ロマンの木曜日 2016年4月14日
 

短すぎるガードレールって何なの?

こういうやつだ
こういうやつだ
短すぎるガードレールがある。

いったいなんでそういうのがあるのかを調べていたら、ガードレールにもそれぞれ役割や種類の違いがあリ、それらの見分け方もあることを知った。

それがとても面白かったので、紹介したいと思います。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。

前の記事:「「床だけ地図」をつくる」
人気記事:「マクドナルドが一斉に閉店した日」

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

短いガードレールってあるよね

ふと見かけて、あのガードレール短いな・・と思うことは誰しもあると思う。
例えばこういうやつ
例えばこういうやつ
これもだ
これもだ
こういうのもある
こういうのもある
道ばたにたたずむ、短すぎるガードレール。それは本当に役に立っているのか?と思わずにいられない。

最後のやつなんか、交差点の角のそれぞれに律儀に立っている。何なんだろう、これ。そうは思いませんか。

たいていは「巻き込み防止用」だ

そこで調べてみた。それから詳しい人にも聞いてみた。そしたら、たいていは「巻き込み防止」のために設置されているということが分かった。
たとえばこれでご説明
たとえばこれでご説明
左の道の奥からくる車が左折するとき、ちょっと失敗して早めに曲がり過ぎても、とりあえずガードレールにぶつかってくれる。それから、画面手前から右折する車が遅めに曲がり過ぎた場合も同じだ。ひとまず歩行者は守られる。

もちろん、その目的ならガードレールは長ければ長いほどいい。でも横断歩道の前には設置できないから、上の写真の場合はこの長さがギリギリなのだ。
同じ目的でこういうのもある
同じ目的でこういうのもある
交差点の端にこういうの立ってることあるでしょう。ガードレールじゃなくて車止めなんだけど、これも意味は同じだ。
この例はどうか?
この例はどうか?
信号の柱をピンポイントに守っているように見えるんだけど、意味としては逆で、柱に直撃しないよう、車を守っている。ガードレールの役割は、衝撃を吸収して車を守ることなのだ。そしてこの場合は、歩行者の巻き込み防止の意味もある。

偉そうに言ってますが、ぜんぶ調べたことや教えてもらったことです。でも、ガードレールっていろんな意味があるんだな、と思った。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓