ひらめきの月曜日 2016年7月25日
 

関東は今週中に梅雨明けしそうです 〜あと出し天気予報

先週の主役はオホーツク海高気圧。ヒンヤリ・ドンヨリで、関東と東北の梅雨は明けず。これ、もう一回現れたら今年の夏は…(以下略)
先週の主役はオホーツク海高気圧。ヒンヤリ・ドンヨリで、関東と東北の梅雨は明けず。これ、もう一回現れたら今年の夏は…(以下略)
1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)
1977年滋賀生まれ。お天気キャスター。的中率、夢の9割をめざす気象予報士です。 好きな言葉は「予報当たりましたね」。株式会社ウェザーマップ所属。 ツイッターでも気象情報やってます。
> 個人サイト ウェザーマップ・増田雅昭 ツイッター @MasudaMasaaki

先週後半はドキドキしていました

1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
きたきたきた!超ひさびさのパーフェクト達成!

先週は予報が当たりつづけて、木曜(21日)頃からは「おっ、いけるかも!」という感じに。

高鳴る鼓動、冴えわたる頭。いつも以上に、予報をツイートする指に力が入る。指に力を入れても、予報が当たるわけじゃないけど。

金曜の雨はイメージ通りに当てて、土曜・日曜のだんだん晴れ間が出てくる感じも、無事に読みきった。

土曜(23日)は、「朝と夜に一時雨の可能性がわずかに」とツイートしていたが、「わずかに」なので、それくらいは当たりということで。

パーフェクトとさせていただきます!
トロフィーがさびつきそうなほど、かなりひさびさのパーフェクト。使い回しの写真だから、さびつく心配はないけど。
トロフィーがさびつきそうなほど、かなりひさびさのパーフェクト。使い回しの写真だから、さびつく心配はないけど。

関東と東北だけ、梅雨明けまだです

先週は、オホーツク海高気圧が天気図の主役の一人に。

この高気圧が送り出す冷たく湿った空気が流れこんで、関東から北の太平洋側は、梅雨空&梅雨寒となった。木曜(21日)・金曜の関東は、昼間でも20℃ちょっとでヒンヤリ。

今年の梅雨は、暑い日がけっこう目立っていた。めずらしく梅雨寒がないな〜と思っていたら、終わりが近づく頃になって低温がきた。

クールな人だから、冷たくされることを覚悟してたら、意外と熱い人だった。それなのに、終わりが近づいたとたん急に冷たくなる…そんな感じの今年の梅雨。オホーツク海高気圧って、クールなやつなんですよ。

このオホーツク海高気圧があったせいで、関東と東北は梅雨明けできず。ただ、今週はオホーツク海高気圧が現れる気配はなし。ということは、いよいよ?

【今週のみこみ】夏の太平洋高気圧が、ちゃんと強まるかに注目

7月も最後の一週間。関東甲信や東北地方では、「梅雨明けまだ?」という声がどんどん大きくなる頃。

梅雨明けを発表する気象庁にも、一般の人やメディア関係者から問い合わせが増えるだろう。自分が気象庁の人なら、さっさと梅雨明けを発表して、そんな声からのがれたくなる。(※個人の妄想です。気象庁の人は、そんなことないと思いますよ!)

今週は、梅雨明け発表のチャンス。

週の前半は曇ったり雨が降ったりするが、木曜(28日)・金曜頃には、西にかたよっている夏の高気圧が、東へじわじわと張り出す。
関東は晴れて、気温が上昇。夏の空気感が出てくるはずだ。東北も週末には晴れる。
西から張り出す夏の高気圧が、週の前半にかかる雲を東海上へ押し出せるか?
西から張り出す夏の高気圧が、週の前半にかかる雲を東海上へ押し出せるか?
来週前半に高気圧がしぼんで、雨雲が来そうなら、梅雨明けはまた見送られるが、高気圧がしぼまなければ、今週中に梅雨明けの可能性高し!

結果は来週!
!
今週の格言
『オホーツク海高気圧は、かなりクール。空気を読まずに、一気に場を冷ます。』

詰め天気

前回(7/11)の出題は、「この日の“釧路”は、どんな天気だったでしょうか?」でした。

選択肢はこの4つ。
1)1の小さな低気圧が近づき、急な豪雨に。
2)2の低気圧に向かう熱い風で、観測史上最高気温に。
3)3の高気圧から吹く冷たい風で、ひとケタの気温に。
4)1・2・3がすべて影響し、気温も天気もコロコロ。
気象庁天気図。2007年7月18日。オホーツク海高気圧から冷たい空気が北海道へ。
気象庁天気図。2007年7月18日。オホーツク海高気圧から冷たい空気が北海道へ。
正解は「3)3の高気圧から吹く冷たい風で、ひとケタの気温に。」でした。

この日の釧路は、キリが出たり、弱い雨が降ったり。
しかも、低温で、夜には8.8℃まで下がりました。お昼でも12℃。7月なのにですよ。

原因は、画像右上にあるオホーツク海高気圧。
ここから、冷たい風が吹き出して、海を渡る間に湿気をふくんで、キリや雨をもたらしたんですね。

ちなみに、釧路で7月にキリが出る日数は、平均で17日。
7月の半分以上の日はキリが出るんです。昼間にキリが出ることもあります。

「解答発表の日のころにこういった天気が出現していると見越して出題する増田さん、さすがです!!(つば九郎さん)」

でしょ!
…と言いたいところですが、出題時は、まさかオホーツク海高気圧が、解答のタイミングにドンピシャで現れるとは全く想像せず…。

「3番。オホーツク海高気圧の中心から伸びる気圧の尾根が三陸沖まで達しているので、冷たい風が入ったのではないでしょうか?(もくかいさん)」

おみごと!

「答え:1。オホーツク海高気圧が強く、北東寄りの風が冷たい空気を運び、寒くて霧に覆われていそうです。豪雨はなさそうに見えます。(外野さん)」

3番のことを答えてるのに、なにゆえ1番を…。
でも、完璧な答えなので、正解にさせてもらいます!

「3ですが、夏の釧路は霧の影響もあり寒い日が多いため、ある意味1桁でも不思議はないなと思ったからです。学生時代釧路に住んでたことを思い出して投稿しました^^(Ryotingさん)」

おぉ、体験者なんですね!正解です!

「詰め天気の回答締め切りはいつですか?(メロポンさん)」

解答が載る月曜日の正午くらいまでならOKですよー。

今週の定石はこちら。
今週の定石
『オホーツク海高気圧が現れたら、北海道の東部は季節はずれの低温を考える』
今回、正解した皆さんはこちら。

はいまっとさん、ベルヌーイさん、啓太さん、もくかいさん、Ryotingさん、TARO☆さん、12345さん、外野さん、きゅるたまさん、hennaojisanさん、モモさん、たなさん、jukunyankoさん、O氏さん、シュグウツキミツさん、そらはこわいさん、せんばんさん、トラネコさん、シヤーライン。さん、田中さん、アネみみさん、せいっこさん、まーくん、メロポンさん、imaginegargleさん、エルビスオヤステロさん、naraoさん、雄大積雲さん、つば九郎さん、ニノさま。

おめでとうございます!

今週の問題はこちら。

今週の問題

この日は、どんな天気だったでしょうか?
気象庁天気図。
気象庁天気図。

(ヒント)

・8月の天気図です。

<答えはこの4つのどれかです>

1)札幌は体が震えるほどの冷たい雨が降りつづいた。
2)金沢はフェーン現象で38℃近い暑さに。
3)鹿児島は異様に蒸し暑く、最低気温が30℃を下回らず。
4)東京は雨が降りつづき、10月並の気温に。

解答はこちらから↓
答えを選んだ理由などとともにお願いします。
正解は再来週(8/8)に!
編集部より:増田さんへの質問を募集しています。投稿はこちら。


 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓