ちしきの金曜日 2016年9月23日
 

香港のドブでアフリカの巨大魚「クラリアス」を釣る

!
大都市・香港。
およそ、秘境や大自然とは縁遠いと思われるあの街に、大量の巨大魚が生息していると聞いた。
しかも、とびきり汚いドブに。さらにさらに、その魚は元々香港に分布していたものではなく、アフリカ大陸の出身であるという。
…一から十までわけがわからない。わからなすぎて、かえって興味深い。釣り竿片手に、視察へ行ってみた。
自然と冒険のデジタルメディア Monsters Pro Shop 編集長 「五感を通じて生物を知る」をモットーに各地で珍生物を捕獲している。 にょろにょろした生き物がすごく好き。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

(航空券が)安い!(到着が)早い!(食事も)美味い!

2015年11月中旬。完全に思いつきで、無計画に旅立ちを決めた。
航空券の手配が7日前と、海外旅行にしてはずいぶん切羽詰まったプランニングである。けれど、意外にもチケット代は三万円台と非常に安く上がった。
国内各地の空港に香港便LCCが盛んに乗り入れているおかげだ。フライトタイムもわずか三時間。沖縄旅行と大差ないコスト。
しかも、香港といえば食事も評判が良い。楽しみだ。
あー、映画で観た風景だ。
あー、映画で観た風景だ。
手軽さと言えば、だ。
航空券を手配した直後、あるTV番組のディレクターに「今度の休暇は香港のドブへ大きな魚を釣りに行くのだ」と何の気なしに話した。すると即座に、「俺もカメラ持ってついて行っていいですか!?」と来た。
一応海外ロケになるんだよね?そんなに軽い感じで行っちゃうの??

だが、こちらとしては大歓迎だ同行者がいるのは心強い。出発前から順風満帆だ。
竹で足場を組んだ建設現場。これも映画のままだ。残念ながら、悪党と戦うジャッキーの姿は無かった。
竹で足場を組んだ建設現場。これも映画のままだ。残念ながら、悪党と戦うジャッキーの姿は無かった。
まず、空港から鉄道で今回の拠点となる旺角(モンコック)の街へ向かう。
市内でも随一の繁華街であるこの街。密集した建屋を彩る赤いネオンと、通りに溢れる人混みはまさにアクション映画で見る「香港」そのものである。
こんな街に魚がいるのか…?それも大物が…?
こんな街に魚がいるのか…?それも大物が…?
実は今回の探索行、ネットに情報が出ていた一本の河川を除いて、ポイントの目星がろくについていない。
その川だけで勝負がつくとは思えないが、それを踏まえても「とりあえず行ってみれば見つかるんじゃないかな?」くらいの軽いノリでの挑戦なのだ。なんとかなる根拠は一つも無いが。
よって、市内を流れるどの水系にもアクセスしやすいよう、中心地である旺角に宿を取ったのだ。
市場の鮮魚店。海川問わず、多彩な魚介が並ぶ。鮮度もなかなか良好。
市場の鮮魚店。海川問わず、多彩な魚介が並ぶ。鮮度もなかなか良好。

ターゲット「クラリアス」はナマズの一種

ところでその巨大魚の正体は、名を「クラリアス」という分類群に属すナマズの一種である。なぜアフリカ原産のナマズが香港に。

それは後ほど説明するとして、総じて貪食なナマズの類ならば、魚の切り身でも投げ込んでおけば難なく釣れるに違いない。居場所さえ掴めば、手強い相手ではないはず。
初日はとりあえず、市場でエサとなる魚を買い込み、現時点で所在の割れている唯一の川へ出向くことにした。

香港の鮮魚店が面白い!

タイワンドジョウやカムルチー、やコウタイなどのスネークヘッド類も活けで多く並ぶ。これぞアジアの市場!という感じだ。
タイワンドジョウやカムルチー、やコウタイなどのスネークヘッド類も活けで多く並ぶ。これぞアジアの市場!という感じだ。
その市場がまた面白い!海産、淡水産を問わず、様々な魚介類が並んでいるのだ。
中華圏の食文化がいかに懐深いかを思い知る。同時に、この土地の魚類相をおおまかに掴むことができた。
日本では外来魚として邪険に扱われがちなレンギョ類も香港では立派な食用魚。身はもちろん、頭だけでも売られていた。
日本では外来魚として邪険に扱われがちなレンギョ類も香港では立派な食用魚。身はもちろん、頭だけでも売られていた。
魚好きとしては、単純に眺めているだけでも大変面白い。

「コレもいるのか!アレはなんだ!…え、ソレも食うの…?」
時間が経つのを忘れてしまう。
ムツゴロウの仲間か。どうやって食べるのか気になるところだ。
ムツゴロウの仲間か。どうやって食べるのか気になるところだ。
世界中の熱帯地方で食されているティラピアはここにも。まあこれには驚かなかったのだが…
世界中の熱帯地方で食されているティラピアはここにも。まあこれには驚かなかったのだが…
なんと霞ヶ浦水系で猛威をふるっているチャネルキャットフィッシュ(北米原産)の姿まで!養殖モノだよね?まさか自然の水系には定着してないよね?これにはちょっとびっくり。
なんと霞ヶ浦水系で猛威をふるっているチャネルキャットフィッシュ(北米原産)の姿まで!養殖モノだよね?まさか自然の水系には定着してないよね?これにはちょっとびっくり。
左はスッポン。右は…「草亀」と書かれているが、実はアカミミガメ。なんでも食うんだな。香港の人たち。
左はスッポン。右は…「草亀」と書かれているが、実はアカミミガメ。なんでも食うんだな。香港の人たち。
市場ではないが、街の雑貨店には金のアジアアロワナが鎮座。魚のチョイスに土地柄出てる。しかし、三十一万香港ドル…。
市場ではないが、街の雑貨店には金のアジアアロワナが鎮座。魚のチョイスに土地柄出てる。しかし、三十一万香港ドル…。

ポイントへは地下鉄で移動!

だが、いつまでも市場散策をしているわけにはいかない。
新鮮そうなアジと活きたコイ科の小魚を買い上げ、地下鉄で川へ向かう。
移動は地下鉄と徒歩。巨大魚を捕まえに行くという実感は湧かない。
移動は地下鉄と徒歩。巨大魚を捕まえに行くという実感は湧かない。
地下鉄の駅はとても清潔で洒落ている。人々のマナーも良く、とても快適だ。
地下鉄の駅はとても清潔で洒落ている。人々のマナーも良く、とても快適だ。
ビル群を望む第一のポイント。ここには間違いなくクラリアスが生息しているはずなのだが…。
ビル群を望む第一のポイント。ここには間違いなくクラリアスが生息しているはずなのだが…。
旺角から地下鉄で30分ほどだろうか。
この旅最初のポイントとなる川へたどり着いた。
水質は…、一目見ただけで汚いとわかる。ヘドロ臭も立ち込めている。これはドブと呼んで差し支えなさそうな川である。

早くも発見!しかし釣れない!

アジの切り身でライギョが釣れた!嬉しいんだけど、今の狙いはキミじゃないんだよな〜。
アジの切り身でライギョが釣れた!嬉しいんだけど、今の狙いはキミじゃないんだよな〜。
だが、水面を見つめていると魚の影は見える。
小型のハクレン、ティラピア、ライギョ…。市場で見た魚たちが黒い水の中を泳いでいる。

興味深く観察していると、突然水面が大きくうねった。暗褐色の頭部が現れ、「プホッ」と息を吸う。長いヒゲも見えた!クラリアスだ!

そう、この魚は直接水面へ顔を出して空気呼吸を行うことができるのだ。そのため、溶存酸素が不足しがちな汚れた水の中でも不自由なく生活できるというわけだ。
やはりいた!
急いで仕掛けを作り、新鮮なエサを針に掛けて投げ込む。
同行のディレクターYさんは、あまりに釣れない僕を見限ってライギョを釣り始めた。え、仕事は?
同行のディレクターYさんは、あまりに釣れない僕を見限ってライギョを釣り始めた。え、仕事は?
…釣れない。おかしいな。姿が見えたときは、もう釣れたも同然だと思ったんだが。

ようやくアタリがあったかと思えば、釣れてきたのは小さなライギョ。雲行きが怪しい。
川沿いの街路樹ではキノボリトカゲの一種を発見。
川沿いの街路樹ではキノボリトカゲの一種を発見。
南西諸島のキノボリトカゲよりも大型で、噛まれると地味に痛い。でもかわいい。
南西諸島のキノボリトカゲよりも大型で、噛まれると地味に痛い。でもかわいい。
夜になると、路上には沖縄でおなじみのアシヒダナメクジ類が現れる。やはり、動物相は南西諸島に似通っている。
夜になると、路上には沖縄でおなじみのアシヒダナメクジ類が現れる。やはり、動物相は南西諸島に似通っている。
その後、夕暮れ時に数匹のクラリアスが水面でエサを食べはじめた。ともあれ、これはチャンス!だが、周りにエサを投げ込んでも一切反応が無い。
そうこうしている間に川面は沈黙。
初日の釣りはここで一旦終了となった。

…そこにいるのに釣れない。どういうこと?
夜は火鍋を囲む。薬膳の力なのか、どんなに疲れ果てていてもこれを食べれば不思議と元気が漲る。特に鴨の血を固めた「血豆腐」が美味しい!
夜は火鍋を囲む。薬膳の力なのか、どんなに疲れ果てていてもこれを食べれば不思議と元気が漲る。特に鴨の血を固めた「血豆腐」が美味しい!
それから、24時間営業のお粥屋さんも思い出の味。中国粥はもちろん、アツアツの揚げパンも美味。これを夜な夜な買い求めてはかじっていたので、たった数日の滞在で内臓脂肪が増えてしまった気がする。
それから、24時間営業のお粥屋さんも思い出の味。中国粥はもちろん、アツアツの揚げパンも美味。これを夜な夜な買い求めてはかじっていたので、たった数日の滞在で内臓脂肪が増えてしまった気がする。

さらに汚いドブへ

二日目。初日のポイントに見切りをつけ、新しい釣り場を探すことにした。
もうホント、どうしようもないくらいドブ。川幅は3メートルも無いくらい。
もうホント、どうしようもないくらいドブ。川幅は3メートルも無いくらい。
Google Mapsを頼りに細い水路を見つけ出し、水面にクラリアスの呼吸を探す。…のだが、この水路がめちゃくちゃ汚い!
昨日の川もひどかったが、こちらはその比ではない。エリアによっては大量の排水が流れ込んでいて、「がぶ飲みメロンクリームソーダ」みたいな、自然界ではありえない色に染まっている。さらに、水底のヘドロは悪臭を放っている。

いくら汚染に強い魚でも、こんなとこに棲めるるわけないだろ!
と思った矢先。モワッ、と水面が揺らぎ、愛嬌のある大きな顔が飛び出した。

「いたーっ!?」
メタンと硫黄の混じった、高度経済成長期のかほり漂う水路。こんな掃き溜めのようなドブが、大ナマズたちの楽園だった。
メタンと硫黄の混じった、高度経済成長期のかほり漂う水路。こんな掃き溜めのようなドブが、大ナマズたちの楽園だった。
しかも、その数が尋常ではない。
水面を見渡していると、常にどこかで「モワッ」「パフッ」「ポコン」と彼らの息継ぎが行われている。すさまじい密度…!

今度こそもらったな!
釣れたクラリアスは食べてみるつもりなので、少しでも水のきれいなエリアを選んで魚の切り身を放り込む!

が、アタリ無し!なんでよ!

エサではなくルアーに軍配が

結局、エサはかじられもせず。意外にもルアーにしか反応が無かった。
結局、エサはかじられもせず。意外にもルアーにしか反応が無かった。
あまりに釣れないので、暇つぶしにルアーを投げ込んでみる。
まあ、エサで釣れないなら疑似餌なんてそれこそ見向きもされないだろうが。

足元でルアーをヒラヒラと上下させてみると突然、釣竿が曲がった。うわっ! 釣れた!? あれ? 逃げられた!!

一瞬の出来事だった。釣り針を確認すると、グニャンと伸ばされている。
「うわー、すごい大物だったのに!」
無残に伸びた釣り針。
無残に伸びた釣り針。
…その後もアタリは頻繁にある。
しかしエサを食うのが下手なのか、なかなか針には掛からない。
掛かっても針を伸ばされる。この繰り返しで二日目と三日目は終了。

ああ!イライラする!

ドブで大物、釣れた!

ようやく釣れてくれたクラリアス。全長なんと110センチ。何食べてたらドブでこんなに大きくなれるの?
ようやく釣れてくれたクラリアス。全長なんと110センチ。何食べてたらドブでこんなに大きくなれるの?
四日目。いよいよ切羽詰まった状況の中で、この日も大物が掛かった。

「これはデカい!慎重にいきましょう!」
とディレクターYさんの悲痛な叫びが聞こえる。あ、そっか。これテレビの撮影でしたね…。
これはいいとこ見せねば!と、ヘドロまみれになりながら魚を掴み、岸辺に引き抜く。

…やっと、やっと捕まえた!何度目の正直か。
橋の上からは通行人やサイクリストたちの歓声が。皆ずいぶん驚いているようだったが、もしかしてここにこの魚がいること自体知らなかったのかな?
橋の上からは通行人やサイクリストたちの歓声が。皆ずいぶん驚いているようだったが、もしかしてここにこの魚がいること自体知らなかったのかな?
意外と苦戦してしまったが、ようやく釣れたクラリアス。
食べる前によく観察しておこう。
この魚が属す一群は「ウォーキングキャットフィッシュ」と呼ばれ、胸ビレを支えにして陸上を這い回ることができる。干ばつ時に、水辺から水辺へ移動するために獲得した能力だろう。空気呼吸の件と言い、過酷な環境に特化した設計。異国のドブなど、彼らにとっては何でもないのかもしれない。
この魚が属す一群は「ウォーキングキャットフィッシュ」と呼ばれ、胸ビレを支えにして陸上を這い回ることができる。干ばつ時に、水辺から水辺へ移動するために獲得した能力だろう。空気呼吸の件と言い、過酷な環境に特化した設計。異国のドブなど、彼らにとっては何でもないのかもしれない。
生時、8本のヒゲは、中に骨格でも通っているようにピンと張っている。そして頭は兜のようにカチンコチン。
生時、8本のヒゲは、中に骨格でも通っているようにピンと張っている。そして頭は兜のようにカチンコチン。
ちなみに、クラリアスの仲間は日本国内だと鑑賞用に持ち込まれた小型種が沖縄に定着している。ただし、こちらはアルビノなどの色変わりしかいない。
ちなみに、クラリアスの仲間は日本国内だと鑑賞用に持ち込まれた小型種が沖縄に定着している。ただし、こちらはアルビノなどの色変わりしかいない。
仕事を終えたYさんも心おきなく釣りを楽しむ。コツをつかむと簡単に釣れるようになる。
仕事を終えたYさんも心おきなく釣りを楽しむ。コツをつかむと簡単に釣れるようになる。
中型個体と大型個体を並べると、何か違和感がある。
中型個体と大型個体を並べると、何か違和感がある。
中型個体の体表はマナマズやオオウナギのような迷彩柄(?)が明瞭であるのに対し、大型個体ではべったりと塗りつぶしたよう黒い。
中型個体の体表はマナマズやオオウナギのような迷彩柄(?)が明瞭であるのに対し、大型個体ではべったりと塗りつぶしたよう黒い。
さらに印象的なのが頭部の形状。中型個体は比較的滑らかだが、大型個体では眼の後ろの骨が大きく隆起し、ゴツゴツしている。こうした老成に伴う体色や骨格の変化はナマズ類にはありがちな現象。
さらに印象的なのが頭部の形状。中型個体は比較的滑らかだが、大型個体では眼の後ろの骨が大きく隆起し、ゴツゴツしている。こうした老成に伴う体色や骨格の変化はナマズ類にはありがちな現象。
大きな口。これで食べられそうなものを手当たり次第に吸い込んでいるのだろう。ではなぜ切り身で釣れなかったのか。謎だ。
大きな口。これで食べられそうなものを手当たり次第に吸い込んでいるのだろう。ではなぜ切り身で釣れなかったのか。謎だ。
顎には硬く細かい歯が前後二層に分かれて敷き詰められている。
顎には硬く細かい歯が前後二層に分かれて敷き詰められている。
仕事から解放されたYさんが止まらない!もう撮影の無い最終日も川へ出て大物をゲット!あれ、まさかロケより自分で釣ることが目当てだったのでは…?
仕事から解放されたYさんが止まらない!もう撮影の無い最終日も川へ出て大物をゲット!あれ、まさかロケより自分で釣ることが目当てだったのでは…?

ドブのナマズを食べてみよう!

ところで、そもそもなぜ香港にアフリカの魚であるクラリアスが生息しているのか。
事の真相は、食用に輸入したものが逃げ出し(あるいは放流され)、野生化してしまったということだと考えられている。というか、それしか考えられない。
ヒレナマズの仲間は食用魚として、東南アジアを中心に高い人気を誇っている。そう。実はおいしい魚なのだ。
ヒレナマズの仲間は食用魚として、東南アジアを中心に高い人気を誇っている。そう。実はおいしい魚なのだ。
クラリアスの仲間(ウォーキングキャットフィッシュあるいはヒレナマズ類とも呼ばれる)は東南アジアからアフリカにかけてたくさんの種が広く分布しており、その多くが食用となっている。飼育・繁殖が簡単なので、アジア圏ではご当地産の小型種が盛んに養殖されており、古くから安くて美味しい大衆魚として人気を集めてきた。

そして、後にはるかに大型で大量の肉が採れるアフリカ産の種に目がつけられ、香港や台湾など各地で養殖が始まった。
…その結果がこれである。
ホテルの清掃員にチップ(なぜか香港で人気を博している「出前一丁」を大量に)を渡し、浴室でクラリアスを解体させてもらう。なお、汚れや臭いが残らないよう念入りに掃除したところ、明らかに入室時よりも綺麗になってしまった。清掃員、普段の仕事サボりすぎだろ。
ホテルの清掃員にチップ(なぜか香港で人気を博している「出前一丁」を大量に)を渡し、浴室でクラリアスを解体させてもらう。なお、汚れや臭いが残らないよう念入りに掃除したところ、明らかに入室時よりも綺麗になってしまった。清掃員、普段の仕事サボりすぎだろ。
まあ、そういう残念な話もあるのだが、ということはつまり、この魚は美味いのだ。いや、美味いはずなのだ。本来は。
住んでいる環境があのドブだというのはかなり引っかかるが、試してみる価値はある。
魚の味が、彼らの暮らしている環境にどれだけ左右されるか、というテーマを明かす材料にもなるだろう。

とりあえず、食ってみよう。
まあ、そういう残念な話もあるのだが、ということはつまり、この魚は美味いのだ。いや、美味いはずなのだ。本来は。 住んでいる環境があのドブだというのはかなり引っかかるが、試してみる価値はある。 魚の味が、彼らの暮らしている環境にどれだけ左右されるか、というテーマを明かす材料にもなるだろう。 とりあえず、食ってみよう。
まあ、そういう残念な話もあるのだが、ということはつまり、この魚は美味いのだ。いや、美味いはずなのだ。本来は。 住んでいる環境があのドブだというのはかなり引っかかるが、試してみる価値はある。 魚の味が、彼らの暮らしている環境にどれだけ左右されるか、というテーマを明かす材料にもなるだろう。 とりあえず、食ってみよう。
身は牛肉のように赤く、やたら脂が乗っている。だが、この脂の存在が恐ろしくて仕方が無い。臭みがここに凝縮されていそうだからだ。
身は牛肉のように赤く、やたら脂が乗っている。だが、この脂の存在が恐ろしくて仕方が無い。臭みがここに凝縮されていそうだからだ。
なお、解体中に観察した消化管内にはみっちりと、真っ黒なヘドロが詰まっていた。あのドブの泥中には大量の赤虫(ユスリカの幼虫)が生息していたので、それらを泥ごと飲み込んで食っていたのだろう。
東南アジアではこの手のナマズに串を打ち、醤油ベースの甘辛い味付けで炭火焼にする。今回はまず、それに倣って純和風の蒲焼にしてみる。
東南アジアではこの手のナマズに串を打ち、醤油ベースの甘辛い味付けで炭火焼にする。今回はまず、それに倣って純和風の蒲焼にしてみる。
クラリアスの蒲焼き。焼き上がりはかなり良い感じだが…。
クラリアスの蒲焼き。焼き上がりはかなり良い感じだが…。
他には揚げクラリアスの withチリソースも。万が一多少臭くても、油で揚げて香辛料ぶちまければ食えるだろうという雑な発想。しかし…。
他には揚げクラリアスの withチリソースも。万が一多少臭くても、油で揚げて香辛料ぶちまければ食えるだろうという雑な発想。しかし…。
アラはあえて、素材の味をとことんまで楽しめる潮仕立てのすまし汁。もう、作ってる時点でキッチンにドブ臭が充満。
アラはあえて、素材の味をとことんまで楽しめる潮仕立てのすまし汁。もう、作ってる時点でキッチンにドブ臭が充満。

今まで食べた魚の中で一番マズい!!

まあ、こんな感じの味です。
まあ、こんな感じの味です。
…あんまり引っ張ることも無いだろう。
はっきり言って、マズい。超マズい。今まで食べた魚の中で一番マズい。一番臭い。

蒲焼を頬張り、咀嚼した瞬間から食物にあるまじきケミカルでデンジャーなフレーバーが鼻腔を衝く。
ヘドロ臭に、ほんのりと化学洗剤のような香り。
…これ、美味いマズい以前に食べたらいかんヤツじゃないのか。

揚げても、タレをかけてもダメ。二噛みもすると、隠しきれない移り香が、いつしか鼻腔に浸みついてついてしまう。
試食にはYさんほか数名が同席したが、誰もが否定的な感想。一切れ食うのが精一杯といった感じ。
なんか健康に影響がありそうなレベルの臭さなので、無理強いもできない。

すまし汁などはもってのほかである。これは湯で希釈したドブそのものだ。
アラを無駄にしたくない気持ちで作った一品だったのだが、結果として水道水と食塩まで無駄にしてしまった。もういやだ。

だが、こんなことで挫けてはいられない。まだ半身がたっぷり残っているのだから。

洗いまくればどうだ!?

とりあえず細かく刻んで
とりあえず細かく刻んで
しかも、ここからは僕一人での戦いである。
この異様な臭気を放つ肉塊を、一人でまともに平らげるのは不可能に近い。

ならば、とっておきの裏技にして究極の力技を繰り出すほかあるまい。

徹底的に「洗う」のだ。
牛乳に浸し
牛乳に浸し
さらにそれを何度も何度も水洗いし
さらにそれを何度も何度も水洗いし
さらにさらに日本酒でも洗う。この一連の工程を何度も何度も繰り返し、ひたすら「素材の味を殺す」。目指すはただのタンパク質塊だ。
さらにさらに日本酒でも洗う。この一連の工程を何度も何度も繰り返し、ひたすら「素材の味を殺す」。目指すはただのタンパク質塊だ。
それを叩いてすり身にし、また酒と水で洗う。布巾で濾して、臭い消しのおろしショウガと合わせて揚げれば…
それを叩いてすり身にし、また酒と水で洗う。布巾で濾して、臭い消しのおろしショウガと合わせて揚げれば…
香港のドブ産クラリアスのすり身揚げ(臭み消しスペシャル)の完成。
香港のドブ産クラリアスのすり身揚げ(臭み消しスペシャル)の完成。
何度も牛乳と水と酒で徹底的に洗い、すり身にしてもなお洗い、臭み消しのショウガまで投入し、最後は揚げる!
さすがにここまでやれば臭みも流れて消えているはず!

さあどうだ!
あー、まだ臭いっすわ…。
あー、まだ臭いっすわ…。
…ダメでした。
七割引くらいにはなったように思うが、それでも残りの三割が強烈すぎるのだ。

それでも、命をくれたクラリアスへの敬意と責任感、あとは個人的な意地で、三〜四日間かけて半身をすべて食べきった。

…すり身揚げを一粒食べるごとに、大嫌いな咳止め薬を「病気を治すためだから」と頑張って飲みくだしていた幼少時の気持ちを思い出していた。

本来は美味しい食用魚がここまでキツい味になるとは…。
やはり、生息する環境、水質というのは魚肉の質をにとても大きく作用するのだなあ。

もし、今後の人生で香港に居を構えることがあれば、ぜひこのドブナマズを清浄な水で一ヶ月くらい飼い直してから食べてみたい。
きっと、見違えておいしくなると思うのだ。
それこそが、この魚が持つ「本来の味」なのだろうから。

学ぶことの多い旅でした

そんなこんなで、香港へアフリカの巨大魚を追うという不思議な旅は終わった。
香港の文化と自然、外来種問題。クラリアス
の生態、そして味…。
様々な面で学ぶことの多い日々であった。

ところで、大量のすり身揚げを消費した直後の二日間ほど、胃腸の調子がすこぶる悪かったのだが、あの症状は一体なんだったのだろうか。

いや、きっと単に揚げ物の食べ過ぎだな。
そうに決まってる。
沖縄で釣れた近縁種はなかなかおいしかった。やはり香港の奴らも食材としてのポテンシャルは高いはずなのだ。
沖縄で釣れた近縁種はなかなかおいしかった。やはり香港の奴らも食材としてのポテンシャルは高いはずなのだ。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ