フェティッシュの火曜日 2016年7月5日
 

ビーフジャーキー節でだしを取るとおいしい

かつお節削り器で色々なものを削ることにした夏の日の話。
かつお節削り器で色々なものを削ることにした夏の日の話。
家の整理をしてみたらクールでホットな機械を発見した。
見た目にはわからなかったが、これがなんとかつお節削り器だというのだ。

ビビットでナウい色が好奇心をかき立てる。
この機械で、かつお節以外を削ってみたい。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。

かつお節削り器登場

もしかしたら、かつお削り器というものを知らない人がいるかもしれない。元々、実家には大工の方が使う、かんな削りのようなかつお節削り器があった。探したけど、どこかに行ってしまったので、「OKグーグル」とスマホに向かって言ってみた。きっと見つかるだろう。(もしくはsiriで)
家で見つかったのはこちらの削り器。色がおしゃれなので、原宿で持ち歩いていたらきっと色んな人が見てくるだろう。
見つかったのはこちらの削り器。色がおしゃれなので、原宿で持ち歩いていたらきっと色んな人が見てくるだろう。
「オカカ」と書いてあるので、かつお節を削る道具だと誰が見てもわかる。やさしさにあふれている。
「オカカ」と書いてあるので、かつお節を削る道具だと誰が見てもわかる。やさしさにあふれている。
使い方もとてもシンプルである。かつお節を固定して、ハンドルを回せばいいだけなのだ。
上の歯で固定して、
上の歯で固定して、
ハンドルを回すと、下の刃部分が回転して削ってくれる。使いやすい。
ハンドルを回すと、下の刃部分が回転して削ってくれる。使いやすい。
昔は、かんなのようなかつお節削り器を使っていた。
しかしこれなら、削るものを固定すれば、ハンドルを回すだけでかつお節が削れるのだ。

この進化、洗濯板から手動洗濯機になる流れと似ている。次は全自動だ。さすがに全自動はないと思っていたが探したらあった。我々は未来に生きているということをかつお節から教えられた。

実際に削ってみよう

水戸黄門の印ろうの気持ち。
水戸黄門の印ろうの気持ち。
では実際に削ってみよう。今回削るのは、かつお節削り器と同時に出てきたかつお節だ。匂いはかつお節なので腐っていないと思う。あまり腐ることはないらしい。
食い込ませ方がうまくいかないと削れないので注意。
食い込ませ方がうまくいかないと削れないので注意。
日常であった怒りや不満を力にしてハンドルを回す。
日常であった怒りや不満を力にしてハンドルを回す。
削れるとこんな感じ。少し細かいかもしれない。
削れるとこんな感じ。少し細かいかもしれない。
実際に削ってみると、削る手ごたえと、たまっていくかつお節を見るのが楽しい。厚さがあれば、何でも削れそうである。削れそうなものを試しに何個か買ってきて試してみた。

鮭とば節を作ってみた

かつお節は極端に言えば、乾燥させたかつおである。それならば、他の乾きものでもできるのではないだろうか。そこで買ってきたのが鮭とばである。
お酒のおつまみでおなじみ。味付けした鮭を干して作る。
お酒のおつまみでおなじみ。味付けした鮭を干して作る。
厚さも十分にある。
厚さも十分にある。
鮭とばは干した鮭である。これならかつお節みたいに削れるのではないか。
何回か試した結果、結構な量を入れた方が削りやすい。
何回か試した結果、結構な量を入れた方が削りやすい。
1個だけだと、うまく削ることができなかった。大量に入れると手ごたえを感じる。うまく削れているようである。
途中、犬の首輪が外されてこっちに来たなと思いながら回す。
途中、犬の首輪が外されてこっちに来たなと思いながら回す。
鮭とば節がこの世に生まれた。
鮭とば節がこの世に生まれた。
位置を調整しながら20分ほど削ると、大量の鮭とば節を作ることができた。削ったものはケースに落ちるようになっており、引き出しになっている。
開けると鮭とばのにおいが漂ってくる。削った分、香りが強い気がする。
あんなにあった鮭とばがこんなに少なくなっていた。
あんなにあった鮭とばがこんなに少なくなっていた。
鮭とばの味がする削り節だ。
鮭とばの味がする削り節だ。
食べてみると、フワッとしているのに塩辛さも感じられ、不思議な感じだ。口の中に張り付く感じはかつお節のようである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓