土曜ワイド工場 2016年7月16日
 

【忍者・鉄道・男の娘】秋葉原の変わったメイド喫茶に行ってみた

!
僕は今回「秋葉原のメイド喫茶に行ってみた」という記事を書こうと思っていた。しかし、秋葉原のお店を調べてみると、おもしろいコンセプトの尖ったお店がたくさんあった。

海賊、忍者、鉄道、軍隊、女装、ぽっちゃり、和装、マーメイド、、、

調べてみたら僕の好奇心は「変わったコンセプトのお店に行ってみたい」という風に変化していた。
ということで、秋葉原にしかないだろう尖ったお店に行ってみることにした。
大学中退→ニート→ママチャリ日本一周→webプログラマという経歴で、趣味でブログをやっていたら「おもしろ記事大賞」で賞をいただき、デイリーポータルZで記事を書かせてもらえるようになりました。嫌いな食べ物はプラスチック。

前の記事:「ヲタ芸を練習して地下アイドルのライブに参加してみた」
人気記事:「後輩が地下アイドルになったのでライブに行ってきた」

> 個人サイト ジャーニーとモアイとめがね

秋葉原に行こう

他の街にはない独特な空気感がたまらない秋葉原
他の街にはない独特な空気感がたまらない秋葉原
秋葉原にはたくさんのメイド喫茶がひしめきあっている。冒頭で上げたように、変わったコンセプトのお店も数多く存在する。
調べてみて行きたいお店はたくさんあったけれど、今回は特に気になった「忍者」・「鉄道」・「男の娘」という3つのコンセプトのお店に行ってみることにした。

どれも未知の世界すぎてちょっと怖い。特に「男の娘」は魔界並に未知すぎる。
1. 秋葉原忍忍屋敷 『不忍カフェ』
1. 秋葉原忍忍屋敷 『不忍カフェ』
2. 鉄道居酒屋『LittleTGV』
2. 鉄道居酒屋『LittleTGV』
3. 男の娘カフェ&バー 『NEW TYPE』
3. 男の娘カフェ&バー 『NEW TYPE』

瓦割りのパフォーマンス!?「秋葉原忍忍屋敷 不忍カフェ」

1軒目は「忍者」のお店
1軒目は「忍者」のお店
まず初めに行ったのは、忍者がテーマの「不忍カフェ」。不忍と書いて「しのばず」と読むらしい。
店舗の外ではチラシを配っている忍者もいた。たしかに全然忍んでいない。
店舗の外ではチラシを配っている忍者もいた。たしかに全然忍んでいない。
やっぱり入店する前は緊張する。
今日は取材で来ているから女の子が出てきても、にやけないように気をつけなければ。今日は仕事だ、遊びじゃない。
いざ入店
いざ入店
「お殿様のおな〜り〜」
だめだ。やっぱり気恥ずかしくて笑ってしまった。
だめだ。やっぱり気恥ずかしくて笑ってしまった。
メイド喫茶ではお客さんのことを「ご主人様」と呼ぶが、忍ばずカフェでは「お殿様」や「殿」と呼ぶ。偉くなった気がして、呼ばれると気持ち良い。

また忍者はみんなマスクをしているので素顔は見ることができない。
「口上」という自己紹介のコースなどを頼むと、素顔が見ることができる。マスクって素顔が見てみたくなる魅力があるよなー。
くないを構える「みお」さん。
くないを構える「みお」さん。
まだ忍者になったばかりの「ひかり」さん。
まだ忍者になったばかりの「ひかり」さん。
頭に巻いている金属のプレートによって、その忍者のランクがわかる。
銀のプレート→銀のプレートと紋章→金のプレート
という順番に下忍から上忍へとランクが上がっていくらしい。凝っているなー、おもしろい。
右のあいかさんがつけているのが、一番下のランクの銀のプレート。左の玲央さんがつけているのが銀のプレート+紋章。
右のあいかさんがつけているのが、一番下のランクの銀のプレート。左の玲央さんがつけているのが銀のプレート+紋章。
店内は横並びで席がずらっと並んでおり、奥には団体客用の席もある。ステージも設置されており、忍者によるライブパフォーマンスも見られるとのこと。本当に全く忍んでないな。
横並びでズラッと並ぶ席。座れば速攻であなたも殿様。
横並びでズラッと並ぶ席。座れば速攻であなたも殿様。
団体客用の席。いとをかし。
団体客用の席。いとをかし。

さっそく注文してみよう

お店で何が人気なのか知りたかったので、オススメを聞いみることにした。
秋葉原のメイド喫茶のようなタイプのお店では、事前にメニューやルールを説明してくれるところが多いので、初めてでも安心。
秋葉原のメイド喫茶のようなタイプのお店では、事前にメニューやルールを説明してくれるところが多いので、初めてでも安心。
ここのお店のオススメって何かありますか?
飲み物だったら「忍忍カクテル」がおすすめでござるよ。
あとは忍者ちゃんたちが歌って踊るライブパフォーマンスや、瓦割りもできるでござる!
瓦割り!!
なにそれ見たい!絶対注文する!
ということで迷うこと無く「瓦割り」をお願いした。
他にもおすすめされた忍忍カクテルと食事も注文。うおー楽しみ!
というか瓦割り自体が人生で初めて見る。

みんなで楽しい「忍忍カクテル」

注文を終えて楽しく忍者達と話していると、まずは食事が運ばれてきた。ハンバーガーと瓦そばだ。
山口県の郷土料理の瓦そば。まさか郷土料理が食べられるとは。
山口県の郷土料理の瓦そば。まさか郷土料理が食べられるとは。
このハンバーガーはボリュームもあるし、本当においしかった
このハンバーガーはボリュームもあるし、本当においしかった
そしておすすめしてもらった「忍忍カクテル」もきた。忍忍カクテルはただ飲むだけでなく一緒にやることがあるらしい。
殿、これが忍忍カクテルでござる。
これから拙者が「ニンニン」と言うので、手をだして殿も「ニンニン」と言ってくだされ。
手を出して「ニンニン」、、、
カクテルを降っておいしくする忍術でござる
では行くでござるよ?
おお、緊張する、、、、
ニンニン!
ニンニン!
ニンニン!!
ニンニン!!
わーーーーーーーー
わーーーーーーーー
ちょっと恥ずかしいけど、こういのやっぱり楽しい!!
お店来たらやっぱりこういう体験しておかないとね。
バーテンダーがカクテル振るのと同じ要領で「ニンニン」と忍術をやっているようだ。
バーテンダーがカクテル振るのと同じ要領で「ニンニン」と忍術をやっているようだ。

迫力がすごい瓦割

食事もひとしきり食べ終えたところで、ステージ上に瓦が登場した。いよいよ瓦割りが始まる。
近くでみると硬そうだ。女の子が挑戦して割れるのか心配になる
近くでみると硬そうだ。女の子が挑戦して割れるのか心配になる
ステージに二人が立つと音楽が流れはじめた。なぜか北斗の拳だ。忍者とまったく関係がないのは気にしないようにしよう。
手を叩いて応援するも、なぜか僕が緊張してきた。本当に女の子が割れるのかとハラハラしてしまう。
いよいよ始まる!!
いよいよ始まる!!
精神を集中させて、、、いざ!!
精神を集中させて、、、いざ!!
セイ!!!!!!!!!!!
セイ!!!!!!!!!!!
見事に粉砕!割った後の立ち姿がカッコよすぎる!!
見事に粉砕!割った後の立ち姿がカッコよすぎる!!
さすが忍者!!驚きすぎて、ただただ笑うことしか出来なかった。迫力がすごい。なにより女の子が瓦を割る姿は衝撃的すぎた。
驚きすぎてもう笑うしかない
驚きすぎてもう笑うしかない
瓦割りが終わったあとは、割った瓦にメッセージを入れてもらうことができる。
今後の人生で「女の子から瓦をもらう」ってシチュエーションが二度とないだろう。というかあったとしたらどんな状況だよ。
けっこう重量がある。これを割ったのかと思うと改めて驚く
けっこう重量がある。これを割ったのかと思うと改めて驚く
食事も美味しいし、忍忍カクテルも楽しいし、瓦割りも迫力満天ですごかった。
最終的には、本当に殿様気分で楽しめました。
よいではないか。よいではないか。完全にバカ殿。
よいではないか。よいではないか。完全にバカ殿。
お店には外国人のお客さんも多くくるらしい。たしかに外国の方は忍者好きな人多いし、こういったパフォーマンスがあるお店も中々ないから喜ばれそう。
なにより都内にあるから、アクセスもよくて滞在日数が短い旅行者も連れてきやすいしね。
帰りは火打ち石で送ってくれる。最後まで楽しい。
帰りは火打ち石で送ってくれる。最後まで楽しい。
秋葉原忍忍屋敷 不忍カフェ
http://shinobazu-cafe.com/

TEL
03-5207-2828

住所
〒101-0021 東京都千代田区1-5-7 宝ビル 2F(JR秋葉原駅 電気街口より徒歩7分)

営業時間
[平日]15時00分〜22時00分
[土日祝]15時00分〜22時00分
(ラストオーダー:忍務時間終了の30分前)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓