広告企画♪ 2016年7月28日
 

がんばっている人には消臭力10年分をプレゼント

がんばった人は消臭力10年分がもらえる
がんばった人は消臭力10年分がもらえる
スパムメールのタイトルではない。エステーが本気でそう言っているのだ。がんばっている人に消臭力10年分をあげたい、と。しかし、いきなりそう言われても「がんばっている人」を探すのは大変だ。

どうやって探したらいいのだろうか。
1970年神奈川県生まれ。デザイン、執筆、映像制作など各種コンテンツ制作に携わる。「どうしたら毎日をご機嫌に過ごせるか」を日々検討中。
> 個人サイト すみましん

エステーががんばっている人を応援する理由

今回はエステーとのタイアップ企画なのだが、なぜ、エステーはがんばっている人に消臭力10年分をプレゼントするのか?

その答えは消臭力の新しいCMにある。

CMには、残業で夜遅くまでオフィスに残りパソコンを見つめるサラリーマン、学ランに身を包んで声を張り上げる応援団、そして、ハリウッド映画さながらのシチュエーションで人助けをしている外国人など、様々ながんばっている人たちが登場する。そんな人たちを励ますべく、西川貴教さんが笑顔で登場、消臭力をプレゼントするのだ。
!
エステーはがんばっている人を応援したくて仕方ないのだ。
エステーはがんばっている人を応援したくて仕方ないのだ。
しかし困った。

がんばっている人を探さないといけない。

がんばっていない人とがんばってる人

がんばっていない人なら心当たりがある。

最近飲み屋で知り合った60才前後のおじさんだ。お酒が大好きなようで、昼間から酒を飲んでる写真がFacebookのタイムラインによく流れてきて、「この人がんばらないなぁ」といつも思う。いや、人知れずがんばっているのかもしれないが、ちょっと分かりづらいし、昼間から酒を飲んでいる写真は説得力に欠ける。

分かりやすく本当にがんばってる人。

何人か思い浮かぶ人はいる。例えば職場の近所の横断歩道のおじさんだ。春夏秋冬、雨の日も風の日も毎日旗を持って歩行者を車から守っている。あの立ち姿はどこか神々しい。

仕事先の営業さんで、いつもカバンを2つ持っている人がいる。常に両手がふさがっていて凄くがんばっている風に見えるのだが、大きなカバン1つにまとめればいいのに、という気持ちもある。

横断歩道おじさんに「あなたはがんばっているので消臭力10年分をプレゼントします」と突然声をかけたら怒るだろうか。とても生真面目そうな人だから、きっと怒るだろうな。
困った
暗礁に乗り上げる

青い鳥のパターンだ!

がんばっている人を探したい。ウェブマスターの林さんに相談した。

投稿でがんばっている人を募集しようか、街に出てがんばっている人を探してまわろうか。色々と頭を悩ますうち、ある一つの答えが導き出された。

「俺たち、がんばってますよね」

ふと思いついたように、林さんがそう言った。

デイリーポータルZは今年で14年目、春夏秋冬、雨の日も風の日も毎日記事をアップし続けている。記事を書いているライターたちががんばっているのは間違いない。

今までの記事の中で、これを作るのにこんなにがんばった。そんな観点でライターにプレゼンをしてもらうのはどうだろう?

横断歩道おじさんを労う前に、身内のがんばりを称えようじゃないか!

がんばった話大会開催決定

ライターによる「がんばった話大会」を実施したい。エステーはその提案を快諾してくれた。

そして、7月某日、都内某所にて「がんばった話大会」が開催されることとなった。

デイリーポータルZから参加するライターは全部で20名。

林雄司、きだてたく、平坂 寛、べつやくれい、岩沢卓、橋田玲子、石川大樹、古賀及子、伊藤健史、江ノ島茂道、ネルソン水嶋、ヨシダプロ、クリハラタカシ、小堺丸子、三土たつお、住正徳、地主恵亮、北村ヂン、大北栄人、安藤昌教(敬称略、プレゼン順)。


プレゼン会場には「消臭力プレミアムアロマ」10年分が届いている。
がんばった話大会会場
がんばった話大会会場
消臭力プレミアムアロマ10年分
消臭力プレミアムアロマ10年分
消臭力は1個で3ヶ月間使用できるので、10年分は40個ということになる。しかし、会場に届いた消臭力は54個。正確には13年半分ということになる。

参加ライターの1人、編集部の古賀さんは54個の消臭力を前にして、

「絶対にもらって帰る!」

と鼻息を荒くした。

なんでも、古賀さんの息子さんが「うちのトイレ臭いから使わない方がいいよ」と友人に言っているのを聞いてしまったのだそうだ。

また、同じく参加ライターの地主さんは「スライドを70枚作ってきました」と張り切っている。事前の連絡で一人の持ち時間は5分と告げられていた。70枚のスライドを5分でこなすことができるのだろうか。

開始前の写真を見ても、古賀さんと地主さんのやる気は明らかである。
拳を突き上げてやる気を見せる古賀さんと地主さん
拳を突き上げてやる気を見せる古賀さんと地主さん
と、2人のやる気を冷静に伝えているようだが、僕もプレゼンには参加する。もちろん、「がんばった話大会」優勝の称号と消臭力10年分を狙っている。

古賀さんや地主さんや僕だけじゃない。参加ライター全員が、消臭力10年分を取りにくるだろう。誰が一番がんばったのか。プレゼンを聞いてジャッジするのは、エステー宣伝部特命宣伝部長の鹿毛康司さんだ。
審査委員長の鹿毛康司さん
審査委員長の鹿毛康司さん
いかにして鹿毛さんのハートを掴むか。それが勝負のポイントになるだろう。

また、プレゼン自体のがんばりを判断する基準としてサーモグラフィーカメラが用意されている。
プレゼン者の体温をサーモグラフィーカメラで観測
プレゼン者の体温をサーモグラフィーカメラで観測
高額なサーモグラフィーカメラ(林さん私物)
高額なサーモグラフィーカメラ(林さん私物)
体温をリアルタイムで表示
体温をリアルタイムで表示
プレゼンに熱が入り、プレゼン者の体温が上がるとスクリーンの表示が赤く変化していく。リアルタイムで変化するプレゼン者の熱量も判断の基準にしていただくのだ。
林さんと僕の進行で「がんばった話大会」がスタート。目の前でスマホをいじっている藤原さんが気にかかる。
林さんと僕の進行で「がんばった話大会」がスタート。目の前でスマホをいじっている藤原さんが気にかかる。
次ページから、ライターによるがんばった話スライドショーをダイジェストでご紹介しよう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ