ちしきの金曜日 2016年7月29日
 

利根川水系幻のダムめぐり

こんなダムができるかも知れなかった
こんなダムができるかも知れなかった
今年の夏、関東地方は記録的な渇水と言われている。

冬の間、水がめのダムがある利根川上流に雪が少なかったうえ、春先も梅雨になっても雨が降らず、でも生活用水や農業用水などに使われるので、ダムの貯水は減るいっぽうなのだ。

ところで、過去を振り返ると、計画されたものの建設に至らなかったダムもいくつかある。そんなダムがいまあれば!というわけではないけれど、どんな場所にどんなダムが建設される計画があったのか、この機会にいくつか観に行ってみた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「白身魚フライは本当にメルルーサなのか」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


重力式で日本一だった!?川古ダム

まず向かったのは沼田市の北で西から利根川の合流してくる赤谷川。ここには1959年に完成した相俣ダムという中規模のダムがあるけれど、その上流数キロの場所に1990年から川古ダムというダムが計画されていた。
利根川ダム群の中では控えめな存在感の相俣ダム
利根川ダム群の中では控えめな存在感の相俣ダム
川沿いの細い道を遡ると現れる温泉宿が目印
川沿いの細い道を遡ると現れる温泉宿が目印
川古ダム建設予定地
県道から逸れて川沿いの細い道を遡ると、深い谷間に1軒の立派な温泉宿が現れる。宿の先から道は林道になり、残念ながらゲートで阻まれて進むことができない。

徒歩でも立ち入り禁止とのことだったのだけど、今回は特別に許可をいただいてゲートを開けてもらった。
温泉宿のすぐ先でゲートが閉まっている
温泉宿のすぐ先でゲートが閉まっている
通常は徒歩でも通行禁止だそうです
通常は徒歩でも通行禁止だそうです

先に結論を書いてしまうと、1990年にスタートした川古ダム建設(の前段階の調査)は、現地でボーリングなどをして地質調査を行い、形式やスペックがほぼ固まったものの、公共事業の見直しによって実際に建設工事が始まる前の2000年に中止になった。

それ以降は立ち入る人も多くないであろう林道はかなり荒れていて、車高の高い四輪駆動の車でないと走れないような場所が何ヶ所もあった。

片側が急な山の斜面、反対側が深い谷という舗装されていない道をゲートから1kmほど進むと、川古ダムの建設予定地に着いた。

ここに造られるかも知れなかった川古ダムは、高さ160mの重力式コンクリートダム。なんと、重力式では奥只見ダム(157m)を超える日本一の高さだったのだ。総貯水量は7600万立方メートルで、利根川水系では奈良俣ダム(9000万立方メートル)と草木ダム(6050万立方メートル)の間くらい。もし完成していれば関東地方を代表するダムになっていたことだろう。
ここが川古ダム建設予定地だ!って言われても分からない
ここが川古ダム建設予定地だ!って言われても分からない
左岸側から右岸側を見る
左岸側から右岸側を見る
もし完成していたらこんな感じだったんじゃないか(想像です)
もし完成していたらこんな感じだったんじゃないか(想像です)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓