ひらめきの月曜日 2016年7月25日
 

麺作りから始まった工作機械の歴史

日本における工作機械の発展には、麺を作る機械に人生を掛けたある男が大きく関わっていました。
日本における工作機械の発展には、麺を作る機械に人生を掛けたある男が大きく関わっていました。
創業当時は現在とちょっと違う事業をやっていた会社というのが結構ある。たとえば化粧品や健康食品を扱うDHCが翻訳委託業(大学翻訳センターの略でDHC)だったり、ファッションセンターしまむらが呉服屋だったり。

世界の生産現場を支える工作機械メーカーであるオークマもその一つで、最初はうどんやそうめんを作る機械を作っていたそうだ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

愛知県のオークマ本社にやってきました

高精度・高剛性のNC旋盤やマシニングセンタなどを手掛ける総合工作機械メーカーのオークマ株式会社。

資本金180億円、従業員2,000人以上という愛知県を代表する大企業のひとつなのだが、創業時は大隈麺機商会という名前で、製麺機の製造、販売をしていたらしい。
オークマ本社のごく一部。広すぎて全体が写真にまったく入らない。
オークマ本社のごく一部。広すぎて全体が写真にまったく入らない。
ひょうたんからコマ。製麺機から工作機械。

なぜ佐賀で製麺機を作っていた会社が、機械を作るための機械である工作機械を愛知で作るようになったのだろう。

そんな疑問にわざわざ答えてくれたのは、営業部主任専門役の石塚強さん。
貴重な資料を用意して待っていてくれた石塚さん。ちなみにここは喫茶店ではなく、社内にある打ち合わせスペース。
貴重な資料を用意して待っていてくれた石塚さん。ちなみにここは喫茶店ではなく、社内にある打ち合わせスペース。
現在の会社案内に載っている工作機械の一例。製麺機を作っていた会社は、今はこれを作っているそうです。
現在の会社案内に載っている工作機械の一例。製麺機を作っていた会社は、今はこれを作っているそうです。

大隈麺機商会の複雑な成り立ち

まずオークマの前身(大隈鐵工所)の前身である大隈麺機商会が設立されるまでの流れを説明していただいた。

創業者である大隈榮一(以下すべて敬称略)は、明治3年生まれで佐賀県神埼郡三田川村出身。元々の職業は警察官。

結婚相手である鶴澤政子の父、鶴澤榮吉がうどんを作る製麺機の開発者であり、佐賀で『機械うどん屋』と呼ばれた乾麺のうどん屋をしていた。
※製麺機の発明には、蒲原末次郎、眞崎照郷といった佐賀の同村出身者も深く関わっている。

明治27年に鶴澤榮吉が念願だったそうめんも作れる凸凹噛合式剪断機(麺を切る機械)の開発に成功すると、そのサポートをしていた大隈榮一は明治29年に巡査部長の職を辞して、義父と一緒に製麺機製造に携わるようになる。

石塚さんからコピーをいただいた『大隈榮一翁傳』という記録には、「サーベルを捨ててハンマーに親しむ第一歩であった」と、うまいこと書かれていた。
大隈榮一。明治3年(1870)〜昭和25年(1950)。
大隈榮一。明治3年(1870)〜昭和25年(1950)。
大隈榮一が出資者を募って、製麺業ではなく製麺機の製造をする佐賀麺機製造合資会社を一緒にはじめたところ、これが大ヒットとなる。

だがこの製麺機が儲かりすぎたことで、開発者である義父の鶴澤と、世話になった出資者への利益分配で大隈は板挟みとなり、 「不孝の子となることは素より望むところでないが、不信の友となることは絶対にできません」と義父に告げ、僅か一年で会社は解散。

出資者には配当金を付けて返済し、義父には工場設備をすべて明け渡し、大隈榮一は製麺機3台と職工を一人連れて、明治30年(1897)に名古屋へと旅立つのだった。
製麺機の特許取得で上京のたびに立ち寄った名古屋は麺類の盛んな土地であり、発展性が大きいだろうと予測したそうです。写真は私が駅のホームで食べたきしめん。
製麺機の特許取得で上京のたびに立ち寄った名古屋は麺類の盛んな土地であり、発展性が大きいだろうと予測したそうです。写真は私が駅のホームで食べたきしめん。
道中の小豆島で持参した製麺機を300円で売り、2か月かけて名古屋へと到着。この300円を元手として掘立小屋を借り、明治31年に大隈麺機商会の看板を掲げると、自らも旋盤のハンドルを回し、金槌の頭を叩き、製麺機の製造と開発に没頭することとなる。

ここまでが大隈麺機商会ができるまでの流れであり、すでに朝ドラっぽさがすごい。2人は別に絶縁したという訳ではないので、佐賀から名古屋へ製麺機の部品を取り寄せたりはしていたようだ。

そしてここから先の話は、オークマ本社内にあるメモリアルギャラリー(一般には非公開)を案内していただきながら、じっくりと伺わせていただいた。
このギャラリーの噂を聞いて、はるばる愛知まできたのですよ。
このギャラリーの噂を聞いて、はるばる愛知まできたのですよ。
「百の賛辞より一つの批難を喜ぶ」というのが、大隈榮一の大切にした心構えだそうです。
「百の賛辞より一つの批難を喜ぶ」というのが、大隈榮一の大切にした心構えだそうです。
オークマの歴史は日本における産業発展の歴史でもあるため、このメモリアルギャラリーは経済産業省の近代化産業遺産として登録されている。
オークマの歴史は日本における産業発展の歴史でもあるため、このメモリアルギャラリーは経済産業省の近代化産業遺産として登録されている。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓