とくべつ企画「スーツで行く絶景」 2016年9月21日
 

スーツで工場・普通になるかアー写になるか

スーツで工場夜景
スーツで工場夜景
以前知り合った鉄道趣味の方に、変わった人がいた。彼は強風などから駅なや線路を守る「鉄道林」の愛好者だった。

全国の鉄道林を巡って写真を撮っているのだが、その際には必ずスーツを着用するというのだ。「鉄道林と鉄道施設に対するリスペクトです」と言っていた。

一緒に北海道の鉄道林に行ったことがあるが、現地に着き撮影の段になったら、やおらスーツに着替えだした。びしっとスーツで鉄道林をシューティング。かっこいいんだか笑うところなんだかよく分からなかった。

「工場萌え」なんつって全国の工場を巡って写真を撮ってきたぼく。そろそろスーツで行ってみてもいいかもしれない。

※この記事はとくべつ企画「スーツで行く絶景」の1本です。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

「スーツで工場」企画への懸念

スーツで工場かー。

どこの工場に趣くべきか迷った末、よりスーツが映える絶景工場として奥多摩の石灰工場を選んだ。工場好きには言わずと知れた東京の至宝である。

創業1937年の老舗企業だ。スーツで訪問にふさわしい。訪問つっても中の方々にご挨拶するわけではなくただ近くまで行ってうっとり眺めるだけですが。
こういうちょうすてきな工場です
こういうちょうすてきな工場です
山肌にはりついたその繊細かつ大胆な姿には何度みてもうっとりする
山肌にはりついたその繊細かつ大胆な姿には何度みてもうっとりする
ただひとつ懸念していることがある。今回のこの「スーツで絶景」の企画は意外性を狙っているのだと思うが、工場にスーツって普通なのだ。

工場企業の広報の方などに案内していただいて工場の取材をさせていただくことがときどきあるが、その時の広報の方のいでたちはスーツだ。また、関係者向け工場視察などでもスーツ姿が多い。工場にスーツ、べつに意外じゃない。

おそらく本シリーズ企画で萩原さんはダムに行かれると予想するが、彼も同じような懸念をしているのではないかと思う。

しかし心配していてもしょうがない。とりあえず行ってみよう。スーツで。

せっかくなのでみんなで行こう

思えば奥多摩の工場を見に行くのは久しぶり。うきうきしちゃう。

そうだ、せっかくなので同好の士を誘おう。ぼくのスーツ姿の写真をだれかに撮っていただかなくてはならないのだし。
衝動的に同行者を募集した
衝動的に同行者を募集した
何人ぐらいの方々が来てくれるだろうか、とちょっと心配していたところ、20名ほどの参加者が名乗りを上げてくれた。遠く愛知からやってきた人も。さすが奥多摩の工場。人気だ。

で、これまた思いつきで「できればスーツで来てください」とお願いしたところ、なんとうち10名の方が趣旨に賛同してくださった。うれしい。ありがとうございます。
こうして奥多摩駅に降り立った「ザ・スーツ」のみなさん。
こうして奥多摩駅に降り立った「ザ・スーツ」のみなさん。
思わずポーズをつけたくなる
思わずポーズをつけたくなる
みなさんに来て頂いてよかった。この時点で早くもスーツの力に気がついたのだ。それは「スーツ姿の人が何人かいるとビシッと並ばせたくなる」ということだ。

組織の中での統制を目的とする「制服」としての存在意義を感じた。あるいは単に WORLD ORDER の影響かもしれんが。

組織で云々、といま言ったが、現在のぼくはフリーランス。会社を辞めて9年、以来スーツを着ていない。法事の時ぐらいだ。実はそれ以前のサラリーマン時代もスーツを着なかった。先輩や上司の方々によくお叱りを受けたものだ。

苦手なんだよね、スーツ。特にネクタイ。

スーツ苦手。

「スーツが苦手」って、尾崎豊的な苦い若さを感じる発言だが、単にぼくの貧弱なボディに似合わないということと、なにより昔から首まわりをすこしでも圧迫すると激しい頭痛に見舞われるという持病があるせいだ。

なので、ネクタイだけでなく斜めがけのバッグもダメ。いつもリュックサックだ。
そろそろネクタイと上着を、と準備をはじめたものの、ネクタイが結べないというおきまりのパターンが。あれ? 結べたはずなんだけどなー。
そろそろネクタイと上着を、と準備をはじめたものの、ネクタイが結べないというおきまりのパターンが。あれ? 結べたはずなんだけどなー。
おぼつかない手つきに見かねた参加者のお一人が結んでくれた。新婚夫婦か。
おぼつかない手つきに見かねた参加者のお一人が結んでくれた。新婚夫婦か。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓