広告企画♪ 2016年8月29日
 

見積もりをもらいに三森峠に行ったら心霊スポットだった

無事見積もりをもらう

もしもし、メルメクスの森さんですか。
もしもし、メルメクスの森さんですか。
安藤「もしもし、森さんですか。」

森「お疲れ様です、いま山ですか。」
森さん。
森さん。
「はい、あ、いえ。山から電話したんですが、電波がなくてですね、いま下山してかけています。」
「そうなんですね、少し残念です。」
「すみません。そんなことより森さん、家族葬のお見積りを頂きたいんですが。いや、だれが亡くなったわけでもないんですが、そういう企画なので今回。」
「そうでしたね、どういった式をご希望ですか。」
「たとえば一番シンプルなプランだとどうでしょう。シンプルだけどあとで化けて出られない程度にしっかりとしたプランを。」
「でしたら必要最低限に絞った143,000円のこちらですね。全額返金保証もついているので、怖がりな安藤さんにも安心してもらえるかと。」
「いいですね、ではそれで。」
「コンビニでお支払いもできます。」
「このへんコンビニないんですけど、それでいいです。」
「ちなみに入会金1,000円、年会費0円の会員になれば最大7万円の割引にもなりますが、安藤さん、もう帰りたくなってるでしょう。」
「そんなことないですよ。でも明るいうちに帰りたい気持ちはあります。」


※実際にお見積りをもらうときには森さんにではなくコールセンターに電話してください。
猪苗代湖は電波も入るしいいところでした。
猪苗代湖は電波も入るしいいところでした。
山の中、三森峠では携帯の電波が通じなかったため、山を下りてから森さんに電話をして見積もりをお願いした。そういう意味ではもはや三森峠でみつもりをもらったことにならないのではないか。

そんな思いもよぎったが、強い心で見て見ぬふりをした。なんならタイトルを「三森峠でみつもりを取ろうとした」に変えてもいいから、その代りもう一度心霊スポットに行くのだけは避けたい。

お化けはこわい

大人になってからお化けが怖いという話をすると、たいていの人はネタだと思って笑う。

ネタじゃないのだ。この取材で撮ってきた写真はへんなものが写りこんでいたら嫌だなと思って拡大せずに一斉にリサイズした、昼間に。

願わくば今回の取材で僕にお化け的な要素がついてきていないことを祈る。僕は悪くないんです、メルメクスの森さんはいい人なのでそっちに行くといいと思います。
心霊スポットとして名高い三森トンネルにて。ここでクラクションを鳴らすとやばいらしいので絶対に鳴らさなかった。
心霊スポットとして名高い三森トンネルにて。ここでクラクションを鳴らすとやばいらしいので絶対に鳴らさなかった。


おかげで無事に帰ってこられました。


<もどる▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓