フェティッシュの火曜日 2016年6月28日
 

ルーペ専門店でよく見えるルーペを買う

よく見える…!この感動よ!
よく見える…!この感動よ!
専門店が好きだ。専門店はすごい。
何がすごいかって、専門のモノが大量にあるし、どれを買うか迷った時はお店の人に聞けばいくらでも詳しく教えてくれる。量販店にはないプロユースなやつもある。
なので、何か欲しいモノがある時は毎回「○○+専門店」という検索でお店を探すことにしている。
…という書き出しを、以前に「歯ブラシ専門店でいい歯ブラシを買う」という記事で使った。
で、今は細かい作業をする時用にルーペが欲しいのだ。
当然のように、僕は検索で見つけたルーペ専門店へ向かった。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

ルーペ専門店は錦糸町にあった

地球上の森羅万象すべてに専門店があるんじゃないか、というぐらい、専門店がある。
ルーペ専門店もたぶんあるはずだ、と半ば確信的に検索をかけたところ、スカイツリーのお膝元、錦糸町駅から徒歩数分のところにルーペ専門店『ルーペハウス』さんはあった。
堂々と「ルーペ専門店」って謳ってある安心感。ここならきっといいルーペがある。
堂々と「ルーペ専門店」って謳ってある安心感。ここならきっといいルーペがある。
…と、さも初めて見つけたみたいな書き方をしたが、そういえばこの店の前を何度か通ったことがある。(ここまで来てようやく思い出した)
その時も「へー、ルーペ専門店か」と思ったはずだが、まったく記憶に残ってなかった。
店内にはルーペしかない。この専門店っぽさがまず最高だ。
店内にはルーペしかない。この専門店っぽさがまず最高だ。
なぜなら、当時の僕は老眼じゃなかったから。
数年前の僕は、カッターで細かい切り出しをするのも、Nゲージのジオラマ用人形を改造するのも、まったく苦にならなかったから。
人間、その時々で自分に必要のある情報しか脳に残らないのである。

なので、腰痛ベルト専門店とか、おからの炊いたの専門店とかそういう店の情報は、必要になったその時に調べる事にしよう。今から検索してても忘れるだろうし。
図説:これが老眼だ!
図説:これが老眼だ!
さて、今の僕が求めているのは、細かい作業がしやすいルーペだ。
老眼じゃない人には理解できないだろうが、とにかく手元にピントが合わない。ぼやける。
遠くならばピントも合うが、見えてるものが小さすぎて見づらい(写真上)。
で、ルーペ(老眼鏡も同じ)さえあれば近くでピントが合うので、大きくくっきりと見えるわけだ(写真下)。

遠くても近くても同じように見える、という人は、その感覚を覚えておいた方が良い。
ある日急に「あっ、近くのものが見にくい!」と気付いた時のショックがより大きくて面白いから。
(僕は、デジカメの液晶画面がぼやけて見えなかった時に気がついた。)
ルーペハウスの寺崎さん。僕と同い年(43歳)なのに老眼じゃないとか。憎い。
ルーペハウスの寺崎さん。僕と同い年(43歳)なのに老眼じゃないとか。憎い。
さっそく、ルーペ専門店の方に僕の求めているステキなルーペを見つくろってもらおうと思ったのだが、それより先に聞きたい事がある。
なんでこんな狭いカテゴリ(失礼)の専門店をやっているのか、だ。

寺崎「もともとウチは、タバコのヤニ取りパイプを作っているメーカーなんです。ただ、タバコ業界はこれから禁煙運動も進むだろうし先行きがわからない。じゃあ、ルーペをやろう、ということになったんです」

「?????」

「タバコとは逆に、これから高齢化が進むと老眼鏡やルーペの需要が多くなるんじゃないかと踏んだんですね。ただ、ルーペってどこで売ってるかよくわからないし、実際に試してみないと見え方もわからない。それなら実店舗で専門店を作ろうということになったんです」
フレネルレンズって、薄い板状のレンズのこと。
フレネルレンズって、薄い板状のレンズのこと。
なるほど、そういわれてみれば見事な乗り換えである。
それにしたって、いきなりルーペってあまりにも方向性が違いすぎないか。

「実はフレネルレンズのメーカーさんから、販売をやらないかと言われたんですよ」

なるほど、理由はシンプルだった。

よく見えると、すごい快適

ちなみにフレネルレンズとは、普通のアクリル製凸レンズの表面をギザギザに削って板にしたもの(上写真参照)。
これでもちゃんと拡大して見えるし、なにより大きなレンズが軽くて安く作れる。視界がちょっとギザギザするけど。
フレネルレンズのスタンド型ルーペ。感動的に大きく見える。
フレネルレンズのスタンド型ルーペ。感動的に大きく見える。
「これはフレネルレンズをスタンド型にしたものです。手元で作業をするならこういうのが便利ですよ」

おおおおお、見える。すげぇよく見える!
しかも、クリップ式で倍率の違うレンズに付け替えられる。便利。
しかも、クリップ式で倍率の違うレンズに付け替えられる。便利。
小学生の頃、虫眼鏡でバッタの足とか見て「大きく見える!」と喜んでいたが、でも冷静に考えたら、別にバッタの足を拡大して見たからといって何か良いことがあるわけじゃない。

でも、いま僕は手元が大きく見えることで、とにかく作業がしやすくなっている。
今までピントが合わない中で漠然と(直感で)この辺りかなー…とカッターで切っていた切り取り線が、くっきり見えるのだ。快適!ルーペ最高!
ドイツ製の高級スタンドルーペはさらに快適すぎて、超楽しくなってる。
ドイツ製の高級スタンドルーペはさらに快適すぎて、超楽しくなってる。
ドイツの精密機器メーカーWaldmann社が作ったスタンドルーペは、裏面にリング型のLEDライトがついており、やたらとモノが明るくくっきり見える。
レンズもフレネルではなく普通の凸レンズなので、視界がクリアだ。
あまりにもよく見えるので、バスのミニカーを意味もなく四方八方からがっつり見た。
あまりにもよく見えるので、バスのミニカーを意味もなく四方八方からがっつり見た。
スタンドアームを動かした時の追随性も良くて、「うわー、これ欲しい。これ買おう」と思って値段を見たら、69,090円だった。さすがに高い。

ちなみにこの手のアーム式のスタンドルーペ、工作などの作業用に使われる以外に、工場での検品や、まつげエクステをする人が愛用しているらしい。
なるほど、目元にこまかく毛を付け足していくあれは、なかなか精密作業だろう。
ヘッドルーペ、お店でも一番の売れ筋商品だとか。
ヘッドルーペ、お店でも一番の売れ筋商品だとか。
「スタンドルーペは、スタンド部が良いものだと値段が高くなりますね。きだてさんの使い方だと、ヘッドルーペもいいんじゃないでしょうか」

ヘッドルーペは、文字通り頭に装着するタイプのやつだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓