ちしきの金曜日 2016年10月21日
 

LINEスタンプの謎の食べものを食べに行く

!
トークアプリ、LINEの元から入っているスタンプが充実している。

そしてそのラインナップの中に、世界の食べ物シリーズがあることをご存じだろうか。

その中に見たことも食べたこともない、謎の食べものをいくつか発見した。食べてみたいぞ、謎の食べもの。
1986年生。大人げない大人を目指し、日夜くだらないことを考えています。ちぷたそ名義でも活動しています。

LINE食べものシリーズのスタンプ
LINE食べものシリーズのスタンプ
正式名称は分からないが、こちらが前述した世界の食べものシリーズのスタンプだ。公式のスタンプ一覧の中にさりげなくあるのでぜひ確認してみて欲しい。
食べ物スタンプの名称が自由
食べ物スタンプの名称が自由
ハンバーガーは分かる。でもこの「引かれた豚肉サンドイッチ」という名称はちょっと自由すぎるのではと思う。

この謎の食べものたちの正体を調べるにはLINEの公式アカウント、「LINE英語通訳」というアカウントがおすすめだ。
!
こちらのアカウントをLINE上で友達追加し、気になるスタンプを2個連続で送るとその正体を教えてくれる。この方法は友人が見つけてくれた。

先ほどの「引かれた豚肉サンドイッチ」だったり、炒飯は「炒められた米」だったり、この「マンゴーおよびねばねばした米」だったりと「惜しい」ものもあるのだがそれはご愛嬌だろう。

渋谷で探す

とりあえず渋谷に来た
とりあえず渋谷に来た
渋谷だったら各国の料理を食べられるんじゃないだろうかと思い、謎の食べものは渋谷で探すことにした。

1件目 謎のさんかくの食べもの、よくわかんない鍋

多国籍ダイニングに来た
多国籍ダイニングに来た
ハロウィンを前に店が浮かれている。こちらは多国籍ダイニングで、店員さんもインド系の方が対応してくれた。
サモサを求めて
サモサを求めて
今回この店で食べたかった食べものは「サモサ」。こちらの上のスタンプだ。三角の……なんだろう、インド料理だしナンとかに近いものなのだろうか。
サモサあった!
サモサあった!
中心の写真が目当てのサモサだそうだ。こちらのメニューによると、サモサは“インドのほくほくスナック”だそう。でもそれ以上に左下のヒマラヤスープが気になる……。
激似のスタンプがあるな
激似のスタンプがあるな
激似のスタンプに翻訳をかけると「Hot Pot」という食べものらしい。店員さんに指さして「これってホットポットですか?」と聞いたら「はい」と言ってたのでこれも頼んだ。でも、研修中の札を下げた彼は、現在日本語勉強中といった雰囲気だったのでもしかしたら違うかもしれない。
程なくして、サモサがきた
程なくして、サモサがきた
「これが……サモサ!」形が変わっている春巻きとか、そんな印象。
「スタンプを再現しよう」
「スタンプを再現しよう」
友人が切っていたが切りにくいようで苦戦していた。
これが謎のさんかくの食べものサモサだ
これが謎のさんかくの食べものサモサだ
ちなみにお味はカレーパンの生地をパイっぽくした感じ。香辛料の風味がスパイシーでもさもさしていておいしい。こちらのお店ではケチャップでいただく。おいしいのに今まであんまり見かけなかった気がするのだが、今までは意識してなかっただけだろうか。

続いて「Hot Pot(仮)」がきた。
「おお、燃えてる」「燃えてるね」
「おお、燃えてる」「燃えてるね」
想像していた以上に燃えていてちょっと困った
想像していた以上に燃えていてちょっと困った
メニューを見て勝手にひとり分くらいの量かと思っていたら、3人でシェアでも余裕なぐらいの量があった。浮いているのは「モモ」というチベットの餃子。スープにパクチーが効いていてとってもおいしい。
辛いものが得意じゃない私は普通にむせた
辛いものが得意じゃない私は普通にむせた
ちなみにこちらも香辛料が効いていてじんわり辛い。油断したらむせた。

2件目 なんか楽器っぽいもの、ムール貝

TGIフライデーズへ
TGIフライデーズへ
次に食べるものは今回食べに行く中で一番楽しみにしていたものだ。わくわくしながら向かう。
楽器かなと思った
楽器かなと思った
上のムール貝はわかる。でも下のびよーんってなっている謎の物体、正体は「モッツァレラスティック」といい、モッツァレラチーズに衣をつけてカリッと揚げたものなんだそうな……想像しただけでよだれが……。
うわあ……うわあ……
うわあ……うわあ……
こちらでは「フライドモッツァレラ」という名前で提供している。うわあ……
うまい
うまい
なるべくスタンプを再現しようと頑張ったもの。ここのフライドモッツァレラは「香草パン粉焼き」といった感じで、衣はハーブの味がしてものすごくうまい。うまいぞ。
無理だ、飲もう
無理だ、飲もう
無理でした。たまらずビールを頼みました。
ムール貝も頼む
ムール貝も頼む
黄色いふわふわはガーリックトースト。ムール貝のビール蒸しだ……!
ムール貝もLINEスタンプにあるのだ
ムール貝もLINEスタンプにあるのだ
これからはムール貝を食べたくなったらこのスタンプを友人に連打することにしよう。

3軒目 緑の餅とマンゴーおよびねばねばした米

そろそろデザートも欲しい
そろそろデザートも欲しい
シェアしてるとはいえ、結構お腹にきている。そろそろ甘いものを食べたくなってきたところでここで全く味の想像ができないデザートを食べに行く。
地下のタイ料理屋さんへ
地下のタイ料理屋さんへ
階段を降りていく。ここにはデザートメニューに……あった! 「カノムチャン」と「フレッシュマンゴーのもち米添え」。
味の想像ができないデザート! 見つけた!
味の想像ができないデザート! 見つけた!
マンゴーおよびねばねばした米と、カノムチャンも味が気になっていた食べものだ。カノムチャンは”ういろう風ココナッツミルク餅”だそうだ。その解説は味の想像がしやすい。
鮮やかな緑のカノムチャン
鮮やかな緑のカノムチャン
これがカノムチャン。縁起のいい食べ物で、結婚式や仏教行事にもよく使われるんだとか。わらびもちのような食感で非常に弾力がある。この鮮やかなグリーンはパンダンリーフという東南アジアのハーブで色を付けていて、味はココナッツ風味だ。
マンゴーおよびねばねばした米改めカオニャオマムアン
マンゴーおよびねばねばした米改めカオニャオマムアン
そして「マンゴーおよびねばねばした米」ことカオニャオマムアン。ねばねばした米はお米をココナッツミルクと一緒に炊き込んだものなので甘い。そしてこれがマンゴーと合う! そしてどちらも美味しいぞ!
見つけられてめちゃくちゃうれしい
見つけられてめちゃくちゃうれしい
事前に東南アジア料理を扱っているお店をひたすら調べたが、なかなかこのふたつに出会えるお店を探すのが大変だったのでこうして食べられてよかった。

4軒目 ポテトサラダ? 白和え? 謎の食べもの

渋谷の奥、「奥渋」エリアに行きました
渋谷の奥、「奥渋」エリアに行きました
4件目。もういい加減おなかいっぱいなのですが、最後にどうしても気になった「ポテトサラダじゃないの?」「白和えかな?」と議論した食べものを最後に食べなければ気が済まない。
やっぱり味の想像ができない
やっぱり味の想像ができない
毎度おなじみの「LINE英語通訳」さんに聞くとこれは「CousなCous」だそう。クスクスですね。クスクスとは、北アフリカの料理でデュラム小麦を粉にしたものに水分を含ませて粒状にし、蒸して乾燥させたもの。
おお……おいしそうだぞ……
おお……おいしそうだぞ……
運ばれてきたクスクスがこちら。こちらのお店では煮込んだ野菜と一緒に食べる。
スタンプではクスクスがかなり山盛り
スタンプではクスクスがかなり山盛り
お店では別添えだったが、スタンプは合わせてある上に山盛りだ。
「おなかいっぱいだったけど、クスクスだと軽いね」「うん、これならお腹に入る」
「おなかいっぱいだったけど、クスクスだと軽いね」「うん、これならお腹に入る」
材料がほぼ一緒なので”最小のパスタ”とも呼ばれるクスクスは、軽いためお腹いっぱいでもスルスル入る。食欲がない時とか飲んだ後のしめにもよさそうだしおいしい。ごちそうさまでした!
今日のハイライト
今日のハイライト
そんなわけで今日のハイライトである。食べた順にスタンプを押してみた。こうして見るとたくさん食べたものだ。

ちなみに、スムーズに進んでいるように見えるが、ランチ時間がお店ごとにまちまちで中休みがあったり、夜からしかやっていなくて行けなかった店もあるので、謎の食べものめぐりは時間との闘いだったことを記しておく。

終わりに

まだまだ気になる食べ物がいっぱいある
まだまだ気になる食べ物がいっぱいある
さすが渋谷。渋谷なら各国の料理で世界一周できそうだ。

LINEの謎の食べものめぐり、普段だったら選ばないであろう食べものとの出会いがとても楽しかった。どれもおいしかったし、まだまだ気になる食べものはたくさんあるので、これからどんどん謎の料理にチャレンジしていきたいと思う。

とりあえず自由すぎる「引かれた豚肉サンドイッチ」、この食べもの本当にこういうビジュアルなのであれば一度食べてみたいところ。こちらを食べることができるお店をご存知の方、ご情報お待ちしています。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓