フェティッシュの火曜日 2016年7月5日
 

すべての時代の道が残る「宇津ノ谷峠」が凄い

平安時代と江戸時代の古道、および明治・大正・昭和・平成のトンネルが残る峠があるのです
平安時代と江戸時代の古道、および明治・大正・昭和・平成のトンネルが残る峠があるのです
静岡県静岡市と藤枝市の境に「宇津ノ谷(うつのや)峠」が存在する。

かつての主要街道である旧東海道にあたり、現在は国道一号線が通るその山塊には、古代から中世、近世、明治、戦前、戦後、平成に築かれた各時代の道がすべて残っているのである。

古い道というのはその後の時代に上書きされてしまいがちだ。各時代の道が今もなお全部現存するって、ちょっと、いやかなり凄いことなんですよ。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「思い出の狭隘トンネルを探しに伊勢志摩へ」
人気記事:「日本一危険な神社に参拝したかった」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

各時代の道路が交錯する宇津ノ谷峠

とにもかくにも、まずは下のGoogleMapをご覧いただきたい。宇津ノ谷峠における、各時代の東海道を示したルート図である。

それぞれ時代が古いものから――
緑色:古代〜中世(平安〜安土桃山時代)
橙色:近世(江戸時代)
赤色:近代(明治時代)
紫色:戦前(大正時代〜昭和初期)
水色:戦後(昭和中期)
紺色:平成
――に築かれた道だ。
各時代のルート変遷をざっくり説明すると、まず平安時代に山道が切り拓かれ、主要街道として使用されるようになった(緑色のルート)。

安土桃山時代の天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐の際に新たなルートが開拓され、江戸時代に東海道として整備された(橙色のルート)。

明治時代に入ると馬車や人力車が通るための緩やかな勾配のジグザグ道が築かれ、峠の部分にはトンネルが掘られている(赤色のルート)。また大正時代から昭和初期にかけては自動車に対応した規格の道路とトンネルが築かれた(紫色のルート)。

戦後になると山を貫く近代的な2車線のトンネルが掘られ(水色のルート)、平成に入ってからは同じく2車線のトンネルが並行して築かれた(紺色のルート)。この二つのトンネルは、現在それぞれ国道一号線の上り車線と下り車線として利用されている。
昭和34年(1959年)に開通した新宇津ノ谷隧道 (昭和第二トンネル)
平成10年(1998年)に開通した平成宇津ノ谷トンネル
ストリートビューでの紹介で恐縮だが、現役の国道一号線であるこれら二つのトンネルは、どこにでもあるような現代のトンネルなので(とはいえ、戦後まもなくのトンネルでこの規模は凄いのだが)、割愛させていただく。

現代の道路が山をトンネルで一直線状にぶち抜くのに対し、昔の道は地形に対応しつつその時々の土木技術をもって築かれてきた。各時代ごとに人々はどのような道を通ってきたのか、実際に歩いて確認してみようではないか。

まずは古代から中世にかけて使われていた、現在は「蔦の細道」と呼ばれている峠道だ。
「蔦の細道」の入口は、静岡市側にある道の駅のすぐ側だ(立札もあり分かりやすい)
「蔦の細道」の入口は、静岡市側にある道の駅のすぐ側だ(立札もあり分かりやすい)
割と平坦な道を進んでいくと――
割と平坦な道を進んでいくと――
程なくして木々に囲まれた山道となる
程なくして木々に囲まれた山道となる
この道は古くより「宇津の山越え」として知られており、平安時代初期の『伊勢物語』においても歌人の在原業平(ありわらのなりひら)がこの道について「蔦が生い茂る暗くて心細い細道」と記している。そのことから「蔦の下道」とも称され、文人墨客に親しまれていたそうだ。

実際に歩いてみると確かに細い山道なのだが、思っていたよりは歩きやすい。いや、歩きやすいルートだからこそ、主要道として使われるようになったのだろうが。
沢沿いの道なので確かに湿気がある、昔は広葉樹林でもっと鬱蒼としていたのだろう
沢沿いの道なので確かに湿気がある、昔は広葉樹林でもっと鬱蒼としていたのだろう
二本の沢に囲まれた道のえぐれ具合に歴史を感じる
二本の沢に囲まれた道のえぐれ具合に歴史を感じる
水が湧く地点を越えると、湿気がなくなりカラッと明るい道になった
水が湧く地点を越えると、湿気がなくなりカラッと明るい道になった
歩き始めて10分強で峠に到着だ
歩き始めて10分強で峠に到着だ
峠からは富士山が見えるらしいが、残念ながら曇に隠れていた
峠からは富士山が見えるらしいが、残念ながら曇に隠れていた
まぁ、なんていうか、至って普通の山道である。最後の辺りはそれなりに傾斜がきつくなったりもしたが、それでも距離的にさほどでもなく、くたびれるという感じではない。

とはいえ、それは車両が使える現在だからの話であって、かつてはほとんどの行程が歩き旅だったのだ。比較的平坦な東海道をはるばる歩いてきた中で挑むこの峠道は、ちょっとした中ボスのような存在だったことだろう。

ちなみに在原業平はこの峠道で顔見知りの修行者に会い、京への文を託したという。また鎌倉時代に阿仏尼(あぶつに)が記した『十六夜日記』においても、この峠道で知り合いの山伏と再会している。

人の多い町中では知人がいても知らずにすれ違ってしまいそうなものだが、この細い山道ならば確実に顔を合わせることになるだろう。旅人にとって、峠道とは再会の場なのかもしれない。
現在は歩く人も少ないこの峠道、特に誰とも会うことなく下る
現在は歩く人も少ないこの峠道、特に誰とも会うことなく下る
ミカン畑の脇を抜けていくと――
ミカン畑の脇を抜けていくと――
路肩に「猫石」なる岩があった
路肩に「猫石」なる岩があった
猫石という名の割には角ばっていてあまり猫っぽくない。気になったので調べてみると、なんでもこの岩は、かつて老婆に化けて人に害をなしていた山猫のなれの果てだという。

うーん、まぁ、頭が尖っていることを除けば、香箱座りしている猫に見えなくもない……か? あるいは風化で形が変わっただけで、伝承が生まれた当時はちゃんと猫っぽい形だったのかもしれないが。

いずれにせよ、路肩の岩にすら伝承が残るこの道は、それだけ長い歴史を辿ってきたということだ。
いつの時代のものだろうか、石畳が敷かれていて雰囲気出てる
いつの時代のものだろうか、石畳が敷かれていて雰囲気出てる
石積みで整地された平場も見られる。かつては建物があったのだろう
石積みで整地された平場も見られる。かつては建物があったのだろう
さらに下っていくと、石畳が崩れたのだろうか、岩がごろごろで少々歩きづらい
さらに下っていくと、石畳が崩れたのだろうか、岩がごろごろで少々歩きづらい
坂を下り切ったところで未舗装路は終わった。こちら側の入口には立派な石碑が
坂を下り切ったところで未舗装路は終わった。こちら側の入口には立派な石碑が
距離にして1km程度、およそ20分くらいで峠道を抜けることができた。ここからは木和田川沿いを通るアスファルトの道路を歩いていく。
公園として整備されている道路の傍らには、古い家屋が見られる
公園として整備されている道路の傍らには、古い家屋が見られる
石積みで築かれた砂防ダムもあった
石積みで築かれた砂防ダムもあった
なんでもこの砂防ダムは「兜堰堤」と呼ばれ、大正元年(1912年)頃のものだという。明治43年(1910年)に豪雨によって土石流が発生して多大な被害が出たとのことで、オランダ人技術者の指導のもと地元の石工たちによって築かれたのだそうだ。

組み上げられた石積みも見事だが、石の凹凸によって流れる水が波立ち、なかなかに風流なたたずまいである。

思いがけぬところで遭遇した古い砂防ダムにウキウキ気分で進んでいくと、道路の脇から山へと続いていく未舗装路が現れた。
「蔦の細道」に代わって開拓された、近世の東海道である
「蔦の細道」に代わって開拓された、近世の東海道である

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓