土曜ワイド工場 2016年7月30日
 

プロジェクションマッピングを使った案内板が駅のホームにあった

!
「横浜駅の横須賀線ホームでプロジェクションマッピングを使った案内板を作ったのはなぜ?従来のLEDとの違いは?/横浜駅のホーム頭上に設置されているコレはなに?」というお願いが、粗茶さん/スさんからはまれぽ.com編集部へとどいた。

調査したところ「グリーン車の停車位置を知らせるもの。分かりにくさを改善するため通常版より目立つように導入し、現在は試運転期間中。」ということがわかった。

はまれぽ.com 松田 麗
はまれぽ.comは横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。はまれぽが体を張って徹底調査します。

前の記事:「日本の最南端「沖ノ鳥島」を管理するのは横浜市鶴見区内にある役所だった」
人気記事:「丘の傾斜を覆うように建つマンション「ルネ上星川」」


JRや私鉄など多くの路線が乗り入れている、神奈川県を代表するターミナル駅のひとつ、横浜駅。投稿によると、横須賀線ホームにプロジェクションマッピングを使った案内板があるという。そして、ホーム頭上に設置された謎の白看板。関係があるのか、ないのか・・・
投稿にあった画像。これか・・・?
投稿にあった画像。これか・・・?
正体を確認すべく、まずは現場へと向かった!

駅にプロジェクションマッピングが設置される時代

横須賀線へと向かう
横須賀線へと向かう
どこだ? どこだ? キョロキョロしながらホームを歩いていると投稿にあった画像を発見! 
これだ。2016(平成28)年6月下旬、日曜の午後2時ごろの様子
これだ。2016(平成28)年6月下旬、日曜の午後2時ごろの様子
え、映像が映った! これがプロジェクションマッピングだ
え、映像が映った! これがプロジェクションマッピングだ
暗くなったらよく分かる。これぞプロジェクションマッピング(夜バージョン)
暗くなったらよく分かる。これぞプロジェクションマッピング(夜バージョン)
動画はこちら
日中と夜を比べると、やはり夜のほうが目立っている。発色がいいので、目を引きやすい。投稿にあった白看板の正体はグリーン車の案内表示をするプロジェクションマッピングだった。

ちなみに、この案内板は横須賀線10番線ホームにしか設置されていなかった。

この存在に気付いている人はいるのか

横須賀線ホームのプロジェクションマッピングの存在を知っている人がいるのかキニナったので、20名ほどに取材をしてみた(ご協力いただき、ありがとうございます!)。

すると“見たことない”“知らない”という反応が大半。

しかし! 女子高校生に横浜駅のプロジェクションマッピングを使った案内板を知っているか、声をかけると「知ってるー! キレイだよねー!」とのこと(写真は恥ずかしいとのことでした。残念・・・)。

まだ一部の人しか知らないが、やっぱりプロジェクションマッピングと聞くと興味をそそられるというもの。

では、なぜプロジェクションマッピングを案内板に使ったのか。そしてなぜ横須賀線のホームにしかないのか。その理由をJR東日本横浜支社に聞いてみよう!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓