ちしきの金曜日 2016年5月27日
 

ロンドンの団地はすごい!

ロンドンの団地はすごいです!
ロンドンの団地はすごいです!
前回、ロンドンの地下鉄に夢中になった、という記事を書いた。

今回はロンドンの団地をご紹介したい。

そんなマニアックな趣味を…とお思いかと思いますが、騙されたと思ってどうか見てください。ほんとすごいです。ロンドンの団地。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

アレクサンドラ・ロード・エステート!!

今回は、とにかくかっこいい団地をひたすら紹介するだけのものになります。ロンドンって、もう、ほんとうにすてきで夢うつつでした。ずっと「わぁ……!」って言ってました。

いくつかご紹介しますが、まずは アレクサンドラ・ロード・エステート "Alexandra Road Estate" という団地から。すごいですよこれ!
これが Alexandra Road Estate です! すごい!
これが Alexandra Road Estate です! すごい!
これ、団地です。
これ、団地です。
ご覧の通り建築がすごいのですが、
ご覧の通り建築がすごいのですが、
やんわりとしたカーブもまたいい。
やんわりとしたカーブもまたいい。
硬派な造形ですが、住民の方々が真ん中の道に集まっておしゃべりしてて、全体としてすごくなごやかな雰囲気でした。不思議な感じ。
硬派な造形ですが、住民の方々が真ん中の道に集まっておしゃべりしてて、全体としてすごくなごやかな雰囲気でした。不思議な感じ。
テラス部分が、それぞれ思い思いにカスタマイズされてて良い感じ。
テラス部分が、それぞれ思い思いにカスタマイズされてて良い感じ。
階段を上がってみましょう。
階段を上がってみましょう。
のぼっていくと、
のぼっていくと、
日本の団地と同じように2軒の玄関が向かい合っている。
日本の団地と同じように2軒の玄関が向かい合っている。
4階部分の通路はこんな。すてきだ。
4階部分の通路はこんな。すてきだ。
まわりも住宅街なんだけど、いたってふつうの建築。この Alexandra Road Estate だけ特殊すぎる。
まわりも住宅街なんだけど、いたってふつうの建築。この Alexandra Road Estate だけ特殊すぎる。
棟の端っこ。いきなりすぱっと終わってて、これまたかっこいい。
棟の端っこ。いきなりすぱっと終わってて、これまたかっこいい。
真ん中の道を歩いた映像。
どうですかこれ! すごいよね。みなさんもロンドン行ったらここは絶対訪れるべき。場所はここ。航空写真で見てもすごいことになってる。

着工1972年で、完成は1978年。ぼくとほぼ同い年だ。Neave Brown さんという方の設計だそうだ。

詳しいことはWikipediaの項公式サイトをご覧頂きたいのだが、おもしろいのはこの団地はしばしばロケ地として使われていること。

上の写真を見て「どこかで見たことがあるぞ」と思った方がいるだろう。おそらく映画『キングスマン』で見たのではないか。エグジーが住んでいた団地がここだ。

その他にもいろいろな映像に登場する。これだけ特徴的な団地ならそりゃそうだろう。

個人的には、80年代にヒットを飛ばしたミュージシャン、カースティ・マッコールの "A New England" という曲のミュージックビデオのロケ地になっているのを知ってぐっときた。この曲、中学生のときに聴いてたよ! (ちなみに、今知ったんだけど、この曲はビリー・ブラッグのカバーだったのね)

I saw two shooting stars last night

I wished on them but they were only satellites

って歌詞がいい。

今見ると、曲の内容とこの団地には全然関連性が無く、ただ絵的に良い感じだったからここで撮影した、というだけっぽいけど。



この調子で Alexandra Road Estate のすてきな写真だけで4ページ埋められますが、ほかにもぜひ見てもらいたいびっくりロンドン団地があるので、次に行きます。
次はこれです!
次はこれです!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ