ちしきの金曜日 2016年7月15日
 

一戸から九戸まで「へ」を全て巡る

一戸から九戸を巡ります!
一戸から九戸を巡ります!
岩手県と青森県に1から9までの「へ」が存在する。漢字で書くと「戸」である。一戸、二戸、三戸、五戸、六戸、七戸、八戸、九戸という地名があるのだ。ちなみに四戸はない。

そんな「戸」には何か違いがあるのだろうか。あるいは「戸」に住む人は、違う「戸」にライバル意識があるのだろうか。ということで、実際に一戸から九戸までを巡ってみようと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。

前の記事:「スマホを川の向こうの人に濡らさずに届ける方法」
人気記事:「一人で女子とカフェデートしている写真を撮る方法」

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

へのある街

たとえば午前1時と午前9時では、明るさや街の活気などが異なる。1歳と9歳もやはり成長具合が全然違う。数字が違うと全く違う印象を受けるのだ。数字により様々な変化があるのだ。
3歳と30歳も全然違う
3歳と30歳も全然違う
では、街はどうなのだろう。一の街と九の街では違うのだろうか。そんなことを思っていたら丁度良いものが存在した。一戸から九戸だ。岩手と青森あたりに存在する地域で、一から九までが存在する。ぜひ回って、数字による街の違いを観察しようと思う。
ということで、全てを巡ります!

パンの街「一戸」

まずは一戸を訪れた。一戸は岩手県にある。厳密に書くと「岩手県二戸郡一戸町」。二戸郡に一戸があるのだ。桜がバラ科みたいなことだと思う。ただ一戸に二戸の風は感じなかった。一戸という表記がいっぱいだからだ。
一戸町役場
一戸町役場
町章
町章
町のキャッチコピーは「白と緑のエッセイ」。オシャレである。青山辺りの本屋で売っていそうなエッセイだ。いわて銀河鉄道が走っており「一戸駅」もある。現在は工事中だったけれど、駅にはコンビニもあった。
一戸駅
一戸駅
駅前の通り
駅前の通り
一戸名物の「かりんとう」
一戸名物の「かりんとう」
一戸は「一野辺製パン」の本社工場もある。パンの街と言ってもいいかもしれない。一野辺製パンは一戸だけではなく、青森や岩手のスーパーに行けば普通に売っているパンだ。一戸には本社工場もあるので直売場もある。イナリとかも売っていてパンだけじゃないと知った。
直売所
直売所
いろんなパンもあるけど、
いろんなパンもあるけど、
パン以外もあった
パン以外もあった

九戸城があるぞ「「二戸」

一戸を後にして二戸に向かった。二戸も岩手県だ。一戸と違い二戸は「市」。二戸市なのだ。街に出るとお店も多く、人も多かった。二戸駅は新幹線が停まる駅だ。大きいのだ。一より二の方が大きいように二戸もまたそうなのだ。
二戸市役所!
二戸市役所!
市章
市章
駅も大きい
駅も大きい
二戸には城跡もある。「九戸城跡」。ちょっと待って、となる。ごちゃごちゃで吐いちゃいそうだ。一戸は二戸郡にあり、九戸城跡は二戸にあるのだ。数字がごちゃごちゃである。でも、あるのだから仕方がない。
二戸にある九戸城跡
二戸にある九戸城跡
広い!
広い!
九戸城については次のページでおそらく謎が解ける。また二戸は短角牛の生産も盛んだ。牛なのだ。美味しいやつだ。街を歩けば短角牛の文字が躍っていた。一戸はかりんとうとパン、二戸は牛。それぞれに名物があるのだ。値段も異なるのだ。
短角牛!
短角牛!
お金がなかったので食べずに、次に行きます!
お金がなかったので食べずに、次に行きます!

11ぴきのねこ「三戸」

三戸にやってきた。三戸からは青森県となる。青森県三戸郡三戸町。分かりやすい。三戸郡で三戸町だ。数学が苦手だったので、二戸郡一戸町とか、二戸市に九戸城となると戸惑うけれど、三戸郡三戸町は実にわかりやすい。
三戸町役場
三戸町役場
町章
町章
役場が綺麗だ。これが岩手と青森の違いなのだろうか。三戸は絵本「11ぴきのねこ」の著者「馬場のぼる」さんの生まれた場所で、11ぴきのねこで街作りをしているようだ。街のあちこちに11ぴきのねこの銅像があるのだ。
こういうのがたくさんある!
こういうのがたくさんある!
街並みは古く、昔は城下町だったんだろうな、と感じる。それは正解で三戸城跡も存在する。やっぱり分かりやすい。三戸に三戸城があるのだ。安心感がある。また三戸は「串もち」が名物らしい。おそらくビーフンと同じレベルの日常の食べ物だと思われる。
串もちがビーフンと同じ並びにあった
串もちがビーフンと同じ並びにあった
三戸駅もある(青い森鉄道の駅)
三戸駅もある(青い森鉄道の駅)

南部鉄道があったぞ「五戸」

順番的には次は「四戸」ということになる。ただこれがないのだ。歴史的には「あった」という説が有力だけれど、今はなく、またどこにあったのかも定かではない。ただ一戸から順番に回っている私としては、ラッキーだった。夕暮れが迫っているのだ。
ということで、五戸町役場です!
ということで、五戸町役場です!
町章
町章
青森は分かりやすいと思っていたけれど、ここに来てややこしさが戻ってきた。五戸は「青森県三戸郡五戸町」なのだ。もっとも三戸駅も三戸郡にはあるけれど、三戸町ではなく、南部町にある。数学で「x」の存在が出てきた時、こんな気持ちだった。
そして、五戸駅は、
そして、五戸駅は、
バス停です!
バス停です!
五戸には「五戸駅前」というバス停が存在するけれど、鉄道の駅はない。かつて五戸には八戸まで「南部鉄道」が走っていた。ただ1969年に廃止となり、現在は南部鉄道は南部バスとして、バス専業の会社となっている。
かつては駅があった
かつては駅があった
街自体も大きく、イメージ的には祖母の家ではなく、実家のある街に近い感じの規模だった。スーパーではマグロの解体ショーをしていた。海のない五戸で。そこは青森の血なのかもしれない。大間があるから。そのマグロは境港のマグロだったけれど。
マグロの解体ショーをしていた
マグロの解体ショーをしていた

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓