ロマンの木曜日 2016年5月19日
 

役に立たない機械が帰ってきた!早大建築「カッコ展」

これが決して注げないおたまだ!
これが決して注げないおたまだ!
まじめな大学生に対して「役に立たない機械を作れ」という無茶な課題を出すのが早稲田大学の建築学科である。

評判を呼び、テレビに取り上げられたり、メディアに取り上げられたりしてきた。まあ、主に当サイトなんだけど。

そんな彼らが今年も展覧会を開いたという。どんなクレイジーな機械を見せてくれるのか? 行ってきました。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。
> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

まずは実例を

説明するよりもまずは実物を見てほしい。
「永久おたま」 福居彩未
「永久おたま」 福居彩未
注ごうとするようす
注ごうとするようす
おたまの周囲に回転台がついているので、お皿がつねに水平を保っている。だから汲むことはできても、注げないのだ。

これが「役に立たない機械」だ。そしてこんなのばかりを集めた展覧会が、早稲田大学建築学科2年生有志による『』(カッコ)展なのです。

改めて入口から

『』展は東京の神保町で行われていた。
ビルの一階にはなんとスタッフが!
ビルの一階にはなんとスタッフが!
会場に訪れた人が少しでも分かりやすいように、それから通りがかりの人も入ってくれるように、という思いからだそうだ。なんというホスピタリティ!
会場の中はこんなふう
会場の中はこんなふう
雑居ビルの1フロアーなのでそんなに広くはない。しかしぼくは結局この空間に都合6時間ほどいることになった。それくらい面白かったのだ。

引き続き「役に立たない機械」を見てみよう。
「役に立たない機械」を作りなさいという課題
「役に立たない機械」を作りなさいという課題
何かの役には立っていそうなんだけど、それが何かは決して分からない機械を作りなさい、という課題。改めて言うが、建築学科の授業で実際に出された課題なのだ。

それに対する回答はたとえばこんな。
「走れ!」 劉思洋
「走れ!」 劉思洋
走らせようとするようす
走らせようとするようす
持ち上げるとギュイーン!と回って期待を高めてくれるが、いざ地面に置くとピタッと止まる。これが子どもの誕生日プレゼントだったら泣くと思う。

技術的には、前後のタイヤを逆に回転させているのだ。だから進まない。
「チョコトルネ」 山田将弘
「チョコトルネ」 山田将弘
つぎは「チョコトルネ」。チョココロネをただのコロネにする機械である。

機械をチョココロネに差し込み、持ち手の蛇腹部分をグッと引くと…。
チョコが出た!
チョコが出た!
そのようす
そのようす
既製品の組み合わせなんだけど、実際にありそうなデザインなのがいい。本当に役に立たない、素晴らしい機械である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ