PR:立命館大学 2016年10月25日
 

あなたの「国丼」を食べさせてください

米中丁蘭+日本のグローバル丼。
米中丁蘭+日本のグローバル丼。
「こんど京都で留学生が丼を作ってくれるので、食べに行きませんか」という、突飛にも程があるメッセージが、編集部安藤さんから届いた。
我らがデイリーポータルではさほど珍しくない、いわゆる5W1H的な要素の噛み合わせがガタガタしてるヤツだ。
詳しく説明してもらうと、「京都の立命館大学で、留学生が自国の料理を作ってくれるので、それを日本のライスに乗っけてグルーバルな丼ものを作りませんか」とのこと。
詳しく聞いても良く分からないが、なんか美味そうなので行ってみよう。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

おしんに負けた思い出の学舎(未遂)

さて、立命館大学といえば僕の母校…になるはずだったけど入試に落ちた思い出の大学である。
当時始まったばかりの一芸入試、僕は高校時代にNHK放送コンテスト(放送部の甲子園的なもの)のラジオドラマ制作部門で3年間連続全国入賞していた経歴でチャレンジしたら、受験生の中に同じNHKでも朝ドラ『おしん』で主人公おしんの子供時代を演じた小林綾子さんがいたのだ。
で、小林さんは受かって僕は落ちた。おしんめ。
校舎内で待ち合わせ。留学生4人+サポーターの吉田悠生さんと茶畠彩良さん。ひとつ美味いのお願いします。
校舎内で待ち合わせ。留学生4人+サポーターの吉田悠生さんと茶畠彩良さん。ひとつ美味いのお願いします。

あれ以降、二度とこの敷地に足を踏み入れることは無かろうと思っていたのに、二十数年を経て留学生の丼をご馳走になりに来てしまった。

ともあれ立命館の校内で皆さんと合流し、まずは買い出しである。

留学生の皆さんは基本的に自炊生活ということで、大学と学生寮の中間地点にある、いつも買い出しに使っているスーパーへ。

今回のテーマとしてすでに「ユアカントリー料理オンザ丼ライス」とお願いしてあるので、それに必要な材料を揃えてもらった。

留学生寮がやたらとかっこいい

買い出しが終わったらそのまま留学生の国際寮へ移動。
大学から徒歩15分ほどのこの国際寮(立命館大学インターナショナルハウス大将軍)は、昨年に完成したばかり。まだほぼ新築ですごいキレイだ。
なんか軽めの魔王城っぽい写真が撮れた。
なんか軽めの魔王城っぽい写真が撮れた。
昼間はこんな感じ。どこからどう見てもおしゃれマンション。
昼間はこんな感じ。どこからどう見てもおしゃれマンション。
いまのところ、中国、韓国、インドネシア、ベトナム、アメリカはじめ世界32カ国・地域の学生さんと、留学生の生活をサポートする日本人学生スタッフが住んでいるという。
ちなみに建物自体は男女共同寮だが、女子フロアはがっちり男子禁制になっているので、世界各国のご両親がたもご安心ください。
かなり広いキッチン&食堂。設備も新しくて快適だ。
かなり広いキッチン&食堂。設備も新しくて快適だ。
寮内には、各フロアごとにきちんと調理設備の揃った食堂がある。
コンロとシンクも4つずつあるので、今回はここで1人1設備を使ってもらっての丼調理をしていただこう。
なんかキャラ立ちの強いメンツ。僕と安藤さんが若干薄く見える。
なんかキャラ立ちの強いメンツ。僕と安藤さんが若干薄く見える。
ではここで、今回調理をお願いする留学生の皆さんと、買い出しの中身を紹介しよう。
イタリアンパセリとピクルスが、なにか珍しいものが食べられそうな期待を煽る。
イタリアンパセリとピクルスが、なにか珍しいものが食べられそうな期待を煽る。
まず、デンマークからの留学生、キャスパー・ラウリツンさん。21歳で、立命館には日本語を学びにやってきたそうだ。
まだ日本に来て一年ということで、まだ日本語は流暢という感じではないが、料理を説明する時のフライパンを振ったり肉を捏ねたり、といったパントマイムがやたら上手かった。たぶん料理も相当やるっぽい。
イケメン眼鏡のマックス。買い出しはほぼマッシュルーム。
イケメン眼鏡のマックス。買い出しはほぼマッシュルーム。
続いて、オランダ出身のマックス・ドゥ・フィリンドさん。4人の中で最年少の20歳。

さすが平均身長世界一のオランダ人。190p近い上にシュッとしたイケメンである。留学するぐらい頭が良くて、これで料理まで上手かったら大騒ぎである。さぁ、上手いのか。大騒ぎなのか。
あっ、これは材料見ただけでわかる。お馴染みのうまいアレだ。
あっ、これは材料見ただけでわかる。お馴染みのうまいアレだ。
中国の重慶から来た向 姝(コウ シュ)さん。日本語を学ぶ23歳。今回は見て分かる通り麻婆豆腐と鶏の唐揚げ丼を作ってもらえるようだ。
レトルトの麻婆豆腐の素を使用するのは「これが簡単でいいです」とのこと。そうか、本場中国の人もこれでいいのか。美味くて簡単でいいよな。
とんでもないボリュームの丼が来そうな予感。そしてステーキ肉!
とんでもないボリュームの丼が来そうな予感。そしてステーキ肉!
最後は、アメリカ出身のアンナ・バビスシさん。最年長の28歳で、日本語と中国語の勉強をしている。
アンナさんは日本の甲冑が大好きで、アメリカの自宅にある鍛冶場で鎧を作っていたそうだ。お互いにちゃんと日本語が通じていればの話だが、確かにそう言ってた。あり得なさすぎて2回確認したけど、本当らしい。

ちなみに今回は彼女だけアイデアが2つあるとかで、丼も2つ作ってもらうことになっている。それにしたって材料多くないか。

作ってみよう、マイカントリー丼(男性編)

各自で材料がきちんと揃ったことを確認したら、いよいよ調理開始である。
かなり手慣れた包丁捌きでパプリカとマッシュルームを刻みまくる。
かなり手慣れた包丁捌きでパプリカとマッシュルームを刻みまくる。
ただ一人、肉っ気無し。材料の大半がマッシュルームだったマックスさん。何を作るんだろう?

マックス「僕のママのマッシュルームソースを作ります」

実は知らなかったのだが、検索するとどうやらオランダはマッシュルームの本場で、世界で唯一、マッシュルーム栽培の専門学校もあるそうだ。
そのオランダ定番のマッシュルームソースを、マックスさんのお母さん直伝レシピで作るそうだ。このためにお母さんにレシピを確認してくれたとのことで、お母さん、よく分からない企画でご面倒おかけして申し訳無い。
どんな味のソースなのか、完成が楽しみだ。
サクサクと見事な手際でミートボールを作るキャスパーさん。ミンチの達人か。
サクサクと見事な手際でミートボールを作るキャスパーさん。ミンチの達人か。
デンマークのキャスパーさんは、何を作ってくれるのだろうか?

キャスパー「デンマーク風ミートボールのフリカデラと、ミンチステーキを作るよ!」
そう言いながら楽しげに豚ミンチをこね、牛ミンチがスーパーで見つからなかったからといって牛肉を包丁で叩きまくるキャスパーさん。

僕は今までデンマーク人の知り合いがいなかったので分かっていなかったのだが、どうもデンマークというのはミンチの国らしい。

キャスパー「デンマークは養豚の国です。日本にも豚肉をいっぱい輸出してます」

なんだかおいしそうな予感。グローバル丼


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓