ひらめきの月曜日 2016年10月10日
 

かっこよくなるためのたった155の方法(14周年企画まとめ)

ひとつぐらいは使えるものがある
ひとつぐらいは使えるものがある
2002年10月7日にデイリーポータルZがはじまった。毎年この日には特別企画を行っている。
今年は14周年にちなんで140本更新だった。14本にすればいいのに勢いあまって10倍にしてしまった。

テーマは「かっこいい」。

ライター全員に呼びかけて155本もの記事が集まった。12時間で155本なので5分弱に1本追加していた計算になる。

当然見落としている記事もあると思うので、改めて155本をカテゴリに分けて振り返ってみたい(林)。
インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。
> 個人サイト デイリーポータルZ

アイテムひとつでファッショナブルになる

日常にひとつ足すことでかっこよくなる方法である。例えばこんなのだ。
刑事ドラマのワンシーンのようだが実際は「実際は、iPadでヒカキンのYouTubeをみたいという息子が、パスコードロックのパスワードを教えろと電話をかけてきた」
などファッショナブルな方向でかっこいいを実現した記事があった。最後のはファッショナブルと言うには度胸がいるが、いい切ってしまおう。

ほか、このカテゴリに入るかっこいいは以下5本
前掛けをつけて一升瓶を持っているとかっこいい
柄on柄がかっこいい
和装で和傘をさした時は下を向くとかっこいい
大人になった今、敢えてカバンの「中学生持ち」をするとかっこいいし楽

○○に見えるからかっこいい

もはやデイリーの記事の頻出パターンになった、なんとかに見える系のかっこよさである。
今日から使えるかっこよさばかりである。ちなみに紀伊国屋のジップロックに入っている肉はまいばすけっとで買ったとのこと。

この撮影のまま、僕のノートパソコンにはKGB管理のシールが貼ってある。駅前のタリーズで注目の的だ。

ほか、○○に見える系のかっこよさとしてはこんなのがあった。

フラフープを片手で持って構えていると猛獣使いに見える!
でかい器がかっこいい
4人ぐらいで横一列にならんでモノクロにするとバンドっぽい
地面にぴったりしてると、チャンスを伺う忍者みたいでかっこいい

頭がよく見えるからかっこいい

このカテゴリの名前の頭の悪さといったらないが、そのままその意味だ。例えば
「人がそういうことを言ってるのを聞いて、通っぽいなと思っただけなのである。内容に触れないで済むところがいい。」だそうだ。
頭がよくというか、外国語への畏怖を露わにしてしまった気がする。このジャンルにはこんなかっこよさが寄稿されている。

おもむろに本を読み始めるとかっこいい
ブックバンドがかっこいい
親父の小言もヒエログラフだとかっこいい
PCで黒い画面に英語を並べるとカッコイイ
同時に2本の電話はかっこいい

強そうだからかっこいい

一転してフィジカルなかっこよさである。あくまでもそう見えるだけだが。
頭が良さそうに見える方法も頭が悪かったが、こちらはひねりのない頭の悪さである。外に強そうに見せる方法はこの通り。

堂々としているからかっこいい

いつでも堂々と何にも怯えずに生きていたいものである。そんな願望をインスタントに叶える方法である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ