とくべつ企画 2016年6月14日
 

熊本地震チャリティ企画「産廃系雑貨」販売します

ここも被災地。
ここも被災地。
先日の熊本地震で被害を受けたみなさんには、一日も早い復興をお祈りしています。

でも祈っているだけではないぞ。僕たちは僕たちなりの復興支援をさせてもらおうではないか。

熊本の隠れた技術力をここで発揮してもらおうと思います。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

阿蘇といえばカラクリ

熊本にはデイリーポータルZでも取材させてもらったことがある阿蘇カラクリ研究所がある(わかりやすい記事はこちら)。

阿蘇カラさん、地震、大丈夫だっただろうか。少し前に投稿いただいたブログには、玄関の前が地盤沈下したり水が止まったりと、被災地のリアルが描かれていた。

ただ、阿蘇カラの福山さんの書くブログは相変わらず楽しそうなのだ。実際どんな様子なのか、会いに行って来た。
鉄道がまだ復旧されていないので、タクシーで向かいます。
鉄道がまだ復旧されていないので、タクシーで向かいます。
近くまで言って人に聞いたら「ああカラクリさんね、あそこの看板出てる家よ」って言われた。カラクリさんって呼ばれているのか。
近くまで言って人に聞いたら「ああカラクリさんね、あそこの看板出てる家よ」って言われた。カラクリさんって呼ばれているのか。
阿蘇カラクリ研究所はその名の通り阿蘇にある。阿蘇はこの前の地震で最も揺れの大きかった地方の一つである。

地震で主要道路の橋が落ち、鉄道も止まってしまって復旧のめどがたっていないということで、山を越えてやってきた。
阿蘇カラクリ研究所、福山さん。
阿蘇カラクリ研究所、福山さん。
−−阿蘇カラさんは地震被害、大丈夫だったんですか?

「そりゃあ被害ありましたよー。」
「ここ、トイレなんですけどね」
「ここ、トイレなんですけどね」
「うち、もともと地面にちゃんと設置していなかったから、揺れが建物に伝わらなかったみたいなんですよね、それが幸いした。まあ代わりに基礎からぜんぶ落ちちゃったんだけど。」

福山さんの言うように、阿蘇カラさんの事務所はコンテナになっていて、それがボコッと地面に置かれている。これが地震でズレてしまったらしいのだが、ジャッキで持ち上げて元に戻した。
「揺れでこの人形がちょっと前にせり出してきました。」
「揺れでこの人形がちょっと前にせり出してきました。」
自慢のトイレでは揺れで人形が少し前にせり出した。おかげで怖さ倍増である。

「壊れてほしくない物が壊れて、どうでもいいものばかり無事なんですよね。」

そういうものなのかもしれない。
この防犯システムは夜になると動きます。これも地震で頭が取れてしまったらしいのだけれど、また新しいの付けた。
この防犯システムは夜になると動き出す。これも地震で頭が取れてしまったらしいのだけれど、新しいの付けた。
阿蘇カラさんは震災の後もマイペースにおかしなものを作り続けているようだった。そうこなくっちゃ、と思う。だけどいったん他に目を向けると、やはり水が止まってしまったり家が壊れてしまったりと、被害状況は小さくない。

この状況で、僕たちに少しでも役に立てることはないだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ