とくべつ企画:「上京して驚いたこと」を確かめる 2016年7月22日
 

広島のもやしはガス喰わしてないから細いのだ

細もやしの謎を解き明かしてきました。
細もやしの謎を解き明かしてきました。
広島のもやしは細い。あと、食感がなんかショリショリしてて優しい。
それ以外の地域のもやしは太くてポリッとしてる。
これはちゃんと地域性のある話で、広島・山口辺りと全国のそれ以外の地域ではっきりもやしの直径が違うらしい。

あと、それとは別ルートで「なんか変なパッケージのもやしがある」という話も入ってきた。
なんか要素多くなってきたぞ。これは実際に広島に確かめに行かないと。

※この記事はとくべつ企画、「『上京して驚いたこと』を確かめる」のなかの1本です。

読者の方からいただいた、上京して驚いたことの投稿をライターが現地へ行ってたしかめます。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。

前の記事:「集中線カレンダー!夏の文房具フェス2016」
人気記事:「夏休みの宿題で作った文房具図鑑がすごい」

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

東京のもやしはでかい

広島から東京に引っ越された方の気付きが、こちらである。
もやしが太いこと。

引っ越してしばらくは、近所のスーパーで「なんでこんな高級げなもやししか売ってないんだろう?」と思っていました。

東京に住んで9年ですが、今のほうがもやし好きです。
太いほうが高級っぽいので。

みやも(広島→東京)さん
実は僕の父親が広島出身なので、言われてみれば幼少の里帰りの記憶になんとなく「細くてショリショリしたもやし」の記憶がある。
いつも食べてるもやしとはちょっと違う、歯に挟まりやすいもやしだ。

あともうひとつ、こちらは読者投稿ではなくて、当サイトWEBマスター林さんが去年の9月に取材先の広島からツイートしていたもの。
確かにツイートせずにはおれないオーラのあるもやし。
確かにツイートせずにはおれないオーラのあるもやし。
『広島ブラックマッペくん』と言うもやし。なるほど、もやしが細くて、かつ、パッケージがおかしい。
広島のもやし事情がなにか他地域と違うということは理解できた。

広島のもやし、確かに細い

ということで、広島に来てみた。
本来ならこういう記事っぽく、広島らしく路面電車の走ってる風景写真の一つでも挟みたいところだが、そんなものは撮影していない。
広島に着くなり、即座にもやしの市場調査である。
このもやしはどうだ?
このもやしはどうだ?
細い!
細い!
もやし売り場で一番大きく場所をとっていたもやし、確かに細い。
このスーパーでは3種類のもやしが売られていたが、細もやし2に対して太もやしが1。太もやしが売ってないわけではないが、あきらかに劣勢を強いられている。
あのパッケージは…!
あのパッケージは…!
さらに数軒のスーパーを回って、ついにあのパッケージの怪もやしも発見した。
密集してると、とにかく圧力がすごい。
いま、この棚から溢れ出したブラックマッペくんが「うまみOK」「うまみOK」「うまみOK…」と呟きながら人類への侵攻を始めたとしたら、おそらく僕にそれを止める力はない。
ホラー映画とかでまず最初にひどいやられ方で死ぬ人だ、僕。
こわいので、とにかく一袋だけ買ってホテルに帰った。
こわいので、とにかく一袋だけ買ってホテルに帰った。
ブラックマッペくんのおもしろ要素に押されてしまったが、今回はまず「広島のもやしは細いのか」という取材である。
とりあえず細いもやしがメインで売られているのは分かったが、では実際、どのぐらい他地域のもやしと違うのか。そこは確認する必要がある。
左が広島の細もやし、右が東京で普通に買ったもやし。違う。
左が広島の細もやし、右が東京で普通に買ったもやし。違う。
並べてみると、誰が見たってはっきり違う。
投稿者のみやもさんは、東京のもやしを「高級っぽい」と表現しておられたが、うん、そうかも。太い方が見た目、高級っぽい感じはする。
「ひ弱なもやしっ子」という表現が細もやしには似合うが、太い方はたぶんブルワーカーで鍛えた後の、モテモテになってる方だ。
細もやし、平均で直径3oぐらい。
細もやし、平均で直径3oぐらい。
東京のもやし、約4oといったところ。
東京のもやし、約4oといったところ。
太さを10本ずつぐらい測ってみたが、細もやし3oに対して太もやしが4o。直径差1oもあれば、そりゃ見てもはっきり分かるだろう。
広島のもやしは、他地域より1o細い。みんなも憶えておこう。

細もやし、どうやって作ってるのか

では、なんで広島のもやしは細いのか?そもそも細いもやしって普通と育て方が違うのか?あと、結局ブラックマッペくんってなんだ?

その辺の疑問を解決するべく、ブラックマッペくんを生産している広島県廿日市市の、広印農産加工株式会社にお邪魔してきた。
広島市内から車で1時間ほどにある、広印農産さんの佐伯工場。周囲は基本的にゴルフ場しかない山の中。
広島市内から車で1時間ほどにある、広印農産さんの佐伯工場。周囲は基本的にゴルフ場しかない山の中。
出迎えてくださったのは、広印農産加工の白石取締役部長と、広印農産の販売会社であるトレイド広協の川端専務だ。
左が白石さんで、右が川端さん。もやしを強く愛するお二人だ。
左が白石さんで、右が川端さん。もやしを強く愛するお二人だ。
ここからもやしの工場を見せていただくのだが、ごめん、まずその前に、川端さんの白衣の胸元に注目していただきたい。
社内にも数着しかないという、もやし白衣。
社内にも数着しかないという、もやし白衣。
もやし刺繍の入った白衣。これ、すごいかわいくないか。
というか、なんか細いもやしを調べるだけのつもりだったこの取材、いちいち違う要素が入ってくるので大変だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓