ちしきの金曜日 2016年4月22日
 

実在する岩に刺さった剣を抜きに行く

伝説の剣「エクスカリバー」を抜きに行きます!
伝説の剣「エクスカリバー」を抜きに行きます!
エクスカリバーというものがある。アーサー王伝説に登場する伝説の剣で、岩に剣が刺さっているのだ。その刺さっている剣こそが「エクスカリバー」である。その剣は「本当の王」でないと抜けないらしい。

そんなエクスカリバーは、物語や伝説の中だけかと思いきや、岩手県に実在していた。岩に剣が本当に刺さっているのだ。岩手だけに岩に剣なのかもしれない。ということで、抜きに行こうと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「ご当地パン「クリームボックス」が来ている」
人気記事:「一人で女子とカフェデートしている写真を撮る方法」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

伝説の剣

中世の騎士道物語に「アーサー王伝説」というものがある。アーサー王は前ローマ時代の人で当然日本人ではない。彼はその伝説の中で「エクスカリバー」を手に入れる。エクスカリバーとは「岩に刺さった剣」だ。
これがエクスカリバーです!
これがエクスカリバーです!
エクスカリバーはアーサー王伝説以外にも登場する。RPGゲームなどによく出てくるのだ。勇者が岩に刺さった剣を抜いて悪と戦う。RPGゲームでは外せないアイテム、それがエクスカリバーである。
エクスカリバーは岩手県釜石市に実在する
エクスカリバーは岩手県釜石市に実在する
そんな伝説やゲームだけの存在だと思っていた「エクスカリバー」が、岩手県釜石市に実在する。山の中に岩に刺さった剣があるのだ。エクスカリバーではないか。これを抜けば、勇者に、王に、そして伝説になれるのではないだろうか。
ということで、釜石にきました!
ということで、釜石にきました!

無課金ユーザー

エクスカリバーがある釜石市は、漁業や製鉄業が盛んな場所だ。そんな場所にエクスカリバーを抜くべく軽装でやってきた。エクスカリバーがゲームっぽいので、無課金状態の格好で来てみたのだ。
靴は早期購入特典でもらえた、というイメージ
靴は早期購入特典でもらえた、というイメージ
町人にエクスカリバーについて聞く
町人にエクスカリバーについて聞く
まずはエクスカリバーについて町人(観光案内所の方)に話を聞いた。もちろん存在を知っていたのだけれど、「簡単に行けますか?」と聞いたら、「ハードだね」と言われた。この時期はクマも出るとのこと。町人に話を聞くには大切だ。情報が手に入る。ハードだそうだ。
課金したよね
課金したよね
尾崎神社は「奥の院」「奥宮」「本宮」「里宮」の4つがあるが、エクスカリバーは尾崎半島の奥の方にある「奥の院」にあるそうだ。歩いてしか行けず、その道のりは「ハード」。すぐに服を着た。課金した的なことだ。
尾崎半島に来ました!
尾崎半島に来ました!

まずは奥宮を目指して

尾崎半島にある「本宮」を訪れた。尾崎半島は釜石湾の南にあり、外洋に大きく突き出た半島だ。グーグルアースで見てもひたすら山。民家も店も見当たらない。入り口の小さな集落には「本宮」があり、そこから山の中に入ると「奥宮」があり、さらに山の中の中に「奥の院」が鎮座している。
山の中を向かいます!
山の中を向かいます!
本当のゲームっぽくしようと、エクスカリバーがある、くらいの情報で訪れたので、町人に「ハード」「クマが出る」と聞いた時は驚いた。急いで服を着たし、この近くにクマ鈴を売っているところがないかと聞いた。ゲームに課金する人の気持ちを理解できた。課金しないと死ぬのだ。
マジの山だわ!
マジの山だわ!
本宮から山に入り、舗装されていない木々の間を走る道を歩いた。人工林だ。後で神社の方に聞いた話では、その昔、尾崎半島は神聖な場所であり、いま目指しているエクスカリバーは日本武尊が刺した剣らしい。和RPGの設定みたいな本当の話だ。
看板が軒並み、
看板が軒並み、
壊されている
壊されている
爪痕のようなものも壊された看板には残っている
爪痕のようなものも壊された看板には残っている
全てクマの仕業です!
全てクマの仕業です!
本宮から奥宮までは山道を1時間ほど歩く。道が分岐する場所もあり、そんな場所には看板がある。ただその看板はほぼパーフェクトに壊されていた。手入れされていない山なのかな、と思っていたけれど、これが「クマ」だそうだ。クマが壊しているのだ。
そんな恐怖の中、奥宮に着きました!
そんな恐怖の中、奥宮に着きました!

船でも来れる

到着した奥宮はひっそりとしていた。日本武尊と源頼基公が祀られている。剣にゆかりがあるためだろう、本来ならば狛犬がいるポジションに剣があり、さらに周辺にもヴィレッジヴァンガードのように剣が散らばっている。
大きな剣や
大きな剣や
小さな剣が無数にある
小さな剣が無数にある
奥宮は海に面しており、釜石市を見ることができる。遠くには魚を抱いている「釜石大観音」も見える。船着き場もある。ここまでは実は船で来れるのだ。船で来れば1時間も山道を歩くなくてもいいのだ。クマに怯えなくていいのだ。
釜石市が見える!
釜石市が見える!
ただし定期船がある訳ではなく、自分でチャーター的なことをしなければならない。課金である。ここにひとつ教訓がある。課金しなくても、頑張ればどうにかなる、だ。ステータスを話術とかに振っておけば、安く船をチャーターできたかもしれないが、歩いても来れるのだ。クマの恐怖はあるけれど。
奥宮から奥の院を目指します!
奥宮から奥の院を目指します!

奥の院へ

あちこちにクマ注意の看板がある。そんな中を歩いていく。尾崎神社を示す看板はクマにより壊れているのに、クマ注意の看板は比較的綺麗。俺に近づくな! 的な、ことをクマも思っているのだろうか。
三人称視点(TPS)
三人称視点(TPS)
一人称視点(FPS)
一人称視点(FPS)
神社の人に話を聞いたら、「参拝はオススメだけどオススメしない」という哲学的なことを言っていた。クマがいるので、いい神社だけれど危険らしい。ちなみに尾崎神社は4つあるが、奥の院が遠いので奥宮ができ、それも遠いので本宮ができ、それもまだ遠いので里宮ができたそうだ。
これは釜石市の市街地にある「尾崎神社」の「里宮」
これは釜石市の市街地にある「尾崎神社」の「里宮」
奥宮から奥の院までは30分ほど。船で奥宮まで来ることができれば、30分で着くのだ。私は本宮から歩いているので、もうかなり疲れている。勇者も大変だな、と思う。きっと途中で「帰りたい」と思っているはずだ。勇者に近いものを初めて感じた。
とにかく歩いて、
とにかく歩いて、
奥の院に到着!
奥の院に到着!

実在するエクスカリバー

30分ほど歩いてエクスカリバーのある「奥の院」に到着した。奥宮よりもひっそりと佇んでいた。古来より社のないお宮で日本武尊を祀り、源頼基の遺言により、エクスカリバー(宝剣)の傍に葬ったと伝わっている。
これが、
これが、
エクスカリバーです!
エクスカリバーです!
岩に剣が刺さっていた。昔はもっと剣として形をなしていたが、月日の経過で今のような形になったそうだ。日本武尊が刺した剣なのだ。そんな剣をほぼノーガードで見ることができる。そこに感動を覚える。
凄みを感じる
凄みを感じる
触ろうと思えば触れた。抜こうと思えば抜けただろう。しかし、私には無理だった。神聖な感じがするのだ。本当の王しか抜けないエクスカリバー。私はまだ王ではないのだ。いつか築く地主王国のその日まで、私はこの剣を抜くことはできないのだ。
手を合わせました!
手を合わせました!
無課金でここまでたどり着くことは難しかった。装備を揃えなければ、クマの恐怖があるし、水なども買っておかなければ、途中に自販機やお店があるわけでもない。ある程度の課金は必要なのだ。私はゲームをしないので、ゲームで本当に課金が必要かはわからないけれど。
各尾崎神社をマッピングしました!

ジャパンのエクスカリバー

伝説なのに実在する、しかもそれが日本というエクスカリバーを見に行った。岩に剣が刺さっていたし、周辺にも剣が奉納してあった。いつかあの剣を抜きたい。そのためには王にならなければならない。私は決めた。「海賊王におれはなる!!!!」と。
無事に帰ってこれてホッとした!
無事に帰ってこれてホッとした!
 ▽デイリーポータルZトップへ  


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓