はっけんの水曜日 2016年6月1日
 

思い出の狭隘トンネルを探しに伊勢志摩へ

約20年前に遭遇したトンネルを探しに志摩半島へいったら、こんな道を通ることになりました
約20年前に遭遇したトンネルを探しに志摩半島へいったら、こんな道を通ることになりました
高校生の頃、友達と二人で下関まで旅行した。移動手段はママチャリ、宿を取らずに野宿という若さにすべてを任せた強行軍であったものの、生まれて初めての長期旅行ということもあり、私の旅行歴の原点というべき大冒険であった。

辿ったルートは単純明快。神奈川県の自宅からスタートし、ひたすら国道1号線を突き進む。名古屋を過ぎたら紀伊半島を海岸線沿いにぐるっと周り、大阪からは国道2号線を辿るというものである。

その道中、志摩半島で不思議なトンネルに出くわした。地図に赤く記された国道を走っていたのだが、いつしか道は細くくねった山道となり、やがて私たちの面前に見たこともない馬蹄型のトンネルが姿を現したのだ。

自動車が一台通れるかどうかも怪しいくらいに狭いうえ、坑内に照明はなく真っ暗。おそるおそる足を踏み入れると、天井から滴った水が頭に当たり、死ぬほど驚いた覚えがある。

あのトンネルは今もなお存在するのだろうか。下関旅行から20年近くが経った今、かつての旅程をたどりつつ、記憶の中にある狭隘トンネルを探しにいくことにした。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

かつての足取りを追って

下関旅行の発端は友達との何気ない会話の最中、ふと二人ともフグを食べたことがないという話題になった。それなら本場のフグを食べにいこうと、夏休みを利用して本州最西端の下関まで自転車を走らせることになったのだ。

まだひんやりとした空気が漂う夜明け直後の早朝、私たちは各々のママチャリにまたがり、国道1号線に向かってペダルをこぎ始めた。
あの時も通った道を辿る。当時はママチャリだったが、今ではカブ(原付)だ
あの時も通った道を辿る。当時はママチャリだったが、今ではカブ(原付)だ
神奈川県西部の国道1号線には、旧東海道の並木が結構残っていて楽しい
神奈川県西部の国道1号線には、旧東海道の並木が結構残っていて楽しい
小田原城に寄ってみたりもしたのだが――
小田原城に寄ってみたりもしたのだが――
休憩がてら、自転車を止めて小田原城を見学したことを覚えている。しかし本丸まで上る途中に話好きなおじいさんにつかまってしまい、小田原城についてのうんちくを延々聞かされるハメになった。

私は今でこそ古いモノが大好物であるが、当時はまだ歴史や文化財にさして興味がなかった(過去は振り返らない主義だとかイタいことをいって歴史の授業をサボっていた)。おじいさんの話もほとんど聞き流していたとはいえ、時間のロスに少々の焦りを覚えながら箱根の山に向かったのである。
箱根路の入口、堂々たる構えを見せる函嶺(かんれい)洞門
箱根路の入口、堂々たる構えを見せる函嶺(かんれい)洞門
箱根湯本に存在する函嶺洞門は昭和6年(1931年)の竣工で、2014年まで現役の国道1号線として利用されていた。2015年には前後に架かる旭橋・千歳橋と共に重要文化財に指定されている。

当時、私は「なんだか不思議なデザインだなぁ」と思いながら函嶺洞門を通り抜けたことを覚えている。その時はこの洞門が昭和初期にまで遡る由緒正しき土木遺産であるとは露にも思っていなかった。

そうして突入した箱根路であるが、自転車で越えるには本当に大変であった。というのも、ギアなしのママチャリではどこまでも続く上り坂に太刀打ちできず、峠までのほぼ全区間、自転車を押して歩くこととなったのだ。
容赦なく肌を焼く日差しの下、ひーこら言いながら坂道を上った思い出
容赦なく肌を焼く日差しの下、ひーこら言いながら坂道を上った思い出
貧血気味で倒れそうになりつつ、なんとか最高地点まで辿り着いた
貧血気味で倒れそうになりつつ、なんとか最高地点まで辿り着いた
結果的に、下関までの全行程の中で一番きつかったのは箱根越えであった。この先も静岡県などで何度か峠を越えたりしたのだが、それでも箱根に比べると遥かに低い難易度であった。

「箱根の山は天下の険」とはいったもので、まさしく東海道一の難所というべき道のりであった。RPGでいえば、王様から剣と盾を貰って出発した最初のダンジョンにラスボスが潜んでいたようなものである。

箱根峠からは一気に下り、静岡県を西へと進んだ。富士市に着いたところで日が暮れたので、私たちは富士川の河川敷で寝ることにした。最初は雨をしのげる橋の下で寝ようとしたのだが、橋を通り過ぎる車の音があまりにうるさく、結局は野球場のベンチに体を横たえた。
初日はこの富士川の河川敷で夜を明かしたのだ
初日はこの富士川の河川敷で夜を明かしたのだ
寝袋すら持たない野宿は高校生だからできたこと、現在はテント泊である
寝袋すら持たない野宿は高校生だからできたこと、現在はテント泊である
二日目も日の出と共にスタートし、ひたすら西に向かって自転車を走らせた。静岡県内は国道1号線が高架のバイパスになっている箇所が多く、迂回路を探しながら工業地帯や田園地帯をさまようことも多かった。

静岡県の東部はまだ景色に変化があって楽しかったのだが、西部は平坦かつ単調な道がひたすら続く。強烈な西日と向かい風を受けながら、ペダルをこいでもこいでも風景が変わらず、精神的に辛かった覚えがある。
静岡県西部はよくある国道沿いの風景がどこまでも続く
静岡県西部はよくある国道沿いの風景がどこまでも続く
この日は友達が「宿泊地のアテがある」といっており、浜名湖の西岸までいかねばならなかった。なんでも、母親の上司が若い頃に旅先で泊めてもらったお寺があるとのことだ。だいぶ昔のことのようだし、人様に迷惑を掛けたくなかった私はあまり乗り気ではなかったのだが、友達の押しに負けてそのお寺を目指すことと相成った。

しかし東西に長い静岡県は抜けるのに時間がかかる、浜名湖の弁天島に着いた頃には既に夕暮れ時であり、目的のお寺に到着したのはどっぷり日が暮れた後。しかもあっさり宿泊を断られてしまい(連絡もなしにいきなり泊めてくれてといわれ、お寺も困ったことだろう)、結局は児童公園のベンチで寝た。

三日目ともなると、体が自転車旅行に慣れたのだろう、あまり苦労した覚えはない。昼過ぎくらいにサクッと名古屋に辿り着き、そのまま四日市に向かったように思う。
そうそう、高架下の交差点で左に曲がったのを覚えている。国道1号線は名古屋市中心部には入らないのだ
そうそう、高架下の交差点で左に曲がったのを覚えている。国道1号線は名古屋市中心部には入らないのだ
四日市からは大津方面へ向かう国道1号線に別れを告げ、伊勢へと続く国道23号線に乗り換えた。なぜ東海道をそのまま進まず紀伊半島を周ることにしたかというと、要は山道を忌避したのだ。

東海道は琵琶湖岸の大津を経由する→湖があるということは山なのだろう→キツイ上り坂がありそうだ→なら海岸沿いの方が楽だろう――という実に安直で稚拙な考えである。

初日の箱根峠があまりに辛かっただけに選んだルートだったが、このチョイスが大きな間違いであったことがやがて明らかとなる。
海岸線沿いの国道は思惑通り平坦な道であった――そう、伊勢志摩に入るまでは
海岸線沿いの国道は思惑通り平坦な道であった――そう、伊勢志摩に入るまでは
ちなみに三日目は、四日市を過ぎた辺りで日没となった。私の記憶によると、野宿ポイントは国道23号線から少し外れ、橋を渡ったところにある三角形の公園だったはずだ。

正確な場所を明らかにすべくGoogleマップとにらめっこをしているうちに、それらしい場所を見つけることができた。よし、確認しにいってみよう。
記憶の通りに橋を渡る。たしか「楠町」という標識があったような気がするが、楠町は2005年に四日市市と合併したそうだ
記憶の通りに橋を渡る。たしか「楠町」という標識があったような気がするが、楠町は2005年に四日市市と合併したそうだ
道路の右手に草木が生い茂る一角が見えた
道路の右手に草木が生い茂る一角が見えた
おぉ、ここだここ、間違いない!
おぉ、ここだここ、間違いない!
まさしく記憶の通り、橋を渡ったところに三角形の緑地帯があった。確かこの場所にシートを敷いて寝たのだったか……いや違う、二つあるベンチにそれぞれ横たわって寝たのだ。間違いない。

そうだ、この場所を野宿スポットに選んだのはベンチがあったからなのだ。初日は野球場のベンチ、二日目は公園のベンチ。なんとなくベンチで寝る流れができ、三日目も寝る為のベンチを探してここに辿り着いたのである。

それまでおぼろげだった記憶が、実際に現地を訪れることで鮮明に蘇ってきた。それと共に、当時と寸分違わぬこの場所に不思議な感慨を覚えたのであった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓