フェティッシュの火曜日 2016年10月18日
 

文明堂の焼きたてカステラは超うまい

焼きたて、切りたての窯だしカステラを求めて、文明堂東京の工場まで行ってきました。
焼きたて、切りたての窯だしカステラを求めて、文明堂東京の工場まで行ってきました。
「カステラ一番、電話は二番〜」という懐かしいテレビCMでおなじみの文明堂東京では、焼きたてカステラの切り売りというのを工場でやっているらしい。

パンは焼きたてが一番うまい。マグロの解体ショーは興奮する。ではカステラの焼きたて、切りたては、一体どんな感じなのだろうか。そこに何か悦びがあるのだろうか。

試しに工場まで足を運んでみたところ、別次元のフワフワが待っていた。もうフワッフワ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 標本製麺

文明堂東京の浦和工場へとやってきた

さてカステラの切り売りをやっている文明堂東京という会社だが、文明堂と名の付くチェーンはいくつかある中で(編集部古賀さんの記事に詳しい)、文明堂新宿店と文明堂日本橋店が合併してできた会社とのこと。

カステラの切り売りは毎日行われているものではなく、いくつかある工場で月に数回だけおこなわれている。私が向かったのは最寄りとなる浦和工場。
文明堂東京の浦和工場。浦和なので埼玉ですよ。
文明堂東京の浦和工場。浦和なので埼玉ですよ。
カステラの切り売り、さてどんな雰囲気のイベントなのだろう。カステラに対する特別な思い入れがないこともあり、まったく予想がつかない。

販売開始となる午前10時に合わせて来てみたのだが、売店の前に大行列ができるという感じではないようだ。
切り売りを買いに来たのだが、切り落としも魅力的だね。
切り売りを買いに来たのだが、切り落としも魅力的だね。
カステラの切り落とし、マグロでいったら中落ちのうまい部分だ。
カステラの切り落とし、マグロでいったら中落ちのうまい部分だ。
とりあえず目に付いた切り落としを買ったのだが、肝心の切り売りが見当たらない。店の方に聞いたら、ここではなく工場入り口でやっているとのこと。

なるほど、少しでも工場から近いところで売るということだろうか。
奥に進むとものすごくアピールされていた。売店で場所を聞かれるたびにこのノボリが増えていったのだろう。
奥に進むとものすごくアピールされていた。売店で場所を聞かれるたびにこのノボリが増えていったのだろう。
カステラの切り売りに対して、どんなテンションで挑んでいいのかまだ自分でもわかっていない。
カステラの切り売りに対して、どんなテンションで挑んでいいのかまだ自分でもわかっていない。
台座がカステラっぽくないこともない宮ア甚左衛門の像。
台座がカステラっぽくないこともない宮ア甚左衛門の像。

本日の窯だしカステラは限定500個

工場の入り口には、祭りのような赤白の幕が張られ、お正月のようなノリを醸し出していた。

ノボリに紅白幕。商店街の福引会場っぽい気もするが、この日常ではない感が確実にこっちの心を揺さぶってくる。
10時ちょうどに到着。もう販売は始まっているようだ。
10時ちょうどに到着。もう販売は始まっているようだ。
本日分は限定500個で売り切れ次第終了らしい。多いんだか少ないんだかまったくわからない数だ。
本日分は限定500個で売り切れ次第終了らしい。多いんだか少ないんだかまったくわからない数だ。
まだ売り切れる心配はなさそうなので、とりあえず張り紙を熟読してみる。わりと情報ありきで味を楽しむところがあるのでね。
「窯出し」という文字が、もううまそうじゃないですか。
「窯出し」という文字が、もううまそうじゃないですか。
なるほど、ただの焼きたてカステラではなく、焼きたてが美味しいように開発されたオリジナル商品のようだ。ほほう、ちょっとテンションが上がってきたぞ。

というか、一般的なカステラって焼いてから熟成させるものだったのか。
懐かしい例のCMが流されていた。ちなみにずっとネコだと思っていたけど、実はクマらしいよ。ここで見られます。
懐かしい例のCMが流されていた。ちなみにずっとネコだと思っていたけど、実はクマらしいよ。ここで見られます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ