フェティッシュの火曜日 2016年6月21日
 

名古屋城でアリゲーターガーを探す

疑惑の一枚
疑惑の一枚
名古屋城のお堀に「アリゲーターガー」がいるらしい。
…なんだかこのニュース、定期的に報道されている気がするが、今回はなんだかいつもより取り上げられ方が大きいようだ。
ブームに便乗するわけではないが、興味が湧いたので現場へ行ってみることにした。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「驚異の粘液深海生物?ヌタウナギを漁港で釣って食べる」
人気記事:「オオカミウオを釣って食べたら色々大変だった」

> 個人サイト Monsters Pro Shop

ガーもでかいがお堀もでかい

で、そのアリゲーターガーという魚の姿なのだが、こんなんである。
テキサスで釣り上げられたアリゲーターガー。
テキサスで釣り上げられたアリゲーターガー。
とにかくデカい。
大きなものでは全長が2メートルを超え、世界最大の淡水魚といわれることも。
しかも、アリゲーターと名がつくように口がワニのように長く伸びる独特の容姿。こんな魚がお堀にいたら、一発で見つかるのでは。
というわけでやってきました名古屋城の外堀。左下に写っている人たちは地元のTVクルーで、やはりアリゲーターガーを取材しに来たんだとか。
というわけでやってきました名古屋城の外堀。左下に写っている人たちは地元のTVクルーで、やはりアリゲーターガーを取材しに来たんだとか。
そう思っていたのだが、いざお堀を目の前にするとまったく見当違いであることがすぐに分かった。
ひ、広いな…。
ひ、広いな…。
く、草茂ってるな…。
く、草茂ってるな…。
やたら広いし、そもそも立ち入り禁止だったり藪になっていたりで、水面を見渡せる場所がかなり限られる。
これは…、相当な苦戦が予想される。
季節は梅雨真っただ中。にも関わらず雨が降らなかったことだけが救いだ。
季節は梅雨真っただ中。にも関わらず雨が降らなかったことだけが救いだ。
アリゲーターガーは鰓呼吸以外に空気呼吸も行う。つまり、魚のくせに息継ぎをするのだ。
なので、定期的に浮上して鼻先を水面から突き出す。このタイミングが観察のチャンスである。
地元の方々から目撃情報の多いポイントを教えてもらい、うまいことそこで息継ぎの瞬間が訪れるのを待つことにした。
お堀の周りは市民の憩いの場。犬の散歩やウォーキング、ゲートボール、バードウォッチングを楽しむ人たちで賑わう。僕は柴犬の肛門ウォッチングに興じた。
お堀の周りは市民の憩いの場。犬の散歩やウォーキング、ゲートボール、バードウォッチングを楽しむ人たちで賑わう。僕は柴犬の肛門ウォッチングに興じた。
噂のホットポイントには、すでに人が集まっていた。
彼らは地元のテレビ局の撮影隊で、やはりアリゲーターガーを取材に来たのだという。
コイはうじゃうじゃいるんだが…。
コイはうじゃうじゃいるんだが…。
話を聞くと、早朝からもう二時間以上張り込んでいるが、まだターゲットは尻尾の先すら見せないという。
やはり簡単には出会えないか。
早々に集中力が切れ、一人で「珍しい柄の錦鯉を探せゲーム」に没頭していた。
早々に集中力が切れ、一人で「珍しい柄の錦鯉を探せゲーム」に没頭していた。
また、耳を疑うようなエピソードも聞くことができた。
このお堀にはたくさんの猫が住み着いているのだが、のどの渇きを癒しに水辺へ降りてきた子猫にアリゲーターガーが襲い掛かる瞬間が目撃されているというのだ。また、水面を泳ぐカモを追っていることもあるとか。
このお堀に住んでいるアリゲーターガーは二匹で、そのどちらも全長が120〜130センチはあるというから、あながちありえない話でもなさそうだが…。
たしかに猫は多いが…。
たしかに猫は多いが…。
名古屋城でアリゲーターガーの目撃情報が報告されるようになったのは7年前のこと。
そういう状況で住民からの不安の声もあるのか、市はたびたび捕獲に挑んでいるのだが、未だに成果は上がっていないという。
まあ、これだけ大きなお堀で、たった二匹しかいない魚を選んで捕まえろというのはどう考えても難しい話である。
だが、昨年は設置した罠に一度はアリゲーターガーがかかったらしい。回収直前で逃げられてしまったそうだが…。
そして、その罠が今年も設置され、近日中に回収されるのだそうだ。
おお、その罠とやらを見に行ってみよう。もう二時間近く待って収穫無しなのだから、10分や20分席を外したところで何も変わるまい。
葦際に浮くフロートと簾。これが罠らしい。
葦際に浮くフロートと簾。これが罠らしい。
罠の設置現場へ行ってみると、水面に黄色いフロートと広げた簾が浮かんでいる。刺し網か定置網の類だろうか。
大きな魚がかかるとフロートが不自然に動くらしいが、特に異常は見られない。
まあ、こんなものかと納得して再び観測地点に戻ると、なにやら様子がおかしい。盛り上がっている。
あっ!これは!この感じはまさか!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓