はっけんの水曜日 2016年3月23日
 

1年1便片道のみ、運行本数が少なすぎる「京都バス95系統」

春分の日だけ運行するバス、京都バス95系統
春分の日だけ運行するバス、京都バス95系統
1日1便しか運行しないバス路線に乗りに行ったことがある。

運行本数が極端に少ないバス路線は、出入庫系統まで含めると地方だけでなく、都市部にもわりと存在する。

しかし、更にその上をいく1年に1便というバス路線が、京都に存在する。
西村まさゆき 西村まさゆき(にしむらまさゆき)
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

わびさびの極北

京都バスの95系統は、京都の大原から鞍馬までを結ぶバス路線だが、毎年春分の日だけに1便だけ運行する。しかもその上、大原から鞍馬まで運行したら折り返しの運行はなく、片道のみである。

おそらく運行本数の少なさは日本一だと思われる。
見やすくてかっこいい路線図。「京都バス運行系統図」より
見やすくてかっこいい路線図。「京都バス運行系統図」より
路線図をよく見てみると、この95系統しか停車しないバス停が三つある。

「江文峠口」「江文神社前」「江文峠」である。

1年に1度しかバスが停車しないバス停。いったいどんなバス停なのか。時刻表はどうなってるのか。興味は尽きない。

興味が尽きないので実際に行ってみた。
江文峠
江文峠
時刻がひとつしか書いてない
時刻がひとつしか書いてない
バス停の時刻表、時刻がひとつ書いてあるだけ。

わびさびの極北を感じさせてくれる時刻表。これ、この時刻表が見たかったのだ。わびさび、21世紀にも存在しました、バス停に。

1年で365便ある1日1便の時刻表とはわけが違う。1年1便だ。その重みをかみしめて欲しい。

このバス停で10時56分のバスに乗り遅れると、次は1年後。思春期の男子なら次のバスを待ってるうちに変声期を迎えちゃうかもしれない。

ちなみに、向かい側のバス停は、片道運行なので、休止中となっている。
さっきのバス停の逆方向のバス停
さっきのバス停の逆方向のバス停
運行本数ゼロ
運行本数ゼロ

山道怖いのです

江文峠のバス停写真は、春分の日の前日に現地に赴き、歩いて峠を越えて写真を撮った。

江文峠は、恋につかれた女でおなじみの大原と、牛若丸が天狗に剣術を教えてもらったことでおなじみの鞍馬の間にある峠だ。

「峠」と名が付いているので、やはりそれなりの山道になっており、はっきり言って怖い。
曇っていたのもあって、薄暗くて不気味な山道
曇っていたのもあって、薄暗くて不気味な山道
ただ、路がきれいに舗装されているので交通量はそこそこある。

猛スピードで走る自動車におびえながら、おのれを鼓舞し、精一杯の記念写真を撮った。
精一杯の笑顔
精一杯の笑顔
現地で、いい笑顔になるまで何枚も写真を撮り直したが、いま思うとこの写真あんまりいらないな。ということに気づいた。

免許維持路線

さて、この京都バス95系統、なぜこんなに本数が少ないのか?

じつはこの95系統、2011年までは春から秋の観光シーズンの日曜祝日に、1日6便のバスがあった。ところが、利用客の減少で、2012年以降は春分の日のみ1便片道のみに減らされてしまった。

大原と鞍馬という二大観光地を結ぶ路線であるため、将来、便数を増やす可能性も見据えて、毎年春分の日に1便だけバスを運行している。

こういう路線を「免許維持路線」という。

免許とは、路線バスを運行するための営業許可のことで、バス路線はいちど廃止してしまうと、再度許可をとるのが非常にむつかしい。

そこで、路線バスとして維持していますよ。という意味で1日1便のようなダイヤでバスを運行している路線は意外とある。

ただ、年に1便はさすがに日本中でもここぐらいではないだろうか?

というわけで、春分の日当日になった。ぼくは年1便のバスに乗るべく大原に向かった。
京都バス大原バスのりば
京都バス大原バスのりば


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ