フェティッシュの火曜日 2016年10月11日
 

変わった味のあめでわたあめ作り

もしかしたら、こんなわたあめも作れるかもしれない。
もしかしたら、こんなわたあめも作れるかもしれない。
先日、「いろんな飴からカラフルなわたあめを作る」という記事を書いた。

あめからわたあめを作るという記事なのだが、まずいわたあめというものがひとつもなかった。

もしかしたら、変わった味のあめでもおいしいわたあめは作れるかもしれない。面白いものやおいしいものがあったら10月18日のエキスポで出そうと思う。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。

あめを買い過ぎたようだ

検討会に集まったのは友人の能登さんとボーダーの人である。気の知れた仲間だ。
今回、色々なあめが売っているお店で5000円分のあめを頼んでみた。足りないよりは余ったほうがいいと思ったからだ。

広げていると、どこから「多いな」と声が聞こえた。確かに、買ったあめを袋に入れて持ったときに腕がつりそうになり、「今日、かなり行きたくないな」という思いが家で芽生え、5分遅刻した。能登さんは10分遅刻した。

まずはどれがいいのか、話し合う事にした。
「これがいいかなー」
「これがいいかなー」
今回、使わないあめは2人に持って帰ってもらった。それぞれ5袋分くらいあったので、食べるのに半年はかかるだろう。以前、わたあめを作ったときに残ったあめも近所の子どもたちに配ったのだ。それ以来、なんだか目をキラキラさせて近づいてくることがある。あめおじさん誕生の瞬間だった。
話し合った結果、選ばれたあめたち。玉砂糖あめは写真を撮った直後「これ普通だよね」となって外した。
話し合った結果、選ばれたあめたち。玉砂糖あめは写真を撮った直後「これ普通だよね」となって外した。
そして、わたあめ作りを始めることになった。
腹ごしらえをしてから。
腹ごしらえをしてから。

鉄砲玉ってなんだ?

時間を1時間おして始まったわたあめ作り。注文したお店に「鉄砲玉」という商品があった。黒あめで甘すぎないさっぱりとした味とのこと。最初はこれで始めよう。
これが鉄砲玉だ。見るからに固そう。
これが鉄砲玉だ。見るからに固そう。
そして、ここで問題が発生した。わたあめにするためには、あめを粉々にしなければならない。今までニッパーで粉々にしていたのだが、それを忘れたことに気づいた。

気づいたのが、集合時間1時間前の電車内だったので、能登さんにニッパーかペンチがあれば持って来てほしいことを連絡し、ペンチを持ってきてもらった。
このままやっていたら今日終わらないまま終了になりそう。
このままやっていたら今日終わらないまま終了になりそう。
砕くというよりも細かく切れていくという感じである。時間がかかりすぎる。その横ではボーダーの人が画期的なことをしていた。砕く道具を見つけ、私の3倍のスピードでかなり細かくしている。
早めに言ってほしい。
早めに言ってほしい。
自分のも入れた。
自分のも入れた。
ちょっと荒いけどこれで完成。
ちょっと荒いけどこれで完成。
黒っぽいわたあめ。
黒っぽいわたあめ。
できたのは黒っぽいわたあめ。見た目はそんなに良くないがどうだろうか。食べてみると、固めである。
固いが甘くておいしい!
固いが甘くておいしい!
感想を聞いてみると「固いがあめからわたあめができるのは驚いた。思っていたよりもおいしい。」という感想だった。ルールとして、100点満点で80点以上のものは出すことにして、この鉄砲玉はちょうど75点だった。最初なので、ちょっと低めにした。

文明革命によりあめ砕きの効率化がはかられる

次に試したのはしょうがのどあめ。かぜをひいた時に食べたい。
次に試したのはしょうがのどあめ。かぜをひいた時に食べたい。
開けてみると、しょうがの香りがしっかりと漂ってくる。あめにしょうがパウダーのようなものがついているようだ。これを早速、粉々にしていこうと思い、ニッパーを手に取ったところ、ボーダーの人が新しい道具を見つけてくれた。フードプロセッサーである。
産業革命以来の革命だ!
産業革命以来の革命だ!
10分以上かかっていたあめが1分もかからず粉々になった。最初は棒でたたいて砕いていたが、道具を使って少し砕く時間が短縮され、現在では機械化によって大幅な短縮がはかられた。人類の発展をこのとき、実感することになるとは思わなかった。
イメージ通りのわたあめっぽいのができた。
イメージ通りのわたあめっぽいのができた。
「ちゃんとしょうがの味がしますね」
「ちゃんとしょうがの味がしますね」
普通に食べるよりも甘さが引き立ち、しょうがの風味を感じられて大人のわたあめといった感じだ。これは相当おいしい。93点という高得点で絶対出すべきわたあめとなった。出そう!

また、塩味のわたあめは塩単品よりも「塩とレモン」がおいしかったので、こちらを出すことにした。
塩味を感じられるのが「塩とレモン」だったので。
塩味を感じられるのが「塩とレモン」だったので。
次からは出さない、もしくはおすすめできないものだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓