ライター体験インターン 2016年9月16日
 

生レモンサワーを間接照明にしたら幻想的すぎた

幻想的な光を放っている生レモンサワー
幻想的な光を放っている生レモンサワー
生レモンサワーが大好きだ。20歳になったお祝いに、先輩に奢ってもらったお酒が生レモンサワーだった。レモンの酸味とほんのり苦みのある、生レモンサワーがただただ美味しくて、美味しくて仕方なかった。それ以来、私の居酒屋での『とりあえず』の一杯が決まった。だから私は決断した。このいつも飲んでいる生レモンサワーをもっと美味しく飲むための工夫を施すことにした。
1996年東京生まれ。ひょんなキッカケから、何か面白い形でお金を稼いでみたくなり、友人と一緒に動画サイトに動画を投稿している。月に5000円の支出と2000円の収入。座右の銘『人生常にネタ探し』

光らせるためには

生レモンサワーに対する愛が大きすぎて、もっと美味しいものにしたいと、今回は私が作る立場になってみた。しかし、生レモンサワーはいつものものと変わらない味にしたかったので、飲むと気分がアガるようなビジュアルにしたい。そうだ、光らせてみよう。
まずは材料を調達しに外にでた
まずは材料を調達しに外にでた
東急ハンズ
東急ハンズ
東急ハンズにくれば絶対に私の想像しているものが見つかると思っていたが、見れば見るほど欲が出まくって混乱してきた。当初は、ジョッキグラスにマドラー代わりにペンライトを入れ光らせるつもりであったが、偶然みつけたミラーボールにひとめぼれしてしまい購入。結局、東急ハンズで買ったものは、ミラーボールとビールジョッキである。

続いて向かったのは100円ショップ。
100円均一ショップ セリア・100円ローソン
100円均一ショップ セリア・100円ローソン
ジョッキグラスを置くための台とミラーボールを収納させる箱を探しにきた。良いと感じたものを買い物かごに入れたり戻したりの繰り返し。木の箱に、コードの穴を空けてミラーボールを収納するつもりだったが気分が変わり、籠・ビニールテープ・紐・ごみ取りネットを購入してしまい、当初予定していたものとは、ずいぶんかけ離れたものとなってしまった。
調達した材料・食品たち
調達した材料・食品たち
選ばれし材料・食材たち。材料を買っていくうちに、自分が何を作ればいいのかわからなくなってきた。

まずは光らせるものをつくる

さっそく買ってきた材料たちを使って、間接照明的になる部分を作っていく。
籠とミラーボールを合体  
籠とミラーボールを合体  
ミラーボールを固定される
ミラーボールを固定される
次にごみ取りネットを使って、ジョッキグラスを置くための土台を作っていく。
光が漏れないよう、ごみ取りネットに黒のビニールテープをペタペタ貼っていく
光が漏れないよう、ごみ取りネットに黒のビニールテープをペタペタ貼っていく
私の貼り方が汚いのかよくわからないが、なんか見栄えが悪い
私の貼り方が汚いのかよくわからないが、なんか見栄えが悪い
見栄えは悪いが、ジョッキグラスのグラつきがなくなって安定した。
見栄えは悪いが、ジョッキグラスのグラつきがなくなって安定した。
とりあえず現時点で光をつけてみた。
いったいどうなるのか……。
おお。なんとか間接照明部分が完成した
おお。なんとか間接照明部分が完成した
思いのほかいい感じに仕上がった。これは結果に期待が持てそうだ。

生レモンサワーの登場

土台ができたので、次は生レモンサワーを作ろう
一応インターンシップ中だから、お酒使用のNGが出た
一応インターンシップ中だから、お酒使用のNGが出た
お酒が入れられないことにふて腐れながらもジョッキグラスに氷を入れる。これだけでなんだか居酒屋にいる気分。
レモンを切って入れていく
レモンを切って入れていく
グラスに氷とレモンが入っただけでいい感じに
グラスに氷とレモンが入っただけでいい感じに
うんうんうん。もう見た目は最高に生レモンサワー
うんうんうん。もう見た目は最高に生レモンサワー
生レモンサワーができたところで、さっそく土台に置いてみる。このよくわからない緊張の瞬間。
そして光をつける……。
おお!!いい感じじゃないですか!!!
おお!!いい感じじゃないですか!!!
ミラーボールの光が生レモンサワーを置くことで、ぼやけて優しい雰囲気になった。

次は、部屋の電気を消して、もう一度チャレンジ。
そこには、幻想的な生レモンサワーが待っていた。
そこには、幻想的な生レモンサワーが待っていた。
氷による光の屈折、多めに入っているスライスレモンの存在感、下の土台から微かに漏れてオーロラのように存在する光もこれまた素晴らしい。大成功。まるで夏休みにおばあちゃんの家でみた、盆提灯のようだ。もしかしたら、生レモンサワーは盆提灯だったのではないだろうか。

他の食品も光らせてみた

こんなに生レモンサワーを幻想的にさせた土台に他のものも乗せてみた。
ごぼう天おろしそば・黒みつところてん
ごぼう天おろしそば・黒みつところてん
まずは黒みつところてんから。
黒みつをたっぷりとかけて
黒みつをたっぷりとかけて
台に乗せる。
どーーーーーーん、、、?????
どーーーーーーん、、、?????
黒みつをかけすぎてなんかよくわからない何とも言えない出来上がりに。人の脳みそみたいな不気味な印象になってしまった。

気を取り直して、ごぼう天おろしそば。
前回の反省をもとにそばの量を減らしてみる
前回の反省をもとにそばの量を減らしてみる
まずは具を乗せないで、台に置いてみる。
あ、あ、あ、あああ、あ、ああ、ああああ 
あ、あ、あ、あああ、あ、ああ、ああああ 
何だ!!この神秘的なそばは!!!!!初めてそばに対して神秘的という言葉を使ったことにも感動している。

本来ミラーボールは間接照明としての役割はあまりなく、ただ光って回るという単純な機能しかなかったが、生レモンサワーと同様に主役の存在を主張しつつ、自分自身の存在の主張も忘れない仕事っぷりを見せている。これでも充分だったが、一応そばの具も乗せてみた。
最初の感動が大きすぎて、可もなく不可もなくって感じに。
最初の感動が大きすぎて、可もなく不可もなくって感じに。
具によって、光の拡散が抑えられたためか、いささか派手さがグレードダウンしたことは否めない。マネしたい人は、具を乗せない、かけそばなどでお楽しみいただきたいと思う。

ロマンチックな気分に

大好きな生レモンサワーが間接照明になった瞬間の幸福感が忘れられない。

飲んで楽しい、見て楽しい、こんな飲み物が過去に存在していたであろうか。まるで北極で見られるオーロラを眺めながら飲む生レモンサワー。この光景を独り占めした私に何か天罰が下りそうで怖い。

これはおひとりさまでの使用はNGにした方がいい。でも、末永く使いたいから、光る生レモンサワーと共に一緒にいてくれる殿方も見つけなければいけないという課題が出来た。
ヤバイやつを飲んでる感じになった。でも本人は幸せである。
ヤバイやつを飲んでる感じになった。でも本人は幸せである。

結論: なんでも良かった

生レモンサワーを光らせただけでも、得たものは大きかった。しかし、一点だけ問題があった。この土台に乗せるものは何でも良かったのでは? と、薄々気づいてしまったことだ。皆さんがもしこの土台を使って、何かを光らせたいと思った時は、ぜひ透明な容器に食品をいれてみてほしい。
普通に美味しいおろしそば
普通に美味しいおろしそば
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓