ロマンの木曜日 2016年6月23日
 

あの「HG創英角ポップ体」の元となった直筆生原稿を見た

HG創英角ポップ体誕生のいきさつをきいてきました
おなじみのこの↑フォント、HG創英角ポップ体誕生のいきさつをきいてきました
まちを歩くと、なにかとめにつく「HG創英角ポップ体」。ポスターや看板などあらゆる場所でみかける。

たまに、シリアスな注意書きの看板に、にぎやかでたのしげな雰囲気のポップ体がつかわれたりして、おもしろ写真としてネットで話題になったりする。

そんな「HG創英角ポップ体」をつくったひとはどんなひとなんだろう?
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

なつかしいタイプのウェブサイト

HG創英角ポップ体について調べると、元になった書体の「創英ポップ体1」は、どうやら「創英企画」という会社が制作したらしいことがわかった。
2008年が最終更新日
2008年が最終更新日
けっこうなつかしいタイプのウェブサイト……というか、ホームページだ。
ぼくが、20年前、HTMLをしこしこ書いてつくったホームページはたしかこんな感じだった。
しかし、Windowsというか、Officeにかならずはいっているあの有名なフォントをつくった会社のホームページだといわれると、そのギャップに唸らざるをえない。

新横浜のリコーインダストリアルソリューションズに取材にいく

取材は、新横浜のリコーインダストリアルソリューションズにうかがうことになった。
どうやら、HG創英角ポップ体は、創英企画がつくって、リコーインダストリアルソリューションズが販売しているということらしい。

取材に伺ったぼくと、編集部の古賀さんを迎えてくださったのは、創英企画の梅原さん。リコーインダストリアルソリューションズの阿部さんと豆腐谷さん。
左から、リコーインダストリアルソリューションズの豆腐谷(とふたに)さん、創英企画の梅原さん、リコーインダストリアルソリューションズの阿部さん
左から、リコーインダストリアルソリューションズの豆腐谷(とふたに)さん、創英企画の梅原さん、リコーインダストリアルソリューションズの阿部さん
まずは、「HG創英角ポップ体」の元となった書体「創英ポップ体1」は、いったい、だれがいつごろ、つくったのか?
(創英企画 梅原さん)「創英ポップ体1」はそうですね、いまから25年ぐらい前でしょうか? デザイナーの水本恵子さんにお願いして制作してもらったんです。
(西村)女性の方がデザインされたんですね……水本さんは、書体専門のデザイナーさんなんですか?
水本さんは、もともとテレビ番組やCMのタイトルロゴをデザインしてた方なんです。たとえば「ベン・ケーシー」はご存知ですか? そういったドラマのタイトルロゴをつくってらしたんです。
「ベン・ケーシー」……さすがに名前ぐらいしかきいたことがない。たしか医療ドラマで、ケーシー高峰の芸名の由来になったアメリカのテレビドラマだ。
むかしは、テレビ番組のロゴはぜんぶ手がきでデザインして、カメラで撮影して合成してたんですよ。水本さんがデザイナーとして活動されてたのはそのころのはなしですね。
水本さんは、ほかにも「スター千一夜」や「ローン・レンジャー」などのロゴも手がけたという。
「スター千一夜」のタイトルロゴならみたことある。あれかー。
ちなみに、水本さんはいま……?
ご健在ですがかなりの高齢です、たしか87歳だったかな。じつは、この取材に来ていただけないか、連絡とったんですが、体調があまりよくないということで、来られなかったんです……。
残念ながらお会いすることはかなわなかったが、創英ポップ体1のデザイナーが、現在87歳でご健在であることがわかった。
しかも、テレビ番組のロゴデザインをしていたというのも驚きである。これは、創英ポップ体1に感じる、したしみやすさや、なつかしさのみなもとではないか。

POPは「point of purchase」のPOP

HG創英角ポップ体ですが、あらゆる場所で見かけるようになったんですが……もともとどんな文字なんでしょうか
もともとでいうとですね、商店でつかう広告や看板に使う文字っていうのがあったんですね。
POP書体2700字
POP書体2700字
POP書体ですか……これは、なつかしい雰囲気の見本帳ですね。
手書きポップ体
手書きポップ体
なんだかなつかしい感じがするけれど、でも、こういった文字は、モノクロの写真がないタイプのスーパーのチラシでよくみかけるきがしますが、最近は新聞とってないので、どうなんだろう?
(編集部 古賀)ポップ体の教室ってむかしありましたよね? 主婦の方が通うような。いまでもあるのかな?
(リコーインダストリアルソリューションズ 阿部さん)パソコンのフォントなんかでつくるんじゃなくて、むかしは、この見本をみて自分でかくという使い方をしてたんですよ。
あぁ、自分で練習するんだ! 最後に練習ページがある!
書体の見本帳の最後には練習するページがついている
書体の見本帳の最後には練習するページがついている
こういう商店のちらしやビラなどで使う書体を「ポップ(POP)体」といっていたんですね、「ポイントオブパーチェス」というんですが。商品を売ったり買ったりする現場でつかう文字なんですね。ひらたくいえばビラといいますか。
「ポップ」って、ポイントオブパーチェスの略だったんですね……。
よく、ポス(POS)っていうじゃないですか? あれはポイントオブセールスの略なんです。
じつは、ポップ体のPOPも、ポスレジなどのPOSも、ポイントオブ〜のぶぶんはおなじ言葉なのだ。
えぇ! いわゆるポップって、ポピュラーミュージックのポップじゃないんですか?
ちがいます。けっこう誤解されてますが、ポピュラーのポップではないです。
そうなんだ、たいへん! これはスクープですよ! 西村さん!
明朝やゴシックとはちがう、ポップ体のやわらかくてたのしげなイメージから、てっきりポップ・ミュージックのポップと同じ言葉かとおもっていたら、まったく関係なかった。漫才だと「関係ないんかい」というやつだ。

あくまでポップ体のPOPは、商取引の現場でつかう、カタい用語が語源だった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓