ちしきの金曜日 2016年7月8日
 

スクランブル交差点の外国人旅行客に交差点の魅力を聞きたい

!
近年、海外からの旅行客が増え、都市部で生活していると毎日多くの訪日外国人を見かけるようになった。彼らは楽しそうに写真を撮っていくが、そこで暮らす私達は見慣れてしまい、その場所の面白さだったり良さは忘れてしまう。

自分にとって、渋谷の「スクランブル交差点」はそんな場所のひとつだ。

初めて見た時は「テレビでよく見る場所だ!」と喜び写真を撮ったりしたはずなのに、今では「ただの交差点なのに、なんでみんなこんなに楽しそうに写真を撮っているのだろう!?」と思ってしまっていた。

結論を先に言ってしまうと、スクランブル交差点で写真を撮る外国人旅行客に話を聞いてみたら日本の良さ、そしてスクランブル交差点をはじめて見た時の気持ちを思い出すことができた。
1986年生。大人げない大人を目指し、日夜くだらないことを考えています。ちぷたそ名義でも活動しています。

!
渋谷と言えば世界的にも有名な巨大都市。新宿、池袋と並ぶ3大副都心の一つであり、そんな東京のランドマークでもあるスクランブル交差点は、1回の青信号で多い時には約3000人が通行するといわれているんだそうだ。

そんなスクランブル交差点は確かに日本の象徴として取りあげられることも多く、大掛かりな機材を用いて交差点を撮ってる人もよく見かける。

強力な助っ人

そんな外国人旅行客に話を聞いてみたいとは思っていたのだが、自分自身の英語力が拙すぎて気持ち的に踏み切れなかった。その英語力とは、旅行に行く際に飛行機で水を頼もうとしたとき、うまく発音できず喉の奥からやっとひねり出した「water」の発音があまりにひどく、家族に「ヘレンケラーかよ!」とつっこまれたレベル。訪日外国人に話を聞くなんてとんでもない……と思っていたところ、今回助っ人を紹介していただき実現することに。英語パーソナルトレーナーのmeglishさんだ!
白がまぶしいmeglishさん
白がまぶしいmeglishさん
meglishさん(@megleam)は英語を教える講師であり、執筆家でもある。笑う英語トレーナーというだけあり太陽のように明るく、今日に合わせてノリノリでアメリカTシャツを合わせてきてくれた。なんて頼もしいんだ……!
スクランブル交差点を張り込みます
スクランブル交差点を張り込みます
撮影日は梅雨の時期ながら快晴のいいお天気。スクランブル交差点日和ではないか! さてさて、今日は交差点の写真撮っている人はいるのだろうか……?

スクランブル交差点を撮影する旅行客を探す

!
おーいるいる。
!
渡りながら撮影している人も!
!
自撮り棒を持っている人は浮かれ度が高い!
!
中央分離帯はスクランブル交差点を撮影するスポットとして人気が高いらしく、入れ替わり立ち代わり撮影してる人が変わる。
!
あまりにも楽しそうなので自分でも動画を撮ってみたのがこれだ。ああ確かに楽しいぞ……。例えるなら、アリの巣をアリが出たり入ってるのをいつまでも見ていられる感覚に近いかもしれない。いつまでも見ていられる……。

話を聞いてみよう

スクランブル交差点の写真を撮っている訪日外国人は旅行中ということもあり、割と浮かれ度が高い。ちょっと話を聞いてみよう。
!
用意した質問案はこちらだ。旅行中の楽しいひとときを少しばかしお時間をいただくことに敬意を払いつつ、キャッチしていく。英語での声掛け及び翻訳はmeglishさんがガンガン行ってくださった。

1組目【台湾】
!
まずは台湾から来たという2人組。スクランブル交差点は映画で見て、来てみたかったという。
!
スクランブル交差点が出てくる映画で世界的に一番有名なのはロスト・イン・トランスレーション(ソフィア・コッポラ監督/2003年)という映画らしい。外国人の目から見た日本(東京)の映像作品に影響を与えている作品だ。
Lost in Translation (2003) - Official Trailer
日本で良かったものを教えてください、という質問に「people」と返ってきたときは自分のことを言われたように嬉しくなってしまった。
浮かれて一緒に写る
浮かれて一緒に写る
ありがとうございました!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓