ちしきの金曜日 2016年7月1日
 

ヲタ芸を練習して地下アイドルのライブに参加してみた

!
「ヲタ芸を覚えて、アイドルのライブに参加したい!」

僕の好奇心を満たすために提案したことが、まさかこんな大掛かりな企画になるとは思わなかった。
大学中退→ニート→ママチャリ日本一周→webプログラマという経歴で、趣味でブログをやっていたら「おもしろ記事大賞」で賞をいただき、デイリーポータルZで記事を書かせてもらえるようになりました。嫌いな食べ物はプラスチック。
> 個人サイト ジャーニーとモアイとめがね

デイリーポータルZにも掲載されているが、僕はアイドルのライブに今年初めて行った。そのときの楽しさは今でも鮮明に思い出すことができる。

「後輩がアイドルになったのでライブに行って来た」

楽しかったのもそうだが、ファンの一体感に圧倒されたのも覚えている。ファンの方々を見ていて、僕も心から熱くなって応援したいとそのとき思った。
「アイドルの応援のやり方を覚えれば、もっとライブを楽しめるんじゃないか?」そう考え、今回ヲタ芸を勉強してみることにした。

この提案をしたら、ヲタ芸を教えてくれる先生を呼んでもらえることになり、さらにアイドルにも来てもらい、その場でライブを開催してもらえることになった。すごい!!

この企画をやれてよかったと心から思う。本当に楽しかった。週二くらいのペースでこの企画やりたい。
唯一の懸念点は、今度こそ地下アイドルの世界にどっぷりとハマりそうなことくらいだ。

そもそもヲタ芸とは

一般的なヲタ芸のイメージ
一般的なヲタ芸のイメージ
オタ芸(オタげい)とは、コンサートなどにおいて、ファンが繰り広げる、独特な動きを伴う踊りや掛け声のことである。文字通りアイドルオタクがコンサート・ライブでアイドルのために捧げる応援の芸(パフォーマンス)である。ヲタ芸(ヲタげい)とも記述される。語源について新語探検では「アイドルオタクの芸」の略としている。主にアイドルや声優などのイベントで行われている応援方法である。

オタ芸 - Wikipedia
そもそもヲタ芸と聞くと、たいていの人は「オタクがやる変な踊りでしょ?」くらいの認識しかないと思う。
僕も最初はそういった偏見があった。しかしこの動画を一瞬でも見てもらえれば、その考えは吹き飛ぶと思う。
見たらわかると思うがヲタ芸はカッコイイのである。エンターテイメントの域。僕も実際にヲタ芸を見たことがあるが、やっている人も実に楽しそうなのである。

アイドルとヲタ芸の先生の登場

ヲタ芸の練習とライブを行うために、当日はニフティの会議室をお借りした。
デイリーポータルZ編集長の林さんも、今回の企画に力を入れてくださり、前日にステージまで作ってくれていた。
ただしこのステージは「狭い」と指摘され使用しなかった。速攻で撤去された。
ただしこのステージは「狭い」と指摘され使用しなかった。速攻で撤去された。
今回ライブを行っていただくのは なちゅらリウム.vivid と Cheer Zelop! というアイドルグループ。高校生も何人かいるらしく、みんな若い。
Cheer Zelop!の松浦はる(左)と平松いのり(右)。4人グループだが、事情があって2人は欠席とのこと。
Cheer Zelop!の松浦はる(左)と平松いのり(右)。4人グループだが、事情があって2人は欠席とのこと。
なちゅらリウム.vividの南はな(左)、小谷さゆり(中)、山下未来(右)。
なちゅらリウム.vividの南はな(左)、小谷さゆり(中)、山下未来(右)。
平松いのりさんは高校の制服で来ていた。眩しい、これが若さか
平松いのりさんは高校の制服で来ていた。眩しい、これが若さか
そしてヲタ芸を教えてくれる先生は、見た目に強烈なインパクトがある ぴんきーさん。自身がアイドルオタクなのだが、アイドルのライブやイベントの司会を行っている。
今日の先生。一回見たら脳裏に焼き付くインパクト。今は「NEXT少女事件」というアイドルが推しらしい。
今日の先生。一回見たら脳裏に焼き付くインパクト。今は「NEXT少女事件」というアイドルが推しらしい。
会ったときに思わず二度見してしまうキャラの濃さ。おかっぱに紫めがねにスカート、、、アイドルよりも強烈に印象に残る。
足元もスカートという奇抜さ。でもなぜか不思議と似合っている。
足元もスカートという奇抜さ。でもなぜか不思議と似合っている。
さらに今回はアイドルに来てもらえただけでなく、協力していただいた株式会社リライブから、ライブTシャツももらった。すごくありがたい!というか単純にうれしい!!
Cheer Zelop!のライブTシャツ。ちょっとだけ気恥ずかしさがあって口元がにやける
Cheer Zelop!のライブTシャツ。ちょっとだけ気恥ずかしさがあって口元がにやける
この企画には、デイリーポータルZのライターも何名か参加してくれた。
ライブTシャツをみんなで着て準備も万全。早速ヲタ芸を学ぼう。
みんなでライブTシャツを着ると売れない劇団員のよう。「いつかビッグになろうぜ」とか飲み屋で言ってそう。多分一生売れない。
みんなでライブTシャツを着ると売れない劇団員のよう。「いつかビッグになろうぜ」とか飲み屋で言ってそう。多分一生売れない。

ぴんきーさんによるヲタ芸講座 〜基本の技〜

初めにヲタ芸にはどんな技があるのか、ぴんきーさんが説明してくれた。親切に技を一覧でまとめてくれていた。優しい。
ただ申し訳ないことに、この紙を見た瞬間、全員の頭に間違いなく「?」が浮かんだことだろう。技名を見ても、どんな動きをするものなのか、少しも想像できないのである。これ古文書?
まるでドラクエの復活の呪文を見せられているようである。一つもわからない。
まるでドラクエの復活の呪文を見せられているようである。一つもわからない。
とりあえず練習する技の中でも、簡単なものから教えてもらうことにした。
まずはPPPH
PPPHと聞いて、英語の略称なのかと思ったら「パン、パパン、ひゅ〜!」の頭文字をとっているだけらしい。微妙にダサい。
パン、パパンと手を叩いた後に口で「ひゅ〜」と言う。やってみると楽しい。
パン、パパンと手を叩いた後に口で「ひゅ〜」と言う。やってみると楽しい。
次はケチャ
両手を差しだす動作を繰り返し行う。アイドルに愛情表現を示す行為。
インドネシアで実際にケチャという祈りのようなものがあり、それが元ネタになっている。
サビの終りころや伴奏の静かになる場面でやることが多い。
サビの終りころや伴奏の静かになる場面でやることが多い。
そして一番有名であろうロマンス
身体を左右に揺さぶって激しく動く。テレビなどでオタクが出てくると、この動きがだいたい取り上げられていると思う。
思ってより速くて激しい。腕も真上にピンと伸ばす。
思ってより速くて激しい。腕も真上にピンと伸ばす。
他にも技は様々なものがあるのだが、今日教えてもらっているものは「古典的なヲタ芸」とのこと。ヲタ芸に古典的とかあるのか。奥が深い。

早速ぴんきーさんに合わせて、見よう見まねで簡単な技をやってみることになった。
手を叩いてみんなでくるくる回る
手を叩いてみんなでくるくる回る
なにこれ、、、
なんなんだよ、、、これ。
「ふっふ〜ふわふわ」という技をやっているところ。パントマイムではない。
「ふっふ〜ふわふわ」という技をやっているところ。パントマイムではない。
なんだよこれ、、、楽しいぃぃぃ!!
やっていると自然と笑顔がこぼれる。中学生の休み時間みたいに無邪気にはしゃいでしまう。
みんな自然と笑顔になる
みんな自然と笑顔になる
その他の有名な技

8の字
手拍子を左上、右上、左下、右下の順番にやり8の字を描く

ロザリオ
両腕をクロスさせて腕を振り下ろす

オーイング
「おーー(はい)!おーー(はい)!」と掛け声を出す。

イエッタイガー
サビの直前に「イエッタイガー!」と言って盛り上げる。ただし禁止している場所もある。

OAD
オーバーアクションドルフィンの略称。左右に身体を大きく振って手をたたく。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ