ちしきの金曜日 2016年4月22日
 

川の上の駅が好き

結論からいうと、阪神線の武庫川駅がすばらしく「川の上感」あって最高でした。うっとり。
結論からいうと、阪神線の武庫川駅がすばらしく「川の上感」あって最高でした。うっとり。
ときどき、ホームが川の上にある駅がある。「いま自分は川の上にいるのだ」と思うと不思議な気分になる。普通の橋の上に立つのとはまた違う感慨がある。

今回、いくつかの「川の上の駅」をめぐってみた。同好の士がいることを願いつつ、その様子をお伝えします。いますように。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「7人ぐらいのこびと」
人気記事:「地元のマンションポエムがおもしろい」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

新馬場駅で目覚めました

ぼくがサラリーマンだった時の勤め先は、京急線の青物横丁という駅が最寄り駅だった。帰宅の際、ときどき何駅か歩いたりした。そのとき出会ったのが隣の新馬場駅(しんばんば)だ。

この駅がとても印象的だった。ホームが川の上にあるのだ。
川を跨いでいる、覆われた橋のようになっているのが新馬場駅。川は目黒川。
川を跨いでいる、覆われた橋のようになっているのが新馬場駅。川は目黒川。
ホームが川の上にあるってなんかすてき、と思った。今も思っている。で、こうして記事を書いている。でもなんで「すてき」って思うのかうまく説明できない。そもそも構内や車内にいるかぎり、そこが川の上かどうかなんて意識されないし。作って管理する方にとっては大問題だろうけど。作る際の各種調整たいへんだっただろうし、作ったあともメンテナンスがやっかいだろう。

でもなんだろう、この「すてき」は。 よくわからない。

よくわからないので以後しばらく、この「すてき」の正体はほったらかしのまま話を進めます。すてきだと思う意味がまったく分からないという方には申し訳ない。

さて、ともあれ、この新馬場駅は構内に入るとホームがすごく長いのも印象的だ。
ホームが長すぎて車両が止まる位置までに距離がある。
ホームが長すぎて車両が止まる位置までに距離がある。
川の上なので改札口をホームの端にしか作れないからなんだろうな、ぐらいにしか思っていなかった。この予想は当たっているけどもうちょっと複雑な事情があることがあとでわかる。

おもしろいのは、この駅には各駅停車しか止まらない点。昼間の京急線各駅停車は、しばしば4両というとても短い編成で走る。つまりこれだけ長いホームを持っていながら、その一部しか使われないということだ。
4両編成がもてあますホームの長さ。あたらせっかくの長いホームが。こういうのすきだけど。
4両編成がもてあますホームの長さ。あたらせっかくの長いホームが。こういうのすきだけど。

長いのはホームだけじゃない

しかしこの駅の「長さ」はこれだけではない。入口もすごく遠いのだ。
ただでさえむやみに長いのに、入口がさらに遠い。(国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より・整理番号・CKT20092/コース番号・C58/写真番号・30/撮影年月日・2009/04/27(平21))
ただでさえむやみに長いのに、入口がさらに遠い。(国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より・整理番号・CKT20092/コース番号・C58/写真番号・30/撮影年月日・2009/04/27(平21))
南口のある道路から改札方向を臨む。先に見える改札くぐって構内への入口はさらにその先にある。
南口のある道路から改札方向を臨む。先に見える改札くぐって構内への入口はさらにその先にある。
この南口から短い各駅停車に乗るためにホームの真ん中あたりまでは230mほど。一方、隣の青物横丁までは500mあまり。

各駅停車はなかなか来ないので特急も停まる青物横丁まで歩いた方がいいのではないかと思わせる距離だ。

なぜこんな遠くなってしまったのか。。そもそもなんで川の上にホームができたのか。駅ができる前の様子を古地図や航空写真で見てみよう。
駅ができる前の1963年の様子。川の上に駅がない。(国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より・整理番号・MKT636/コース番号・C13/写真番号・19/撮影年月日1963/06/26(昭38))
駅ができる前の1963年の様子。川の上に駅がない。(国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より・整理番号・MKT636/コース番号・C13/写真番号・19/撮影年月日1963/06/26(昭38))
新馬場駅ができたのは1976年だそうだ。京急線自体はもっと昔からあったので、新馬場駅はあとからできた新駅だったわけだ。おお、だから"新"馬場なのか。今気がついたぞ。

それにしても76年ってけっこう最近だ。ぼくが生まれた時はなかったのか。

いや、それって最近じゃないな。歳をとるとすぐ「最近」とか言い出すよな。

で、上の航空写真だとわかりづらいが、1948年〜1960年ごろの地図を見てみると新馬場の北と南にそれぞれ今はない駅があることが分かる。
川の上に駅がない代わりに南北にいまはない駅がある。(すばらしいiOSアプリ「東京時層地図」より「高度成長期(昭和23 - 35年)」)
川の上に駅がない代わりに南北にいまはない駅がある。(すばらしいiOSアプリ「東京時層地図」より「高度成長期(昭和23 - 35年)」)
Wikipediaによると、これは北馬場駅と南馬場駅だそうだ。ちなみに北馬場駅前西側にある「品川神社」は以前記事にした富士塚「品川富士」のある場所だ。

この南北馬場駅が1976年に統合されて新馬場になった、とのこと。

おそらくすでに市街地化されていたこと、特にここらへんは旧東海道沿いでまわりにお寺が多く用地取得できなかったので川の上に作らざるを得なかったのではないか。

同時期に駅から東に山手通り・国道357をのばしてもいるので、各種いろいろやっかいなことがあったのだろう。
この山手通り・国道357に面して改札口があってもいいようなものだけれど、ホームはスルー。さらに北側まで行かねばならない。いろいろたいへんだったんだろうなー。
この山手通り・国道357に面して改札口があってもいいようなものだけれど、ホームはスルー。さらに北側まで行かねばならない。いろいろたいへんだったんだろうなー。
改札口がやたら離れているのは、前出Wikipedia「新馬場駅」によれば「統合に際して旧駅の利便を保つため、以前両駅のあった場所に改札口を設置したためとされる」とある。なるほど。川渡らなきゃならないってけっこう心理的に遠いしな。そういう配慮に加え、前述したようにお寺が多いのと道路整備との兼ね合いも相まって、というやむにやまれぬ事情もあっただろう。

「川の上の駅ってすてき」と呑気なことを言ったが、その背景にはいろんな事情があるものだ、と思った。

で、この同じ京急線それもほど近くに同じように川の上の駅がある。「えっ、あの駅って川の上なの?」という意外な駅が。蒲田駅である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓