特集「生きてるからにはやっておきたいこと」 2016年4月30日
 

破った袖で止血したい

!
女の子がケガをした、男がすかさず袖をビリビリーッと破って包帯代わりに。「あっ、そんな、もったいないよ!」「言ってる場合じゃないだろう!」、映画やマンガでよくある鉄板のシチュエーション、間違いなくカッコイイ流れだ。生きてるからにはやっておきたい。そこで冒頭の写真である。

しかし、これ、皆さまにおかれましては、くれぐれも真似するなと伝えたい。この写真はそれらしく見えるかもしれないが、ここに至るまでの経緯が、カッコイイどころか情けないことこの上なかったからだ。

(この記事はとくべつ企画「生きてるからにはやっておきたいこと」シリーズのうちの1本です。)
1984年大阪出まれ、2011年からベトナム暮らし。日本から3600km離れた土地で、ダチョウに乗ったり、ドナルドのコスプレをしたり、札束風呂に入ったりしている。

前の記事:「おっぱいは家族!ある温泉旅館の真摯なおっぱい愛」
人気記事:「ベトナムの丸亀製麺はパクチー盛り放題」

> 個人サイト べとまる

時間はここから15分ほど遡る。
時間はここから15分ほど遡る。

まずはケガをつくろう

止血の前にまずは流血!という訳で、ここは在庫処分も兼ねて、フタにこびりついた部分もカッピカピになった、賞味期限切れのケチャップを持ってきた。

私 「本当にいい?」
友人「はい」
私 「ケチャップだよ?」
友人「いいですよ!」
私 「では…失礼します!」
なんだこの背徳感。
なんだこの背徳感。
頼んでおきながら俺ビビってる、この背徳感に俺超ビビってる。これまでも、そしてこれからも、女の子のヒザにケチャップを落とすという機会は二度と訪れないだろう。快諾してくれた友人にありがとうと言いたい、いや別に行為そのものはありがたくないけど。
それらしいのできた。
それらしいのできた。
そしてここからが本番だ、シャツの袖を破る!
ふぉっ!
ふぉっ!

まったく破れない

ぐぎぎぎぎ…
ぐぎぎぎぎ…
うぬぬぬぅ…
うぬぬぬぅ…
はぁ〜
はぁ〜
せいっ!!
せいっ!!
ひゅ〜
ひゅ〜
あーっ!!
あーっ!!
本当に、まったく破れない。

私 「ちょ、見てないで手伝って!」
もうひとりじゃ無理だから!
もうひとりじゃ無理だから!
破った袖で止血する、この一連の動作で男らしさが採点されるとすれば、「手伝って」というセリフを吐いた時点でもう0点だろう。我ながら、止血する女の子に袖を破らせるなんて聞いたことがない。

でも、無理なものは無理だもの。シャツが意外に頑丈なのだ。そうだ、しまった!ベトナムは裁縫大国だということを忘れていた!伊達にユニクロの製品をつくっていない!
二人「うぐぐぐぐ!!」
二人「うぐぐぐぐ!!」
二人の休日は過ぎてゆく。
二人の休日は過ぎてゆく。
もう無理だね、もう無理だ。

これだけは使いたくなかったが、友人と二人がかりで破ろうとした時点でメンツなんてものは崩壊している。
ハサミ、使います。
ハサミ、使います。
キレイな穴ができました。
キレイな穴ができました。
せーのっ…
せーのっ…
せいっ!
せいっ!
うぬぬぬぬ…!
うぬぬぬぬ…!
バリッ!
バリッ!
全員「あっ」
全員「あっ」
ベリベリーッ!
ベリベリーッ!
バリバリッッ!
バリバリッッ!
ビーーーーッ!
ビーーーーッ!
袖包帯、できた…!!
袖包帯、できた…!!
からの、冒頭の写真です。
からの、冒頭の写真です。
これで、いかに情けない顛末だったかお分かりいただけたかと思います。

酒で消毒をしろとのことで…

今回の企画で「破った袖で止血したいです!」と伝えると、編集・古賀さんから「止血の前にブーッて口から酒吹きかけてください!」というリクエストがあった。分かるような、分からないような、そう言うならまぁ…ということでやったら、吐いてる人と怪我人みたいになりました。
余談ですが、シャツは我が家の雑巾になりました。
余談ですが、シャツは我が家の雑巾になりました。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓