ひらめきの月曜日 2016年7月11日
 

タキシードを着たパンダを背負ったカミキリムシ

たしかにタキシードを着たパンダだ!
たしかにタキシードを着たパンダだ!
ツイッターにタキシードを着たパンダの画像が流れてくることがある。そのパンダとはサンリオの新キャラクターとかではなく、カミキリムシの模様なのだ。

模様の個体差でたまたまパンダにみえるだけなんじゃないかと疑っていたのだが、実際に観察してみるとどれも確かにパンダだった。あるいはガイコツか宇宙人。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「HOW TO キッス(KISS)顔」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

ラミーカミキリを求めて高尾山へ

パンダ柄の模様を持つカミキリムシの名前は、ラミーカミキリ。ラミーというのは繊維(苧麻)をとるために海外(中国?)から導入されたといわれている多年草。そのラミーと一緒に移入してきたからラミーカミキリ。

もっとも古い記録は1873年らしいので、100年以上前にやってきた伝統ある外来種だ。中国からだけにパンダ柄なのだろうか。

西日本では普通に見られる種であり、近年では西東京あたりまで生息域を広げているとウィキペディアに書かれていた。埼玉育ちの私が見たことないのはそういう理由か。
パンダ柄のカミキリを探しに高尾山までやってきました。
パンダ柄のカミキリを探しに高尾山までやってきました。
都内にいるなら探してみようかなと思ったが、いやでもウィキペデアを盲信してはいけないぞと虫関係の著書が多数ある丸山宗利さんに確認したところ、高尾山とか奥多摩なら普通にいるそうで、食草であるラミーやカラムシといったイラクサの仲間を探せば見つけられるのではとのこと。

観察する時間帯は午前中がオススメらしい。ならばと始発電車でやってきたのは高尾山口駅。どうせ歩き回るなら17年振りに高尾山でも登ってみようかと思ったわけだ。
もし見つからなかったら高尾山でビールを飲んで帰ろうか。
もし見つからなかったら高尾山でビールを飲んで帰ろうか。
さらに駅前に温泉もある。そりゃ高尾山は人気高いよなと実感。
さらに駅前に温泉もある。そりゃ高尾山は人気高いよなと実感。
もしラミーカミキリを見つけられなかったら、高尾山登山入門の記事でも書こうかな。

食草のラミーはたくさん生えている

高尾山を登るには様々なコースがあるのだが、どこのルートにラミーがたくさん生えていて、お目当てのラミーカミキリがいるのかなんて全く分からなかったので、あてずっぽうで登ってみるしかない。

事前にしっかり調べれば、ピンポイントでラミーカミキリのよく見られる場所がわかるかもしれないが、それはそれでつまらないという面倒臭い男心。
こういう看板にラミーカミキリの表示はないみたいですね。
こういう看板にラミーカミキリの表示はないみたいですね。
楳図かずおの描いたような鳴き声のセミ。
楳図かずおの描いたような鳴き声のセミ。
食草であるイラクサの仲間を探しながら適当な登山道を歩いていると、探すまでもなく道端にそれっぽい草がポツポツと生えていた。

これがラミーなのかイラクサなのかカラムシなのかはよくわからないのだが、たぶん吉野家と松屋とすき家くらいの差。きっとこれらがラミーカミキリの食草なのだろう。
これがラミーカミキリの名前の由来であるラミーじゃないかな。確認しようとラミーで画像検索したらボールペンばっかりでてきてイラっとした。
これがラミーカミキリの名前の由来であるラミーじゃないかな。確認しようとラミーで画像検索したらボールペンばっかりでてきてイラっとした。
ところで余談だけど、この日のためにマクロレンズを用意したのだが、望遠にもなってお得そうな安いのを適当に購入したところ、ピントの合う距離が95センチと遠くて驚いた。

カメラのレンズ選びって難しいですね。手持ちだとすげー手振れする。虫撮りには間違ったの買っちゃったかな。
このレンズ、対象物から1メートル離れてないとピントが合わないのかー。
このレンズ、対象物から1メートル離れてないとピントが合わないのかー。
まあラミーさんが近くにいたらコンデジで撮るからいいんだけどね!
まあラミーさんが近くにいたらコンデジで撮るからいいんだけどね!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓