はっけんの水曜日 2016年7月27日
 

モアイのパーティピックを作ってみたい

お地蔵様感。
お地蔵様感。
パーティ・ピックってあるざましょう?ホームパーティでのオードブルに刺さっている、オシャレつまようじ。あれ、作ってみたかったんでございますのよ。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:「グラスのフチのししおどしで酒を愉しむ」
人気記事:「「湖面から突き出た足」製氷器を作る」

> 個人サイト 妄想工作所

あたためていたピック案をなぜか今

ホームパーティ、って単語に反応して奥様言葉にしてみたが、よく考えたらお弁当にも使ったりするんだった。じゃ口調戻すか。

そうそうパーティピック。あれって、けっこういろいろかわいいもの、面白いものが出ていて、ついつい「自分だったら何を作るか」なんてことを日頃から考えたりしていたのである。
目玉なんてのもあった。ジュエリー風のは、割とよく見かけますね。他、たくさんのものが世に出回れど、きりが無いのでこの辺で。
目玉なんてのもあった。ジュエリー風のは、割とよく見かけますね。他、たくさんのものが世に出回れど、きりが無いのでこの辺で。
おりしも夏休みシーズン。海へ山へ行楽地へと、お弁当持って皆さんお出かけであろうが、私は家の中である。せめてピックだけでも提案して、行楽シーズンの末席を汚させていただこう。なんか我ながら変な文章だな。

さて、けっこうアイデアも出尽くしてる感がある分野だが・・・アレはどうか。テーブルがイースター島になるパーティピックである。
いつもお世話になってます。私が生まれたころ発刊されたNHK特集ムック・・・
いつもお世話になってます。私が生まれたころ発刊されたNHK特集ムック・・・
刺さってるねー。地面に。
刺さってるねー。地面に。
そう、モアイのピックである。料理にモアイがいっぱい刺さってたら面白いかもなーという、ただひとつの理由からである。ひねりはないぞ。
オーブン粘土でよたよた作り始める。モアイくらいの造型なら、私でもなんとかなるべー。
オーブン粘土でよたよた作り始める。モアイくらいの造型なら、私でもなんとかなるべー。
近年、顔だけ出ているモアイの、首元の地面を掘っていくと長〜い胴体が埋まっていた、なんて発見もあったが、ここは2種類の原型を作っていくことにする。大変だしね。
顔だけモアイと、おすわりモアイ。
顔だけモアイと、おすわりモアイ。
シリコーンで型をとって、量産する所存。左側のは後ほどお見せします。
シリコーンで型をとって、量産する所存。左側のは後ほどお見せします。
型とるのはいいとして、さて材料はどうしよう。樹脂?でもいちいち少量ずつ流し込むの面倒だ(数分で固まってしまうため、いっぺんに溶液を作れない)。それに着色も大変だ、なので石粉粘土でちびちび作っていこう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓