はっけんの水曜日 2016年6月15日
 

山人(やもーど)と行く、檜枝岐のサンショウウオ漁

秘境の沢でサンショウウオづくしだよー!
秘境の沢でサンショウウオづくしだよー!
尾瀬への玄関口、檜枝岐村に伝わるサンショウウオ漁とはなんですか、どんな感じなんですか?
そこで見たのはぬるっとかわいいサンショウウオ、 そして山と生きる山人のかっこよさだった。
1975年神奈川県生まれ。普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。
> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

サンショウウオが食べられる村

5月はじめの檜枝岐村にやって来た。「ひのえまたむら」と読む。福島県は会津の南に位置し、周囲を駒ヶ岳、燧ケ岳、帝釈山に囲まれた村である。
展望台より村を見下ろす。
展望台より村を見下ろす。
檜枝岐川と国道352号線に沿って民家や施設が並んでいる。
檜枝岐川と国道352号線に沿って民家や施設が並んでいる。
役場の建物がかっこいい。
役場の建物がかっこいい。
水芭蕉の花が夢見てにほっている尾瀬への玄関口として、シーズンになると多くの観光客が訪れる。

そんな檜枝岐の名物料理のひとつが珍味山椒魚(サンショウウオ)料理である。
サンショウウオの天ぷら。真ん中の四分休符みたいな一品がそれ。
サンショウウオの天ぷら。真ん中の四分休符みたいな一品がそれ。

正体はハコネサンショウウオ

サンショウウオはカエルと同じ両生類に属する動物だが、ほっそりとしてシッポが長く、見た目はトカゲやイモリに近い。
井伏鱒二の小説で暗所に幽閉されたオオサンショウウオが有名だが、ここで捕られるのはハコネサンショウウオという小さい種だ。
7年ほど前に見つけたハコネサンショウウオの幼生。
7年ほど前に見つけたハコネサンショウウオの幼生。
高い標高の渓流に住み、その生態の多くが謎に包まれている。姿を見ることができるのは繁殖期のわずかな間だけ。昔、東京は奥多摩の沢を死にそうになって探したが見つかったのは幼生だけだった。
これはトウキョウサンショウウオ。頭に地名がつきがち。
これはトウキョウサンショウウオ。頭に地名がつきがち。

漢方薬から名物へ

檜枝岐村文化財調査報告書第1集「檜枝岐の山椒魚漁」(関 礼子編著・福島県檜枝岐村教育委員会)によると、檜枝岐でサンショウウオ漁がはじまったのは大正時代、日光の川俣から伝わったという。
村の民俗資料館で手に入る。膨大な資料と聞き取り調査、考察であふれた感動の1冊。
村の民俗資料館で手に入る。膨大な資料と聞き取り調査、考察であふれた感動の1冊。
川俣の漁師が山を越えて村で漁をしているのを見た、星富吉、富次郎、数三郎の「星3兄弟」によって行なわれた。漢方薬の原料として需要が高く、戦前は支那にも輸出されていた。
漁が盛んだった頃は山中に小屋を建てて泊まりこみで漁が行われた。民族資料館に展示されているムコウジロ小屋
漁が盛んだった頃は山中に小屋を建てて泊まりこみで漁が行われた。民族資料館に展示されているムコウジロ小屋
戦後、村が観光事業中心にシフトしてゆくのに伴いサンショウウオも役割を変え、旅館や民宿で「秘境」檜枝岐の名物料理として観光客に提供されるようになる。

近年では需要の減少や高齢化により人数もかなり少なくなったというこのサンショウウオ漁、なんとか見られないものかとある民宿を訪ねた。
素朴なたたずまいの民宿。
素朴なたたずまいの民宿。
村の北側、駒ヶ岳の登山道近くの民宿「駒口」。源泉かけながしの温泉の他、山菜やきのこ、川魚など、そして山の幸をふんだんに使った山人(やもーど)料理が楽しめる。
岩魚、山菜、熊、このほかにコウタケの炊き込みご飯がちょっとどうかというくらい香り高くて美味。
岩魚、山菜、熊、このほかにコウタケの炊き込みご飯がちょっとどうかというくらい香り高くて美味。
山人とは、稲作に向かないこの村で猟や木工品作り等をして山で働く男達の事を言う。冒頭で紹介したのが駒口自慢の山人料理のひとつ,サンショウウオの天ぷらである。
右側が頭。ちょこんと前足が出ているのがわかるだろうか。
右側が頭。ちょこんと前足が出ているのがわかるだろうか。
期待と不安が入り交じるサンショウウオ食。
む、さっぱり。
む、さっぱり。
肉の味はかなり淡白で、シシャモなどの白身の小魚のようだ。ぐわんと弾力を感じ、のぞいてみると七つ揃えば願いがかないそうなオレンジ色の球体がつまっていた。
ドラゴンな球ではない、これは卵だ。それにしてもでかいな。 山人との出会いは勇み足
ドラゴンな球ではない、これは卵だ。それにしてもでかいな。

山人との出会いは勇み足

このサンショウウオを捕ったのが駒口の主人であり、観光業を営むかたわら山に入り猟や山菜、キノコ採りを行う現代の山人「星 清夫(ほし きよお)」さんである。
前述の檜枝岐サンショウウオ漁の始祖、星3兄弟の長男、富吉氏の孫にあたる。
星さんのしとめたツキノワグマ。でかい!
星さんのしとめたツキノワグマ。でかい!
「サンショウウオ漁に同行させてください!」
山人に頼み込んだ結論は「いや、まだ漁には時期が早いですよ」というものだった。
出直してきたまえ。
出直してきたまえ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓