チャレンジの日曜日 2016年9月4日
 

書き出し小説大賞 第106回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。 著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。
> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

尿漏れパッドや股間の痒み止めのCMに出てくるモデルさんはどういう気持ちでオーディションに臨んでいるだろうと月に一度くらい考えます。それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しよう!

書き出し自由部門

先生の九九には、大切な何かが足りない。
八重樫
男は昔の私を的確に語った。
小夜子
これは君があの子に送った恋のアドバイスだ。こっちは出典となる漫画。
井沢
イザベラの能力は瞬間移動、私の能力は飽きのこない菓子パンを掴むだけで分かること。
松っこ
塾長と河童が互いのアリバイを証明した。
Mch
ぎこちないピンヒールがキューピッドを踏みつけた。
吉田髑髏
好きなように呼ばれて全部に返事する猫だった。
xissa
あの湯屋の高い壁があったからこそ出せた記録と言える。
けー
義父の駄洒落は地球を一周した後、つむじの中心に吸い込まれた。
morin
祭りの後片付けを見ている人を見ている。
まじいい
焼香の列が台所まで伸びて、婆ちゃんが無言でお米を研いでいる。
ボーフラ
跳び箱とロイター板の間にスジャータが落ちている。
くのゐち
月をスマッシュしながら、並んで帰る。
terayo
校歌は避雷針ばかり褒めた。
義ん母
姉が東京の婚活パーティーへ出発した翌朝、漁場に大量の赤潮が発生した。
マークパン助
広い駐車場の端に営業車を停め、豪雨のなかで昼寝をする。
まじいい
水泳後の授業が、再びフェードインしてきた。
TOKUNAGA
諦めて、秋に進む。
トミ子
八重樫氏「先生の九九〜」足りないなにかとはなんだろうか、新鮮は歓び?緊張感?単に五の段が抜けていたのかもしれない。井沢氏「これは君が〜」この語り手の立場を考えるとさらに妄想がふくらむ。相手と同じ女性が好きな恋のライバルだろうか。xissa氏「好きなように〜」人気の野良はいくつもの名前を持っている。morin氏「義父の駄洒落〜」オヤジギャグの行く末が明らかに。くのゐち氏「跳び箱とロイター板〜」スジャータを置いてはいけない場所として、現時点でもっとも正しい答え。義ん母「校歌は〜」歌詞知りてぇ〜〜w まじいい氏「広い駐車場〜」この体験はないがそれでも「分かる」気になるリアルな作品。

つづいては規定部門。今回のモチーフは「殺し屋」だった。一撃必殺の書き出しをどうぞ。

書き出し規定部門・モチーフ「殺し屋」

標的に恋をするところから俺の殺戮は始まる。
セッドあとむ
もし君が甘党なら殺し屋の素質がある。
井沢
コートの男が浜辺で死んだ。名前は少女がもらっていった。
正夢の3人目
スコープ越しの一目惚れを鉛玉が撃ち抜いた。
もずく酢
俺のライフルスコープ、万華鏡にすり替えたの誰だ。
菅原 aka $UZY
今ならこちらの社会的抹殺コースがお得となっております。
Mch
ギターケースと見せかけて銃が入ってると見せかけて着替えが入っている。
g-udon
このジェラルミンケースの重さはこれから消えゆく命の重さだ。
川瀬こつめ
子供が無邪気に投げかける質問の数々は、殺し屋たる素質十分である。
suzurei
逃げ水が銃弾をはじいた。
東ことり
殺し屋の歯磨きは長い。
suzukishika
スニーカーとデニムとチェックのシャツ。ポッケにはピアノ線。
けー
今晩の献立を考えるついでに明日の殺しの方法も考えている。
マシマロ
晩婚化が進み、キューピッド達は続々と殺し屋に転身し始めた。
Yuzie
何にでもサイレンサーを付けたがる。
ぐるりん
「先払いだ」リスはどんぐりを二つ手渡してくる。
しもだ
腹の膨れた蛇は鳥籠から逃げられない。
xissa
テフロンは死んだ、俺が殺した。
ミドリコ
殺し屋のチラシが祖母の手で箱になる。
小夜子
次の道具は何にするか。それを考えているのが男にとって何よりも楽しい時間だった。
夏猫
大好きな超熟にお別れを言いな。
梅肉
「またね、『名無し』のオジサン。」
正夢の3人目
ヒーローだって殺し屋の仲間さ、違うかい?
錦の敵
「スペアリブに対してナイフの刃を寝かせて使ったわ。気を付けて、四番テーブルの彼はプロよ」
タクタクさん
最後の任務を果たす為、自分のこめかみに銃口を当てた。
ぴすとる
全てを終え、いつもの優しい笑顔に戻る。
茂具田
いつになくハードボイルドな作品が集まった。セッドあとむ氏「標的に恋を〜」殺し屋とターゲットの恋物語、それだけで無数のストーリーが生まれそう。正夢の3人目氏「コートの男〜」コートの男も殺し屋で、その殺し屋を殺した少女がコードネームを引き継いだ、そういう話に解釈したがどうだろう?菅原 aka $UZY氏「俺のライフルスコープ〜」菅原氏がいつもの仕事をしてくれました。Mch氏「今なら〜」痴漢の冤罪の9割がこの仕事によるものと言われている。g-udon氏「ギターケース〜」まさかにお泊まり会。suzukishika氏「殺し屋の歯磨き〜」妙に納得。マシマロ氏「今晩の〜」暮らしの手帖ならぬ殺しの手帖。ぐるりん氏「何にでも〜」まず肛門に。ミドリコ氏「テフロンは〜」空焚きしてしまったのだろうか。よく分からないけどかっこいい。小夜子氏「殺し屋の〜」箱になる、がよかったw 梅肉氏「大好きな〜」超熟持って来た時点で勝利。ぴすとる氏「最後の〜」書き出しというより書き終わりな秀作。茂具田氏「全てを終え〜」どんな仕事も切り替えは大事。

それでは次回のモチーフを発表する。
次回モチーフ
「超能力」
次回はSFネタ、超能力。超能力と言えば透視、念力、瞬間移動などが定番だが、もちろんオリジナルの能力を考えてもらってかまわない。今回の自由部門、松っこ氏の「イザベラの〜」はよい作品例をなっている。世界を滅ぼす能力から、なんの役にも立たない能力まで、ネタには事欠かないと思う。締め切りは9月16日正午、発表は9月18日を予定している。下記のフォームから自由、規定を選んで送って頂きたい。力作待ってます!
最終選考通過者

いがそ君/松井チェリー/チチカステナン号/チワワの夏/prefab/ウチボリ/不眠/morin/きょうこ/もんぜん/一色一也///うぃけっと/kwsk/ぐぬぬぬぬ/にら将軍ハルナ/ビールおかわり/次元三次/merumo/
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓