フェティッシュの火曜日 2016年4月19日
 

東京にある川の上流端をめぐる

大人になってでかい顔してる奴の子供時代を見てしまった感じ
大人になってでかい顔してる奴の子供時代を見てしまった感じ
川がはじまる場所を見てみたい。

川の始点というと、高い山で雪から融けたひとしずくが流れ出し斜面を下る...、というような景色を思い浮かべるけれど、そんなところまでは行きたくない。

そこで、東京都内、それもできるだけ街中で見られる川の始点がないか探してみた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「線路に書いてあるETCとは?」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


石神井川の上流端

東京を流れる川というと多摩川や荒川が思い浮かぶけど、たとえば多摩川は山梨県にある標高2000m近い山の山頂近く、荒川は埼玉県、山梨県、長野県の県境にまたがる甲武信ヶ岳の標高2200m付近に源流があるらしい。

見てみたい。でも、そんなところまで行ける気がしない。

それなら支流はどうだ。たとえば北区で隅田川(荒川水系)に合流する石神井川は、上流に向かうと板橋区、練馬区、西東京市を流れて、上流端は小平市内にあるらしい。小平市なら家から30分で行ける!

地図をたどって、石神井川の水色の線が途切れるところにやってきた。
ここで川が途切れている
場所としては小金井公園の北側。公園から坂を下ると小さな橋が架かっていて、その傍に石神井川の上流端を示す看板が建っていた。
こんな住宅街の中に上流端
こんな住宅街の中に上流端
今回はこの看板をめぐります
今回はこの看板をめぐります
細い川の中のさらに細い溝の中をほんの少しの水が流れる
細い川の中のさらに細い溝の中をほんの少しの水が流れる
下流ではそこそこの水量が流れている石神井川も、上流端ではごく微量の水が細い溝の中を流れているだけだった。
あの細い溝がこんなに立派な川になる(豊島園付近)
あの細い溝がこんなに立派な川になる(豊島園付近)
上流端とはいえ、川がここから始まっているわけではなく、後ろを振り返ると上流に向かって暗渠らしき道が続いていた。おそらく、一級河川として国が管理するのがこの看板から下流で、ここより上流は一級河川ではないけれど水の流れは続いているようだ。暗渠をたどってみたものの、すぐに大学の敷地内に入ってしまい追跡できなかった。しかし「法律上の」とはいえ川の上流端が見られたので満足である。
上流端のさらに上流へも暗渠らしい道が続いていた
上流端のさらに上流へも暗渠らしい道が続いていた

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓