記事に載せていた。
これ、このまえ来たときも気になったんですけど、これおまわりさんの腕ないですよね?
どういう意図でこういう表現をしたのか謎だな……。怖い絵ですねこれ……。
放送が止まった時によく使われる「しばらくお待ちください」画面の怖さに通じる怖さがある気がする。

すでに先客が居た三県境

柳生駅から三県境までは徒歩でも10分ほど。すぐである。ちょうど三県境とおぼしきところに人が何人か集まっている。いったいなんだろう?
トラクター周辺に人が集まっている
トラクター周辺に人が集まっている
三県境の臨時駐車場ができてた
三県境の臨時駐車場ができてた
懇切丁寧に三県境を案内している
懇切丁寧に三県境を案内している
工藤さんの話によると、三県境の臨時駐車場も、三県境への案内看板も、当時はそんなものなかったという。

我々のようなもの好きがテレビやインターネットで見てフラフラやってくるので、地権者の人がわざわざ案内を作ってくれているのだ。

畑のあぜ道を辿って三県境に近づく。
三県境にだれかいるぞ
三県境にだれかいるぞ


 つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ